矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

Yano ICT調査レポート

発刊レポート一覧


2021.06.30

2021年版 商品券・ギフト券/eギフト市場の実態と展望

スマートフォンの台頭により、プリペイドを活用したギフトサービスは転換期を迎えています。近年では紙からプラスチックカード型のギフトカードへとニーズが変化しており、新型コロナウイルスの影響で、紙やカードなどのモノ(媒体)や人を介さないeギフトの普及が本格化しています。 本調査レポートでは、従来の商品券・ギフト券の発行事業者に加え、eギフトサービスの提供事業者を対象に調査を進めていきます。eギフトの普及による従来の商品券・ギフト券のニーズの変化や、eギフトサービスがどの程度市場のニーズを捉え、発行額を拡大させていくか、を把握することで、プリペイドを活用したギフトサービスの方向性を展望いたします。

2021.06.30

eKYC市場の実態と展望 ~犯収法改正に伴い銀行で加速するeKYC対応~

2018年11月に犯罪収益移転防止法施行規則の改正がされ、オンラインで完結するeKYCが法規制上の本人確認手法として認められることとなった。金融機関や送金アプリをはじめ、シェアリングサービス等の本人確認が求められるサービスで活用されている。 また、2020年9月には決済サービスと銀行口座の連携において第三者による不正引き出し事件が発生し、オンラインでの本人確認に注目が集まっている。 ベンダーごとのeKYCサービスの特徴に加え、銀行および他業種における導入状況を調査することで、eKYCの市場規模、実態を分析し今後の在り方を考察する。

2021.05.31

2020-2021 生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望

本レポートでは、国内の生命保険業界におけるInsurTech の現状について、「生命保険会社」「SIer(システムインテグレーター)・専業ベンダー」「InsurTech ベンチャー企業」という3 つの視点から調査し、動向や課題などの実態を把握するとともに、今後の市場動向を展望した。 特に生命保険会社について、従来、ICTに係る取組みに焦点を当ててきたが、今回は、健康増進型保険や疾病管理プログラムに留まらず、引受基準緩和型保険や就業不能保障保険など、医療ビッグデータなどを活用した新たな保険に関する取組みにも光を当てた形となっている。 次に各々の視点の詳細について説明する。まず「生命保険会社」については上述したように保険商品に光を当てた形となっている。また、「SIer」については、InsurTech 戦略や取組み、ベンチャー企業との協業や提携・出資の可能性などについて調査した。そして、「InsurTech ベンチャー企業」は、戦略や取組みのほか、生命保険会社などとの協業可能性などを調査した。

2021.05.31

IoT活用でサービス化する製造現場/製造業の実態調査 ~BtoB向けモノづくり現場でのサービス提供モデルの可能性~

近年、機器販売において、ビジネスモデルの変革が起きている。具体的には、従来の単品売切モデルから、サポートや維持管理、消耗品提供なども含めたサービス販売モデル(従量課金/MFPモデル、定額/サブスクリプションモデル、バリューシェアモデル、アフタービジネスモデルなど)へのシフトが進む。また工場現場では、生産設備・機器の保全/メンテナンスや稼働監視/状態監視などで、IoT/クラウド、AIなどを使った次世代型保全も始まっている。さらに品質管理や検品(外観検査など)、生産ライン監視、作業者見守りといった部分で画像解析ソリューション活用も始まっている。こうした点を踏まえた上で本資料では、製造業や製造現場におけるIoT活用の実態を把握するとともに、併せてIoT活用を踏まえた今後の製造現場でのビジネス展望を行う。

2021.05.31

2021 日・中・韓におけるEC市場の最新動向とECサイト構築支援サービス市場の実態調査

コロナ禍で、人との接触が頻繁に行われる対面でのビジネスが困難となり、EC化率が急増し、ECでの取引が世界中で急拡大している。それに伴い、ECサイトの構築・運営支援および越境ECをサポートする事業者が増え、関連市場も共に拡大している。 そこで、本調査では日中韓におけるEC市場の最新トレンドを取りまとめると共に、市場の成長性を展望する。 さらに、ECサイトを構築したものの売上最大化が実現できていない企業に対する運営代行・支援市場も拡大しつつあるなか、ECサイト構築/運営代行市場を牽引する主要事業者への直接ヒアリングを通じて、業界実態を徹底解剖し、今後を展望する。

