矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2020.09.16

フィールドワーク支援ソリューション市場に関する調査を実施(2020年)

製造、建設及びインフラ設備/エネルギー設備保全がシールドワーク支援ソリューションマーケットを牽引。近年では、各種ロボットを利用したシステムソリューションも増加している。

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のフィールドワーク支援ソリューション市場を調査し、需要分野別の動向、分野毎の主なソリューション事例、将来展望などを明らかにした。

「フィールドワーク支援ソリューション市場に関する調査を実施(2020年)」 小見出し一覧

 

【図表:フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移・予測】

【図表:フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移・予測】
  • 矢野経済研究所調べ
  • 注:事業者売上高ベース
  • 注:2020年度は見込値、2021年度以降は予測値

フィールドワーク支援ソリューション市場の概況

2019年度の国内フィールドワーク支援ソリューション市場(事業者売上高ベース)は、前年度比129.6%の442億円と推計した。なお、市場規模には、ITベンダーがパッケージやソリューションとして提供しているものに加えて、大規模なSI/システム開発案件の一部を構成する類似ソリューション、PoC(概念実証)/実証試験段階のもの、さらにはユーザ事業者の自社開発システム分なども対象としている。

需要分野別にみると、製造、建設及びインフラ設備/エネルギー設備保全などのプロジェクト規模の大きな案件がマーケットを牽引している。一方で、稼働中のシステム数/デバイス数の多い介護や医療/ヘルスケア分野では、一件当りの案件規模が限定的なため、市場に占める構成比率は低い。

▲小見出し一覧に戻る

 

フィールドワーク支援ソリューション市場の注目トピック

■業務支援ソリューション
フィールドワーク支援ソリューションは、「業務支援」「健康・安全管理」「教育・研修/トレーニング」の3つのソリューションに大きく分類できる。 「業務支援」は現場作業者の業務支援を行うソリューションで、製造/工場をはじめとした各種設備・機器の保全/メンテナンス業務を支援するシステムが主体となっている。その他、現場業務全般での作業支援や業務の効率化、事務作業の軽減(台帳ソリューションなど)を目的としたソリューションも多い。近年では、各種ロボットを利用したシステムソリューション(作業支援、コミュニケーション、協働型、業務用など)も増えており、工場や大型商業施設、交通拠点(ターミナル駅、空港など)、建設現場などでの実装が進む。

▲小見出し一覧に戻る

 

フィールドワーク支援ソリューション市場の将来展望

2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、システム開発や実証試験、現場での実装などの多くの作業が遅延しており、2020年度のフィールドワーク支援ソリューション市場(事業者売上高ベース)は、前年度比97.5%の431億円と前年度割れを見込む。 コロナ禍が収束し、経済環境の回復とともに2021年度以降は拡大基調に転じ、2022年度頃からはローカル5G/5Gソリューション(第5世代移動体通信システム)に連動したフィールドワーク支援ソリューションも登場する見通しで、2022年度以降は年率20%超の高成長が続くと予測する。

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • フィールドワーク支援ソリューションでの要素技術/ターゲット
  • フィールドワーク支援ソリューションでのネットワーク
  • 主な現場系職種での有効求人倍率(2020年2月)
  • 業務支援ソリューションのイメージ
  • 健康・安全管理ソリューションのイメージ
  • 教育・研修/トレーニングのイメージ
  • フィールドワーク支援ソリューションマーケットの構造
  • ターゲット分野別のデバイス/ツール別の期待度
  • フィールドワーク支援ソリューショングで活用される技術
  • 健康経営に係る顕彰制度
  • 健康経営関連サービスの分類
  • 生産性向上サービスの概要
  • フィールドワーク支援ソリューション関連サービス一覧
  • フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(システムベース)
  • フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(デバイスベース)
  • フィールドワーク支援ソリューション市場規模推移(金額ベース)
  • フィールドワーク支援ソリューションの需要分野別内訳(システムベース)
  • フィールドワーク支援ソリューションのデバイス別内訳(システムベース)
  • 今後の技術動向

