矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2022.04.21

国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2021年)

2020年度の国内キャッシュレス決済市場は約98兆円。非接触決済ニーズの高まりやコード決済の利用が増加し、モバイル決済もさらなる拡大が見込まれる。

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内キャッシュレス決済市場の調査を実施し、市場概況やサービス提供事業者の事業戦略、2025年度までの将来予測を明らかにした。

「国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2021年)」 小見出し一覧

【図表:国内キャッシュレス決済市場予測】

【図表:国内キャッシュレス決済市場予測】
  • 注:決済額ベース
  • 注:2021年度は見込値、2022年度以降は予測値
  • 注:クレジットカード、プリペイドカード、デビットカード、キャリア決済などの現金以外の支払い手段で決済(支払)された金額を指す。

 

国内キャッシュレス決済市場の概況

キャッシュレス決済サービスは、サービス提供事業者(主にイシュアとして、クレジット決済やプリペイド決済、デビット決済サービスを提供する事業者の他、キャリア決済やコンビニ決済、後払い決済等のサービス提供事業者が存在する)と、加盟店の新規開拓・管理をするアクワイアラから構成される。
新型コロナウイルス感染拡大で一部の消費活動は抑えられたものの、非接触での決済ニーズの高まりやコード決済の利用が増加し、スマートフォンを用いた支払いが日常生活に浸透しており、モバイル決済の更なる拡大が見込まれる。

2020年度の国内キャッシュレス決済市場(現金以外の支払い手段での決済総額)は、市場の大半を占めるクレジットカードの決済額は横ばいに推移したものの、コード決済やハウス型プリペイド、ポストペイ(後払い)型電子マネーなどが市場を牽引したことにより約98兆円に達し、2021年度は約104兆円まで拡大する見込みである。

▲小見出し一覧に戻る

 

国内キャッシュレス決済市場の注目トピック

■モバイルアプリを通じたキャッシュレス決済利用の増加
コロナ禍において物販系やデジタルコンテンツなどのECの売上高は拡大している一方で、リアル店舗では来店客数の回復が求められている。その対策として、店舗と顧客との間のコミュニケーション頻度や量を増やすことが必要となり、加盟店への支援策としてキャッシュレス決済サービス事業者がモバイルアプリの提供に力を注いでいる。
例えば、コード決済事業者は、モバイルアプリを利用して、利用範囲を限定した特典クーポンや加盟店からのアプリ利用者へのメッセージの配信など、加盟店への送客をはかるOMO(Online Merges with Offline)につなげている。
また、モバイルアプリはキャッシュレス決済に加え、ショッピングや飲食(事前)注文、タクシー配車、ゲームなど様々な機能を持つミニアプリを搭載したスーパーアプリ化を進めており、アプリ利用者が使用機会を増やすことで、コード決済金額の更なる拡大につながるものと考える。

▲小見出し一覧に戻る

 

国内キャッシュレス決済市場の将来展望

今後、コロナ禍で抑制された消費活動の活発化や国が推進するキャッシュレス比率の上昇などを背景として、クレジットカードの利用が増加するとともに、コード決済をはじめとする様々なプリペイド決済も更なる拡大を遂げる見通しである。2025年度のキャッシュレス決済市場は約153兆円まで拡大すると予測する。