2021.05.28

2021 PLM市場の実態と展望

PLM(Product Lifecycle Management、製品ライフサイクル管理)は、新型コロナウイルス感染症により、全世界、日本国内とも先行き不透明な状況が続く。回復に向けては新たなサービスの移行が求められている。IoTやビッグデータアナリティクスを応用した設計・解析など最新のエンジニアリング手法を取り入れると共に、クラウドコンピューティングなど利用形態の移行が求められる。

2021.05.28

2021年版 国内クラウドファンディングの市場動向

海外では、既に大きな市場に成長しているクラウドファンディングですが、我が国では、2001年に初めてクラウドファンディングのサービスが提供されました。その後、2011年から本格的な展開が始まり、現在では多くのサービス提供企業が存在します。2008年には資金貸付を行なうソーシャルレンディング、2015年5月には新規・成長企業へのリスクマネーの円滑な供給に資することを目的として、非上場株式の発行を通じて資金調達を行うための制度として創設され、2017年4月から「株式型」クラウドファンディングが始動しました。また、12月には「不動産投資型」クラウドファンディングの法整備が整いました。 本調査レポートは、「寄付型」、「購入型」、「貸付型」、「株式型」、「事業投資型」、「不動産型」の類型ごとに市場規模を算出。2020年はコロナ禍によって、プロジェクト起案や支援・投資者へも動向に大きな変化が現れました。こうした状況を、「寄付型」を除く5つの類型から、成長市場を支える有力企業を通して事業戦略や取り組みの実態についてヒアリングし、市場の動向、将来展望もまとめました。

2021.04.30

2021 国内携帯電話市場レポート ~新料金プラン導入のインパクト~

国内の携帯電話市場は2019年秋の「電気通信事業法改正」と「消費税増税」、そして新型コロナウィルス(COVID-19)等、度重なる大きな波の影響を受けてきた。更に政府主導の携帯料金の値下げ圧力を受け2020年12月にNTTドコモは月額2,980円(税別)・データ通信20GBのオンライン専用プラン「Ahamo」を発表したが反響は非常に大きく、競合他社は相次いで同様の新料金プランを発表し、サブブランド、楽天モバイル、MVNO各社も対応に追われる形となった。 現在の国内携帯電話市場は嘗てないほど大きな変革を迫られている。一方で、携帯電話サービスは電気・ガス・水道・放送・ブロードバンドに並ぶ社会インフラとしての機能有しており、重要性は更に高まっている。本資料では、主に販売現場の最前線を担う販売代理店・大手量販店を中心にヒアリング調査を実施し、現在の国内携帯電話市場における「キーワード」に対しての分析と考察を行う。

2021.04.30

2021年度版 FAカメラ/マシンビジョン市場

FAカメラ/マシンビジョン市場において、日本/欧州/米/中国/アジア/中近東などの地域別にFAカメラ市場の実態の把握をしていきます。近年注目されているAI・ディープラーニングの活用動向や、3D、マルチスペクトルなどのトピックスについても調査を進め、関連事業者に対して、今後のビジネス拡大に向けた有益な情報を提供することを目指します。

2021.04.30

2021 HCM市場の実態と展望 ~ニューノーマル時代に求められるHRテクノロジー動向~

人事領域を取巻く環境の変化やテクノロジーの進展等を背景として、ITを活用して人事業務の効率化や新価値創出を支援するHRテクノロジー/HR Techが市場に広がってきている。本レポートでは、人事・給与システム、タレントマネジメントシステム、ピープルアナリティクスを総称してHCM(Human Capital Management)市場とし、市場動向の解説や将来予測を実施した。 また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を契機として社会経済活動が大きな転換を迫られる中、ニューノーマル時代に求められるHRテクノロジーについて解説を行った。

2021.03.30

2021年版 3Dプリンタ市場の現状と展望

新型コロナウイルスの流行により、サプライチェーンが影響を受けました。そこで注目されたのが3Dプリンタで、医療用パーツなどの供給で一定の存在感を示しています。本調査レポートは、3Dプリンタメーカー、販社の動向の他、ソフトウェア、3D造形サービスなどの市場にも言及することで、3Dプリンタ市場の現状と展望を把握することを目的とします。

