矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー


2024.05.29

保険会社におけるIT活用動向に関する調査を実施(2024年)

生命保険会社や損害保険会社では、業務効率化の側面でIT活用が進んでいる。特に生保は「既契約者対応」、損保は「保険金支払査定」においてAIが活用されている。

2024.05.29

産業用3Dプリンタ世界市場に関する調査を実施(2024年)

産業用3Dプリンタはメーカー出荷ベース・金額ベースともに金属3Dプリンタが大きく伸びると予測。2023年の世界市場規模は30,000台となった。

2024.05.23

自治体向けソリューション市場に関する調査を実施(2024年)

2023年度の自治体向けソリューション市場を7,733.7億円と予測。多くの基幹ベンダーが前年と比較して横ばい以上の売り上げを達成する見込みである。

2024.05.07

ワイヤレスIoT市場に関する調査を実施(2024年)

2023年度のワイヤレスIoT市場規模は2,912万デバイスの見込み。新たな通信規格へのシフトが進む2027年度以降、市場全体としてはシュリンクする見通し。

2024.04.25

アフィリエイト市場に関する調査を実施(2024年)

2023年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比7.3%増を見込む。アフィリエイトに対する法規制の整備や新規広告主の参入により、市場は拡大基調と予測する。

2024.04.23

クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場に関する調査を実施(2024年)

2023年のクラウド基盤サービス市場は前年比120.5%と推計。成長要因のひとつに、クラウドを利用しやすい環境が整いつつあることがうかがえる。

2024.04.22

EC決済サービス市場に関する調査を実施(2024年)

EC決済サービス市場は、EC市場や決済事業領域の拡大を背景に成長。2022年度の市場規模は28兆円超となり、2027年度には49兆円規模になると予測する。

2024.03.29

世界の携帯電話契約サービス数・スマートフォン出荷台数調査を実施(2023年)

2023年の世界の携帯電話サービス累計契約数は、約85億5,176万契約の見込み。ASEAN、アフリカや中南米市場は増加が続き、世界市場全体を牽引しつつある。

2024.02.29

ローカル5Gソリューション市場に関する調査を実施(2024年)

ローカル5Gソリューション市場は2025年度以降に本格普及へ。既存の通信規格を用いたIoTシステムの更新に合わせて、5Gベースへの代替が進展する。

2024.02.16

ビジネスチャットツール市場に関する調査を実施(2023年)

ビジネスチャットツール市場は、2027年度には45,450百万円に達すると予測。オフィスと現場、双方の従事者に向けてコミュニケーションを最適化、進化させる取組みが進む。

2024.02.02

クレジットカード市場に関する調査を実施(2023年)

クレジットカード市場規模は拡大基調で推移し、2028年度には約158兆円を予測。金融サービスや共通ポイント等キャッシュレス決済分野との連携が加速する可能性も。

2024.01.25

車載ソフトウェア(ソフトウェア開発ベンダー)市場に関する調査を実施(2023年)

国内車載ソフトウェア市場は、2030年には1兆9,130億円に達すると予測。2021年の構成比は制御系70.3%、車載IT29.7%と推計するが、2030年には逆転する見込み。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422