矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Daily column

8 21
2019
【アナリストオピニオン】ERP市場と「2025年」を巡る問題①
「2025年」は企業の基幹システムにとって二重に悩ましい年である。 経済産業省は、2018年9月に発表した「DXレポート」で「2025年の崖」について警告を発した。複雑化・老朽化・ブラックボックス化したレガシーシステムがDX(デジタルトランスフォーメーション)の足枷となっており、日本経済は2025年以降、最大年12兆円の損失を被る可能性があるという。 ERP市場においては、SAPにまつわる別の「2025年問題」が取り沙汰される。SAP ERPのサポートが2025年に終了する予定で、既存ユーザは新バージョンS/4 HANAへと移行しなくてはならない。2000社もあるユーザのバージョンアップが集中することにより、エンジニアが逼迫することも懸念されている。ユーザにとっては大きな負担となることにはなるが、企業の経営環境が大きく変化している一方で、1992年に登場したSAP R/3を長年使い続けているユーザは多い。古い基幹システムから時代に即した新しいシステムへのリニューアルが迫られているという点で、経産省の「2025年の崖」と共通した問題ということができる。(小林明子) --- ●全文は以下のURLよりご覧頂けます。 https://www.yanoict.com/opinion/show/id/269 ●関連レポートのご案内 『ERP/業務ソフトウェアの導入実態 2019』 https://www.yano.co.jp/market_reports/C60118000

Main Contents Topics

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422