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • 相関図
  • キャッシュレス市場規模推移(2018~2021年度見込)
  • キャッシュレス決済市場規模予測(2021~2025年度)
  • プリペイド決済サービスの分類
  • プリペイド決済市場規模推移(2018~2021年度見込)
  • 前払式支払手段の主な具体策
  • プリペイド決済市場の市場規模予測(2020~2025年度)
  • 主たるモバイル決済サービス
  • 主要コード決済サービスの加盟店手数料
  • 主要コード決済サービスのチャージ・支払い方法
  • 主要コード決済の決済対応状況
  • 主要コード決済の会員数・利用可能箇所数
  • コード決済の取扱高シェア(2020年度)
  • 主要コード決済事業者の経緯
  • 主要コード決済事業者の戦略
  • 主要コード決済事業者における新型コロナウイルスの影響
  • 主要事業者のビジネススキーム
  • 主要コード決済事業者の利用拡大に関する取組み
  • 主要コード決済事業者の加盟店拡大に向けた取組み
  • 主要コード決済事業者のアプリの機能拡充に向けた取組み
  • 主要コード決済事業者の他事業者との連携に関する取組み
  • 主要コード決済事業者のデータ活用に関する取組み・見解
  • 主要コード決済事業者の課題
  • 主要事業者の今後の方向性
  • 主要プリペイド型非接触IC型電子マネーの実績動向
  • プリペイド型非接触IC型電子マネーの決済額推移
  • プリペイド型非接触IC型電子マネーの市場規模予測(決済額ベース)
  • 主要発行企業一覧(2015年以降)
  • ハウス型プリペイド市場規模推移(2018~2021年度見込)
  • ハウス型プリペイド市場規模予測(2021~2025年度)
  • ハウス型プリペイド市場規模予測(コード決済・コンタクトレス決済別)
  • ブランドプリペイドの主要参入企業のサービス一覧
  • ブランドプリペイド市場規模推移(2018~2021年度見込)
  • ブランドプリペイド市場予測(2021~2025年度)
  • ギフトカードモール市場規模推移(2018~2021年度見込)
  • ギフトカードモール市場規模予測(2021~2025年度)
  • 主要ネットワーク型電子マネー発行事業者一覧
  • ネットワーク型電子マネーの基本構造
  • ネットワーク型電子マネーの収益モデル
  • ネットワーク型電子マネーの市場予測
  • デビットカードの市場規模推移と予測
  • 主要参入事業者一覧
  • デビット決済サービスの市場規模推移
  • デビット決済サービスの市場規模予測
  • ショッピング取扱高推移と予測(イシュアベース)
  • モバイル化に関する取組み状況
  • ショッピング取扱高推移(イシュアベース)
  • ショッピング取扱高予測(イシュアベース)
  • モバイル決済市場規模推移と予測
  • 営業収益
  • 有効会員数
  • カード取扱高(ショッピング)
  • カード取扱高(キャッシング)
  • コード決済の概念図
  • コンタクトレス決済市場の概念図
  • コンタクトレス決済市場規模推移と予測(2020~2025年度予測)
  • 主たるコンタクトレス決済サービス
  • 主要ポストペイ型非接触IC型電子マネーの実績動向
  • 主要事業者の加盟店拡大に向けた取組み
  • 主要事業者の利用促進に向けた取組み
  • Apple Pay対応ブランドやイシュアの状況
  • Google Pay対応ブランドやイシュアの状況
  • コンタクトレス決済市場規模推移(プリペイド/ポストペイ別:2017~2021年度見込)
  • コンタクトレス決済市場規模推移(カード/モバイル:2017~2021年度見込)
  • コンタクトレス決済市場規模予測(ポストペイ/プリペイド別:2020~2025年度予測)
  • コンタクトレス決済市場規模予測(カード/モバイル別:2020~2025年度予測)
  • モバイル決済市場規模推移と予測(2020~2025年度予測)
  • オンライン決済サービスプロバイダー市場規模推移と予測
  • EC市場規模推移
  • ECにおける決済サービス別の市場規模とシェア(2018~2020年)
  • 決済方式別シェア(2020年)
  • オンライン決済サービスプロバイダーの流通総額
  • EC決済サービス提供事業者の流通額(eコマースのみ)
  • 主要オンライン決済サービスプロバイダーの取扱高推移
  • 主要EC決済代行業者の営業収益推移
  • 主要EC決済代行事業者の決済件数推移
  • 主要EC決済代行業者の加盟店数
  • オンライン決済サービスプロバイダー市場規模予測
  • 主要参入企業とサービス/開始時期一覧
  • 決済額(取引金額推移)
  • 決済額(取引金額推移)2021年度~2025年度予測
  • 主要事業者のサービス概況一覧
  • 主要決済端末ベンダーの実績動向
  • 主要決済端末ベンダーの事業拡大策
  • 主要決済端末ベンダーの課題
  • 主要決済端末ベンダーの今後の展開
  • 主要マルチコード決済サービス
  • 主要マルチコード決済事業者の戦略
  • 主要マルチコード決済事業者における新型コロナウイルスの影響
  • 主要マルチコード決済事業者のビジネススキーム
  • 主要マルチコード決済事業者の加盟店拡大に向けた取組み
  • 主要マルチコード決済事業者のオンライン決済に関する取組み
  • 主要マルチコード決済事業者の決済手段の拡充に関する取組み
  • 主要マルチコード決済事業者の加盟店の支援に関する取組み
  • 主要マルチコード決済事業者のデータ分析・CRMに関する取組み
  • 主要マルチコード決済事業者の今後の方向性
  • 主要マルチ決済サービス提供事業者の戦略
  • 主要マルチ決済サービス提供事業者のビジネスモデル
  • 主要マルチ決済サービス提供事業者の実績動向
  • 主要事業者の導入事業者の今後の取組み
  • 主要事業者の導入事業者の課題
  • 資金移動業者数の推移
  • 資金移動業者として登録している事業者の一覧
  • 資金移動業者における取扱い金額の推移
  • PayPay
  • 楽天ペイメント
  • NTTドコモ
  • KDDI
  • ティーガイア
  • auペイメント
  • ビットキャッシュ
  • 富士通Japan
  • バリューデザイン
  • アララ
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • ネットプロテクションズ
  • Paidy
  • 楽天カード
  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス
  • イオンフィナンシャルサービス
  • JCB
  • クレディセゾン
  • トヨタファイナンス
  • オリエントコーポレーション
  • PayPayカード
  • ジャックス
  • UCS
  • ライフカード
  • ポケットカード
  • 東急カード
  • ゆめカード
  • ユーシーカード
  • パナソニック
  • Pax Japan
  • 大日本印刷
  • トランザクション・メディア・ネットワークス
  • GMOフィナンシャルゲート
  • キャナルペイメントサービス
  • ネットスターズ

