矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Daily column

4 10
2020
日本では休校、海外ではオンライン教育
コロナ渦によって全国で学校が休校となり、学生たちにとっては長い春休みとなった。新学期の再開時期は、自治体によってまちまちである。多くの家庭が、子供達をどのように過ごさせるか頭を悩ませたことと推測する。教育機会が失われることや、住んでいる場所によって格差が出ることも課題となる。 新型コロナの世界的な流行で、海外でも同様に学校の休校が相次いだ。ところが、「中国では『停課不停学(休校でも学びは止めない)』」「フランスでは即座にオンライン教育が始まった」「韓国でオンライン教育を徹底化」というニュースを目にする。オンライン教育が友達や先生と直接と触れ合える学校生活の代替になるわけではないにせよ、日本の教育現場でのIT活用は後れを取っている。 コロナ対応を契機に施策を打つ自治体の動きや首長のリーダーシップが注目される。 小池都知事は「この機会にオンライン教育に向けた取り組みを進めていきたい。」とコメントした。従来のモデル校での実施からより全体的な動きに拡大する方針のようだ。また、千葉市の熊谷市長は、「私達の社会はこれまで『人が集まること』に価値を置いてきた。大きな価値観の転換を迫られている。」とコメントし、オンライン学習環境の整備などの指針を掲げている。(小林明子)
4 9
2020
AIにできない仕事⑲ AIはWeb会議の「裏会議」をとれない
AI(人工知能)がやがて人間の仕事の多くを代替していくって本当でしょうか。でも、AIにもできない仕事があるのでは? おそらくは読者の皆様の職場と同じく、市場調査会社でもコロナウイルスの影響で、Web会議使用頻度が増加しています。それも互換性の問題からか、ビデオ映像のない会議が多くを占めます。音声とプロジェクター表示だけの会議になりますが、1時間程度のミーティングでも、思ったよりどっと疲れることがわかりました。慣れてないせいでしょうか? テーブルを囲んでのあるプロジェクトの会議の場合、たとえば会議参加者が8人いたとした場合、Aさんがリーダーとして会議を進行していて、Bさんが最も内容的に最も深く関わっていて、Cさんがプロジェクトの経理と根回しをやっていて、Dさんが他部門から聴講と刷り合わせに来ており、EさんはBさんの内容と隣り合う分野に詳しく補完の役目を果たしており、Fさんは同じ内容の欧米の状況に詳しく、Gさんは同じく中国の内容に詳しく、Hさんは期待の新人で勉強のためと世代間ギャップの発言を求められて……という具合いに立場や役割りが分かれます。 通常のテーブルを挟んでの会議の場合、発言した各人の顔と声が一致するので、常に誰が誰に対してモノを言っているかがわかり、「あ、Aさんは今方向性について迷っている」「BさんとGさんは意見の対立をしている」などとわかります。しかし、Web会議ではまず声と顔とを一致させるところから頭を働かせなければなりません。さらに各人がどんな感情をもっているかについても、表情が見えないので、声のトーンや話す速さなどから感情を推測しなくてはなりません。このように頭を余計に使わねばならず、同じ時間でもテーブルごしミーティングの何倍も疲れてしまうようなのです。 顔の表情がわかるビデオ会議はもちろんですが、AR/VR技術(イラストあり)で参加者の全身の動きや視線の方向がアバターで表示されてわかるWeb会議があるといいと思いました。それもPCででき、低価格で、IT弱者にも使いやすく、できれば多言語同時通訳機能付きでほしいです。もしAR/VRが難しいなら、参加している各人の感情をイラストで表現したり、発言回数や時間のカウンターがあったり。これらはウイルス対策として非常に重要であるし、もしかすると、これによってこそITが次の段階にステージアップできるなんてことはないでしょうか。 こうしたWeb会議の活用データ(音声など)を、AIは吸収して、それらをとりまとめた結論を出したり、方法論を出したりできるかもしれません。 しかし、現実にはWeb会議が終わったあと、Fさんが「Bさんはちょっと米国寄りすぎる発言が多くありませんか?」と中国通のGさんに相談したり、Cさんが「とてもこれではコストが採算割れしてしまいます」とAさんに泣きついたり、DさんとFさんの感情がもつれたり、……という「裏会議」が催されていることでしょう。 AIはWeb会議システムに流れなかった「裏会議」を想定して、それまでをデータに流し込んで解析するということはできないでしょう。感情のもつれ、しこりまでを理解できないだろうし。今回は否定され、あるいはWeb会議では発言されなかった「裏会議」の発言の中に、未来を切り開くヒントがあるかもしれず、AIはそれを活用できないでしょう。 AIにできない仕事のヒントはこの辺りにあるかもしれません(森健一郎)。

Main Contents Topics

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422