矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2021.12.01

レンディングサービス市場に関する調査を実施(2021年)

2020年度のレンディングサービス市場規模は、前年度比106.6%。特にソーシャルレンディングがけん引し、スコアレンディングも拡大。オンライン(AI)融資の利用は控えられたものの、今後市場は拡大していく見込み。

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のレンディングサービス市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。

「レンディングサービス市場に関する調査を実施(2021年)」 小見出し一覧

【図表:レンディングサービス市場規模推移・予測】

【図表:レンディングサービス市場規模推移・予測】
  • 矢野経済研究所調べ
  • 注:事業者売上高ベース
  • 注:2021年度以降は予測値
  • 注:ソーシャルレンディング、オンライン(AI)融資、スコアレンディングを対象として市場規模を算出した

 

レンディングサービス市場の概況

FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きである。レンディングサービスとは、FinTechに関連した従来の銀行融資とは異なった融資サービスであり、オンラインで完結するものや個々人のスコアに応じた貸付条件など様々な形態のサービスが提供されている。

FinTechの拡大に伴い、レンディングサービス市場も活性化し、市場拡大が見込まれる。本調査におけるレンディングサービス市場は、ソーシャルレンディング、オンライン(AI)融資、スコアレンディングを対象として事業者売上高ベースで算出しており、2020年度のレンディングサービス市場規模は、前年度比106.6%の157億1,600万円となった。特にソーシャルレンディングがけん引し、スコアレンディングも拡大した。

▲小見出し一覧に戻る

 

レンディングサービス市場の注目トピック

■金融サービス仲介法制の施行
2021年11月に「金融サービス仲介法制」が施行され、情報通信技術の発展により、オンラインでの金融サービスの提供が可能となった。
利用者が様々なサービスの中から自身に適したものを選択しやすくすることが重要とされているおり、「金融サービス仲介業」を創設することで従来、業態ごとに登録が必要だった仲介業登録は、1つの登録で銀行・証券・保険すべての分野のサービスを仲介可能となる。金融サービス提供の場が拡大することで、金融業界が活性化し、レンディングサービス市場においても追い風となるとみる。

▲小見出し一覧に戻る

 

レンディングサービス市場の将来展望

2024年度のレンディングサービス市場規模は263億5,000万円に達すると予測する。

オンライン(AI)融資は、コロナ禍の2020年度においては、公的資金や銀行の低金利融資が充実していたことから、利用は控えられた。一方で、公的資金は緊急時の救済の面が強く、公的資金が尽きるタイミングでは新たな資金調達が必要となる。現在、利用者(中小企業や個人事業主等)においても対面ではなく、非対面の取引を好む傾向にあり、オンラインで申込み可能なオンライン(AI)融資への関心も高まっている。融資実行までの期間が短いオンライン(AI)融資は事業の運転資金としての需要が高く、今後市場は拡大していく見込みである。

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • 各レンディングサービス定義
  • 決済法則および金融サービス仲介法制に係る経緯
  • 業態別仲介業者数
  • 従来の資金移動業
  • APIを公開する上での公開範囲
  • APIの開放による各アクターのメリット(機能別)
  • 銀行および電子決済代行業者契約状況2019年12月末現在
  • 銀行および電子決済代行業者契約状況2020年9月末現在
  • レンディングサービス市場の市場規模(2018年度~2021年度)
  • レンディングサービス市場の将来予測(2020年度~2024年度)
  • ネット専業銀行のAPI取り組み事例
  • 島根銀行とSBIグループの提携事例

■ソーシャルレンディング

  • ソーシャルレンディングの仕組み
  • 売上高推移と予測(売上高ベース:2018年度~2024年度)
  • 融資残高推移と予測
■オンライン(AI)融資
  • オンライン(AI)融資参入事業者およびサービス提供時期
  • 売上高推移と予測(売上高ベース 2018年度~2024年度予測)
  • 融資残高推移(2018年度~2024年度予測)
■スコアレンディング
  • 売上高推移と予測(売上高ベース 2018年度~2024年度予測)
  • 融資残高推移と予測(2018年度~2024年度予測)

 

  • 従来の銀行サービス
  • BaaSにおける金融サービス
  • 提携企業一覧
  • 住信SBIネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • iBankマーケティング
  • みんなの銀行
  • freee finance lab
  • クレジットエンジン・グループ

▲小見出し一覧に戻る

関連リンク

■レポートサマリー
国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2019年)

■アナリストオピニオン
FinTechの更なる急拡大を後押しする注目動向
FinTech市場拡大に向けて注視していくべきポイント――スクリーンスクレイピングの現状と今後の銀行によるAPI公開をめぐる課題

■同カテゴリー
[金融・決済]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る

 

オリジナル情報が掲載されたショートレポートを1,000円でご利用いただけます!

同タイトル、市場調査資料の一部の内容について、概要をまとめたリーズナブルな調査資料です。
※プレスリリースに以下の情報が追加されています。
  • セグメント別の動向
    • ソーシャルレンディングの動向
    • 信用力を数値化するスコアレンディング
  • 注目トピックの追加情報
    • BaaSの拡大
  • 将来展望の追加情報
以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

利用方法を確認する


調査要綱

調査対象:金融機関およびレンディングサービス提供企業
調査期間:2021年7月~9月
調査方法:当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、ならびに文献調査等併用

※レンディングサービス市場とは:FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きである。レンディングサービスとは、FinTechに関連した従来の銀行融資とは異なった融資サービスであり、オンラインで完結するものや個々人のスコアに応じた貸付条件など様々な形態のサービスが提供されている。
本調査におけるレンディングサービス市場は、ソーシャルレンディング、オンライン(AI)融資、スコアレンディングを対象とし、レンディングサービス提供企業の事業売上高ベースで算出した。

<市場に含まれる商品・サービス>
ソーシャルレンディング、オンライン(AI)融資、スコアレンディング

関連マーケットレポート
石神 明広(イシガミ アキヒロ) 研究員
現在の市場の分析だけでなく、それによって何がもたらされるか、どう変化していくかといった将来像に目を向けていきたいと考えております。一歩踏み込んだ調査を心掛け、皆様のお役に立てるよう精進を重ねて参ります。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422