矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー


2021.10.22

国内コード決済市場に関する調査を実施(2021年)

モバイルアプリを起点としたコード決済の利用が拡大。キャッシュレス決済事業者がモバイルアプリの提供に注力する動きが出ている。

2021.10.13

CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査を実施(2021年)

ソフトウェア設計の比率が急速に拡大。CAD/CAM/CAEは現在、機械系、電子系などハードウェア情報がほとんどであるが、今後はソフトウェアに関する情報が増加。

2021.10.12

ERP市場動向に関する調査を実施(2021年)

2020年のERPパッケージライセンス市場は前年と比べてほぼ横ばい。導入が一時見送りになる場合もあったが、市場全体がマイナスになるほどの大きな影響はなかった。

2021.10.12

テレワーク関連業務アプリケーション市場に関する調査を実施(2021年)

仮想オフィスツール市場が本格的に立ち上がり、2021年度以降順調に成長する見通し。新規参入企業も増加しており、市場は活況を呈している。

2021.10.11

量子コンピュータ市場に関する調査を実施(2021年)

国内量子コンピュータ市場は急速に拡大。ベンダーによる開発競争と併せてユースケースの創出に向けた動きに注目。

2021.10.11

SMS送信サービス市場に関する調査を実施(2020年)

SMS送信サービス市場規模は、導入を検討している事業者の増加を背景として堅調に拡大。2020年度には26億通に達すると予測。

2021.09.08

クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場に関する調査を実施(2021年)

2020年のクラウド基盤サービス市場は8,500億円と推計。今後もDXへの投資の活発化やユーザー企業の災害対策意識の向上を背景に成長と予測。

2021.07.30

eKYC市場に関する調査を実施(2021年)

2020年度のeKYC市場規模は40億8,300万円。犯収法改正により、非対面での本人確認までの工程が減少し、顧客利便性も向上。金融機関においては、引き続き導入が進む見込み。

2021.06.25

工場デジタル化市場に関する調査を実施(2021年)

人手不足や省エネへの取組みを背景に、製造現場では多様なデジタル活用が起こっている。国内工場では、クラウドを利用した次世代型のメンテナンスやモニタリングによる見える化が進むなど、IoTの活用が急速に注目されてきている。

2021.06.25

ECサイト構築支援サービス市場に関する調査を実施(2021年)

開発スピードとコストの面でクラウド型に注目が集まる。拡張性の良さもあり、ECサイト構築支援サービスはクラウド型が主流に。参入障壁が下がり、小規模のEC事業者が増加。

2021.06.25

生命保険領域における国内InsurTech市場に関する調査を実施(2021年)

2021年度のインシュアテック市場は前年度比145.7%。健康増進型保険に広がり、エコシステムの構築に向けた動きが積極化。IT面では大手を中心にクラウド化が進む。

2021.06.18

国内コンタクトレス決済(非接触決済)市場に関する調査を実施(2020年)

非接触ニーズの後押しで、コンタクトレス決済市場は拡大。なかでもポストぺイ型のコンタクトレス決済の利用が増加しており、高額商品での利用もみられる。

2021.06.15

国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2021年)

2020年度の国内クラウドファンディング市場規模は前年度比17.6%増。クラウドファンディングの活用はコロナ禍によって一層進化し、より効果的な新製品発表の施策になっていくのではないか。

2021.06.08

PLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)市場に関する調査を実施(2021年)

2020年の国内PLM市場規模は2,616億7,000万円となった。新型コロナウイルスの影響で製造業の設備投資が落ち込み、8年ぶりにマイナスに転じる。

2021.05.27

HCM(人材管理)市場動向に関する調査を実施(2021年)

2020年のHCM(人材管理)市場は、タレントマネジメントシステムの高成長が市場全体をけん引。コロナ禍によるプラスの影響がマイナスを上回る形に。

2021.05.24

FAカメラ/マシンビジョン(MV)世界市場に関する調査を実施(2021年)

FAカメラ/マシンビジョン(MV)世界市場において、中国市場が大きく成長。コロナ禍においても中国市場の回復は早く、2020年度下半期から受注増加へ。

2021.04.28

EC決済サービス市場に関する調査を実施(2021年)

幅広い業種でEC化が進み、EC市場は拡大。今後もBtoB領域や対面(リアル)取引、オムニチャネルなどEC決済サービスの展開領域は多岐に渡る見通し。

2021.04.21

XR(VR/AR/MR)360°動画対応HMD市場に関する調査を実施(2020年)

国内HMD(ヘッドマウントディスプレイ)市場は、5G普及が期待されるものの、ハード市場を牽引するリードデバイスの登場が待たれる状況にある。

2021.04.14

3Dプリンタ世界市場に関する調査を実施(2021年)

3Dプリンタ世界出荷台数は2023年には37万台を予測。欧米・中国を中心に最終製品に向けた動きが活発化している。

2021.04.02

IoT関連市場への新規参入動向調査を実施(2020年)

IoT関連マーケットビジネスのターゲット業種は「マーケティング/サービス」(出現率42.1%)、「流通/小売」(同37.2%)、「製造」(同35.7%)が上位3位を占める。

2021.03.10

クレジットカード市場に関する調査を実施(2020年)

キャッシュレス決済の利用機械が拡大し、2019年度のクレジットカード市場規模は約70兆円となった。クレジットカード市場は2025年度には約109兆円に達すると予測。

2021.02.18

アフィリエイト市場に関する調査を実施(2020年)

2020年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比5.2%増の3,258億円の見込。コロナ禍で成長する分野(業種)と縮小する分野が出ており、全体は成長するものの、伸長率は鈍化傾向の見通し。

2021.01.27

データ分析関連人材規模に関する調査を実施(2020年)

2020年度の国内データ分析関連人材規模は89,800人の見込、2023年度には141,900人に達すると予測。データ・ドリブン経営の浸透に向けた動きを背景に関連人材規模は急拡大。

2021.01.27

ERP及びCRM・SFAにおけるSaaS利用状況の法人アンケート調査を実施(2020年)

ERPのシステム更新予定がある企業で「次回システム更新時にSaaSを利用する」という回答が急伸、ERPのSaaS需要の高まりが明らかに。

2021.01.12

IoT/M2M(機器間通信)市場に関する調査を実施(2020年)

2019年度の国内M2M市場は前年度比4.5%増の2,100億円。2019年度第4四半期は新型コロナウイルスの影響があったが、通年では依然として拡大基調を維持、2020年度は伸びが鈍化し、前年度比1.0%増にとどまる見込み。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422