矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

オピニオン一覧

2022.07.22

もはや自動車問題は世界的社会問題である

環境やエネルギー問題に深い関りを持っている自動車産業は「SDGsでどのような調査企画を考えられるか?」。自動車を地球規模で語るとどのような話になるのか……。語ってみれば分かるかもしれない。

2022.07.12

モビリティ×IT 自動車産業におけるIT新大陸 MICとはなにか

MICとはOEMが今後目指すべきモビリティ インフォメーションの循環・蓄積サイクル。デジタルによる一気通貫した情報連携で、矢野経済研究所の造語である。以前紹介したものよりももう一歩、深堀して解説

2022.07.04

現状3社に留まる金融サービス仲介業、今後の拡大可能性を考える

金融サービス仲介業の登録が始まって半年が過ぎたものの、現状3社に留まっている。本稿では拡大における制約条件や後押しする条件を考えたうえで、金融サービス仲介業の拡大可能性を考察してみたい。

2022.06.29

銀行口座が不要に!!「給与デジタル払い」解禁となるか

今年3月、労働政策審議会において給与デジタル払いにおける議論が再開された。労働者の利便性を向上させ、なおかつ十分な資金の保全が重要とされる給与のデジタル払い制度化に向けての、経緯と課題について。

2022.05.26

人材版伊藤レポート2.0が公開 人的資本経営の重要性と具体的な施策とは?

人材を人的資本と捉え、企業の価値につなげるという人的資本経営に注目が集まっている。なぜ人的資本経営が求められているのか、そして2つの人材版伊藤レポートで言及されている内容について取り扱う。

2022.05.16

コロナ禍におけるBtoC ECの動向‐BtoC ECにおいて取扱高が拡大するコード決済(オンライン)とBNPL-

巣ごもり消費の高まりを背景に、物販系分野のBtoC EC市場が拡大している。その決済手段として利用者を増やしているコード決済(オンライン決済)とBNPL(後払い決済サービス)についての動向をみる。

2022.04.19

2022年度に起きること

旅行や消費に対する需要回復の兆しがみられるようになってきているものの、人手不足はますます深刻化している。IT投資が避けられない現在の状況は、ICT業界にとっての転換点になるのではないだろうか。

2022.04.07

NTT Comの新サービス カーボンニュートラルへの取り組み

世界で取り組みが進むカーボンニュートラル。日本でも多くの企業が積極的に取り組み、関連市場への注目が高まっている。NTTコミュニケーションズによる脱炭素社会の実現に向けた新サービスの内容を紹介。

2022.03.25

海外進出企業の情報システム/デジタル技術活用に関する動向調査―コロナ禍を経てDXの機運は高まる 国内・海外一体となった取り組みが求められる

矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングは共同でアンケートを実施した。海外進出企業を取り巻く環境の変化に伴う情報システムやデジタル技術活用の実態と課題を明らかにする。

2022.03.01

コミュニティマーケティングについて考える

マーケティングツールは複数あり、最近ではAIの活用も増加傾向にある。それはさておき、コミュニティマーケティングがもつ魅力は何か。「ツール・デュ・ショコラ」を例に、消費者目線で考える。

2022.02.15

スマートグラスは普及するか?

スマートグラスの開発が活発化している。これまで話題にはなるものの、ユーザーはごく一部に限られていたスマートグラスであるが、技術的課題は少しずつクリアされ、新しい製品にも期待が高まっている。

2022.01.26

「オートモーティブワールド2022」レポート 海外カーボンニュートラル、日本は商用車コネクテッドがリードする!

テーマの中心は「EV+カーボンニュートラル」。しかし日本国内では商用車向けコネクテッドサービスが市場を牽引している。注目されるサービスと3rdパーティ企業数社を紹介。

2022.01.14

生産現場へのIoT導入で、製造業の業態変換が急速に進む!

人手不足やワークスタイル変革の流れが後押しし、製造工場でのIT/IoT化の浸透が始まっている。本稿は、弊社資料「IoT活用でサービス化する製造現場/製造業の実態調査」から抜粋。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422