■製造/工場

  • スマートデバイスを活用した事例
  • 「AR・VR」を活用した事業推進事例
  • RFID/GPSを活用した事業事例
  • 製造現場でのロボット/ドローンの活用事例
  • 現場作業者の健康管理事例
■建設
  • タブレットを活用した現場作業支援サービス事例
  • 竹中工務店 IoTプラットフォーム「TSUNAGATE(ツナゲート)」
  • 現場作業におけるロボット活用事例
  • 竹中工務店と鹿島建設の技術連携
  • i-Constructionによる生産性向上イメージ図
  • i-Construction推進コンソーシアム
  • i-Construction推進コンソーシアムにおいてマッチングされた内容
  • BIMの推進事例
  • 東急建設 ICTモデル現場 イメージ図
  • トンネル工事でのAI活用事例
  • 安藤ハザマ:切羽地質情報取得システム・取得データ活用ネットワーク
  • バイタル情報活用による作業者の健康管理事例
  • パワーアシストスーツ事例
■運輸
  • 運輸向けソリューション事例
  • 安全管理・健康管理ソリューション事例
■倉庫/物流
  • 総合物流施策大綱(2017~2020年)
  • 倉庫/物流向けWMSシステム
  • 倉庫/物流業務での作業と機能
  • 倉庫/物流でのフィールドワーク支援ソリューション事例
  • 国土交通省「空の産業革命に向けたロードマップ2019」
■医療(遠隔医療)/ヘルスケア
  • 遠隔医療に関する用語の定義
  • 遠隔医療/オンライン診療/オンライン受診勧奨/遠隔健康医療相談の関連性
■介護
  • 介護職員の推移
  • 介護職員の需要見通し
  • 介護サービスの分類と医療との関わり
  • 「居宅サービス分」の生産性向上のためのガイドライン
  • 「施設サービス分」の生産性向上のためのガイドライン
  • 介護職員の作業分類
  • 見守り支援機器の高齢者施設導入・販売状況
  • 介護向けアシストスーツ事例
■インフラ施設/エネルギー設備保全
  • インフラ施設/エネルギー設備保全向け現場作業支援事例
  • インフラ施設/エネルギー設備保全向けの生産性向上事例
  • インフラ施設/エネルギー設備保全向けの研修・トレーニング事例
■ビル管理
  • ビル管理における業務区分
  • ロボットを活用したビル管理業務の推進事例
  • タブレット/スマートフォン/スマートグラスを活用した事業推進事例
  • 日本ユニシス「まるっと点検 サービス概要」
  • スマートグラス/スマートグラスソリューション
■警備・セキュリティ
  • 警備業務の区分
  • ロボットを活用した警備業務例
  • ドローンを活用した警備業務事例
  • バーチャルキャラクターを活用した警備業務支援事例
  • スマートグラスを活用した警備業務支援事例
■農林水産・畜産
  • 農林水産・畜産でのIT活用事例
■防犯/見守り(子供・児童/高齢者向けソリューション)
  • 防犯業務支援ソリューション
  • KDDIグループ/セコム:スタジアム警備ソリューション
  • ALSOK 都市空間セキュリティソリューション
  • 児童見守り業務支援ソリューション
  • 高齢者見守り業務支援ソリューション
  • シャープAIoTプラットフォームを活用したサービス連携イメージ
■流通/小売
  • コミュニケーションロボット事例
  • 店頭巡回・在庫管理を担うロボット事例
  • 「AI×カメラ」の事例
  • 海外でのキャッシャーレスストア/無人店舗の事例
  • 日本における無人店舗の実証実験事例
  • 温度管理ソリューション事例
  • その他のフィールドワーク支援ソリューション事例
■料飲/外食
  • 寿司ロボットの主要ベンダ
  • キッチン自動化事例
  • レストランテック関連の事例
  • スマートデバイスを用いるオーダー・POSレジシステム事例
  • キッチンプリンター/レシートプリンター事例

 

▲小見出し一覧に戻る

 

関連リンク

■レポートサマリー
フィールドワーク支援ソリューションシステム設置数を予測(2018年)

■アナリストオピニオン
現場の人手不足を解消するITソリューション市場が442億円規模に拡大、withコロナ時代でも遠隔/リモートをキーワードに拡大基調を予測!
人手不足が深刻化する中で、ITテクノロジーは回答を出せるのか?

■同カテゴリー
[ICT全般]カテゴリ コンテンツ一覧
[情報サービス/ソリューション]カテゴリ コンテンツ一覧
[周辺機器]カテゴリ コンテンツ一覧
[通信機器]カテゴリ コンテンツ一覧
[テクノロジ/デバイス]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る


調査要綱

調査対象:ITベンダー、SIer、デバイスメーカー、通信事業者、ユーザ事業者、インフラ運営事業者など
調査期間:2020年5月~8月
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話やeメールによるヒアリング調査、ならびに文献調査併用

※フィールドワーク支援ソリューション市場とは:フィールドワーク支援ソリューションとは、スマートデバイスやタブレットを始めとしたIT機器/IoTテクノロジーを活用した、ユニフォームを着て作業する現場作業者の業務をサポートするシステムを指し、作業者の業務負担の低減や作業効率の向上、働き方改革やワークスタイル変革への対応、作業者教育・トレーニング支援、ノウハウ継承支援などの実現を目的として導入される。
本調査におけるフィールドワーク支援ソリューション市場規模は、タブレットやスマートフォン、HMD(Head Mounted Display)、スマートグラス、ウェアラブルデバイス(時計、バンド、ウェアタイプ等)、ドローン、IoT型ロボットなどの端末やデバイス、システム開発費、通信モジュール、通信費、プラットフォーム・クラウド利用料、運用管理費などを対象として、事業者売上高ベースで算出した。

<市場に含まれる商品・サービス>
フィールドワーク支援ソリューションシステム

関連マーケットレポート
早川 泰弘(ハヤカワ ヤスヒロ) 主任研究員
産業調査/マーケティング業務は、「机上ではなく、現場を回ることで本当のニーズ、本当の情報、本当の回答」が見つかるとの信念のもと、関係者各位との緊密な関係構築に努めていきます。日々勉強と研鑽を積みながら、IT業界の発展に資する情報発信を目指していきます。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422