2021.03.30

2021年版 オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測

オンライン決済サービスプロバイダー市場は、EC化の進展に加え、対象業種の拡大、BtoB決済やリアル・オムニチャネル領域への進出等により、拡大を続けている。また、コロナ禍を機にEC事業に参入する事業者が、決済代行サービスを導入するケースが増加している。 決済代行業者は、QRコード決済(オンライン)をはじめとする決済手段の拡充や、コロナ禍において一層ニーズが高まっているオムニチャネルに関するサービス提供、大きな市場が見込めるBtoB分野への進出等を通じて、事業拡大に向けて取組んでいる。また、後払い決済サービスにおいては、翌月にまとめて料金を支払うマンスリークリア型のサービスが台頭している。 本調査レポートでは、決済代行業者を中心に、後払い決済サービス提供事業者や集金代行業者を取材することで、オンライン決済サービスプロバイダー市場の実態を把握し、将来を展望した。

2021.03.17

IoTマーケット参入動向の徹底調査 ~ITベンチャー・中小IT企業の取り組み実態~

with コロナ時代において、「リモート」「遠隔」をキーワードにするIoT関連ビジネス(AI、解析、IoTプラットフォーム、IoTネットワーク、IoTデバイスなど含む)は、まさに時代のニーズに合致するテクノロジーとして再評価が進む。そのためIoTは今後、アフターコロナにおいて成長が加速するマーケットとして期待が高まる。 IoT関連マーケットでは、ベンチャーやスタートアップの他、製造や金融、商社などからの異業種参入も増えている。参入スタイルは、IoTデバイス/IoTプラットフォーム/AI/データ解析/IoT通信・ネットワーク領域など多岐に及ぶ。ターゲット分野は、「小売/流通」や「マーケティング/サービス」、「製造」、「IT(汎用用途含む)」向けが多いが、特にAI/データ解析系では「製造」や「金融」向けの取り組みが多くなっている。

2021.02.26

債権管理システム関連市場の実態と展望

キャッシュレス決済の拡大により、クレジットカードや後払いなど、様々な与信ビジネスが生まれている中で、延滞債権の発生件数も与信ビジネスの拡大に比例して、増加していくことになる。 その中で、債権管理システムや債権回収を効率化するためのツールに注目が集まっている。ツールとしては、圧縮ハガキやSMS送信サービス、IVR等の利用が拡大している。 そこで、本レポートでは、債権管理システムに加え、注目が高まっているSMS送信サービスに関する調査を実施し、主要ベンダーの戦略・取組み・実績などを調査すると同時に、導入事業者へのヒアリングを実施することで、今後の市場動向を展望する。

2021.01.29

2021 アフィリエイト市場の動向と展望

アフィリエイトをはじめとした成果報酬型のインターネット広告市場においては、EC市場の拡大を背景に市場は堅調に推移しており、特にスマートフォン経由の売上が大きく拡大しています。近年は、ITPやGoogleアップデートなどのレギュレーションの変更により、アフィリエイターおよびASP事業者は少なからず影響を受けているとみられています。2020年は、新型コロナウイルスの影響で、消費者の生活習慣が大きく変わり、アフィリエイト市場にも変動が起きております。本調査では、アフィリエイトを中心とした成果報酬型のネット広告の市場実態を明らかにするとともに、将来を展望いたします。

2021.01.29

2020-2021 XR(VR/AR/MR)360°動画市場総覧

XR(VR、AR及びMRの総称)市場は着実な成長を遂げており、スタンドアローン型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)である(米)Oculusの「OculusGo」が世界的にヒットし、その上位モデル「OculusQuest」が6軸をサポートした結果、ハードウェア及びコンテンツ市場に於いて更に裾野を広げる形となった。一方で(米)GoogleのVRプラットフォーム「DayDream」が収束したのを皮切りにスマートフォンを活用したVRプラットフォームは終焉に向かう形となるなど、ハードウェアプラットフォームの安定化と市場拡大には暫く時間が掛かる見通しである。また、世界中を混乱に陥れたCOVID-19と米中摩擦はXR市場にも大きな影響を及ぼしており、既存の社会環境のあり方が問われる一方で、オンライン上でのサービスに注目が集まり、それに伴ってXRの需要も拡大し始めている。更に世界各国で5G(第5世代携帯電話サービス)の商用サービスが開始され、XRに於いてもコンテンツ配信やビジネス分野、中継、映像制作の場で活用される機会が急速に増加する見通しである。 本年度版は参入企業やサービスの枠組みが大きく変貌する中、内容を一度リセットしながら制作していく方針である。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422