▲小見出し一覧に戻る

 

関連リンク

■レポートサマリー
EC決済サービス市場に関する調査を実施(2022年)
クレジットカード市場に関する調査を実施(2021年)
国内コード決済市場に関する調査を実施(2021年)
国内コンタクトレス決済(非接触決済)市場に関する調査を実施(2020年)

■アナリストオピニオン
コロナ禍におけるBtoC ECの動向‐BtoC ECにおいて取扱高が拡大するコード決済(オンライン)とBNPL-
BNPLはクレジットカード市場にとって脅威となるか
連携する楽天グループのFinTechサービス 楽天ペイアプリから各種楽天サービスの利用へと広がる
キャッシュレスによる店舗等の支援を
キャッシュレス4.0~デジタル通貨の台頭によるキャッシュレス社会の進展~

■同カテゴリー
[ICT全般]カテゴリ コンテンツ一覧
[テクノロジ/デバイス]カテゴリ コンテンツ一覧
[金融・決済]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る

 

オリジナル情報が掲載されたショートレポートを1,000円でご利用いただけます!

同タイトル、市場調査資料の一部の内容について、概要をまとめたリーズナブルな調査資料です。
※プレスリリースに以下の情報が追加されています。
  • セグメント別の動向
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報
以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

利用方法を確認する


調査要綱

調査対象:キャッシュレス決済サービス提供事業者
調査期間:2021年12月~2022年1月
調査方法:当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、ならびに文献調査併用

※キャッシュレス決済市場とは:本調査におけるキャッシュレス決済市場は、クレジットカード、プリペイドカード、デビットカード、キャリア決済などの現金以外の支払い手段で決済(支払)された金額を指し、市場規模は決済額ベースで算出している。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422