矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2020.07.21

機械系CAE市場に関する調査を実施(2020年)

2020年の機械系CAE国内市場規模は860億円で伸び悩みを予測。2019年は国内景況感が良く機械系CAE市場も堅調だったが、2020年に入り大きく市場環境が変化している。

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内外の機械系CAE市場を調査し、現況、参入事業者の動向、将来展望を明らかにした。ここでは国内市場についての分析結果を公表する。

「機械系CAE市場に関する調査を実施(2020年)」 小見出し一覧

 

機械系CAEの市場概況

 

【図表:機械系CAE国内市場規模推移・予測】

図表:機械系CAE国内市場規模推移・予測
  • 矢野経済研究所調べ
  • 注:事業者売上高ベース
  • 注:2020年以降予測値

2019年の機械系CAE国内市場規模(事業者売上高ベース)は前年比6.9%増の837億1,600万円となった。2020年は前年比2.8%増の860億2,500万円となり、伸び率は低下すると予測する。
2019年は国内景況感が良く機械系CAE市場も堅調だったが、2020年に入り大きく市場環境が変化している。新型コロナウイルス感染症の影響により、経済活動の落ち込みが製造業に打撃を与えている。特に、これまで機械系CAE市場を牽引してきた自動車産業の業績の落ち込みが大きい。
一方で、日本企業の2020年度の予算決定時期は新型コロナウイルス感染症蔓延前であったため、マイナスの影響はまだ小幅に留まっている。

▲小見出し一覧に戻る

 

機械系CAE市場の注目トピック

■コロナ禍の経験によりクラウドの活用や働き方の変化が進む
今回の新型コロナウイルス感染拡大により、多くの国内製造業においてテレワークが導入され、多くの設計者たちが在宅勤務になった。遠隔でアクセスできるクラウドを活用し、その有効性を体感したことから、エンジニアリング領域においても、今後クラウドコンピューティングが一気に普及する見通しである。
また、CAD データのビューワ、VR(Virtual Reality) などを使いリモートデザインレビューを行うツールは、これまで対面のコミュニケーションを重視する日本では普及が進まなかったが、テレワークの定着とともに利用が拡大すると考える。

▲小見出し一覧に戻る

 

機械系CAE市場の将来展望

2021年の機械系CAE国内市場規模(事業者売上高ベース)は前年比18.9%減の698億円を予測する。コロナ禍による経済活動の停滞・悪化により、企業の設備投資は2020年から2021年にかけて大きく減少すると考える。リーマンショック時と同様の大きな落ち込みが予想される。
その後、製造業の幅広い業種において設備投資が徐々に回復するとみており、これに伴い機械系CAE国内市場も好転に向かうものと考える。

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • 機械系CAEの出荷状況(全世界)
  • 機械系CAEの出荷状況(日本国内)
  • CASE時代のCAE
  • 機械系CAE市場予測 (全世界/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 機械系CAE地域別市場予測 (全世界/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • ソフトウェアライセンス、サービス別市場予測(全世界/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 機械系CAE市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • ソフトウェアライセンス、サービス別市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • ソフトウェアライセンス市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • サポート・保守・サービス市場予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • アプリケーション別市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 構造解析(線形)市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 構造解析(非線形)市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 機構解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 衝突解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • プレス成形解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 樹脂射出成形解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 鋳造解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 鍛造解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 熱流体解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 磁場解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 音響解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • MEMS解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • その他機械系CAE市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 1DCAE市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 数値解析市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • バイオロジクス市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 計算化学市場予測 (日本国内/メーカー出荷ベース/2018-2025予測)
  • 機械系CAE売上高推移(全世界)
  • 機械系CAE売上高シェア(全世界)
  • ソフトウェアライセンスおよびサービス・保守別売上高の推移(全世界)
  • 機械系CAE売上高推移(日本国内)
  • 機械系CAE売上高シェア(日本国内)
  • ソフトウェアライセンス、サービス別売上高の推移(日本国内)
    • ソフトウェアライセンス売上高の推移(日本国内)
    • ソフトウェアライセンス売上高シェア(日本国内)
    • サポート・保守・サービス売上高の推移(日本国内)
    • サポート・保守・サービス売上高シェア(日本国内)
  • 機械系CAEアプリケーション別売上高推移(日本国内)
    • 構造解析(線形)売上高の推移(日本国内)
    • 構造解析(線形)メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 構造解析(非線形)売上高の推移(日本国内)
    • 構造解析(非線形)メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 機構解析売上高の推移(日本国内)
    • 機構解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 衝突解析売上高の推移(日本国内)
    • 衝突解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • プレス成形解析売上高の推移(日本国内)
    • プレス成形解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 樹脂射出成形解析売上高の推移(日本国内)
    • 樹脂射出成形解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 鋳造解析売上高の推移(日本国内)
    • 鋳造解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 鍛造解析売上高の推移(日本国内)
    • 鍛造解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 熱流体解析売上高の推移(日本国内)
    • 熱流体解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 磁場解析売上高の推移(日本国内)
    • 磁場解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • 音響解析売上高の推移(日本国内)
    • 音響解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • MEMS解析売上高の推移(日本国内)
    • MEMS解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
    • その他機械系CAE売上高の推移(日本国内)
    • その他機械系CAEメーカー別売上高の推移(日本国内)
  • 1DCAE売上高推移(日本国内)
  • 1DCAEメーカー別売上高の推移(日本国内)
  • 数値解析売上高推移(日本国内)
  • 数値解析メーカー別売上高の推移(日本国内)
  • バイオロジクス売上高推移(日本国内)
  • バイオロジクスメーカー別売上高の推移(日本国内)
  • 計算化学売上高推移(日本国内)
  • 計算化学メーカー別売上高の推移(日本国内)
  • 機械系CAE
    • 構造解析(線形)
    • 構造解析(非線形)
    • 機構解析
    • 衝突解析
    • プレス成形解析
    • 樹脂成形解析
    • 鋳造解析
    • 鍛造解析
    • 熱流体解析
    • 磁場解析
    • 音響解析
    • MEMS解析
    • その他
  • 機械系に属さない解析ソフト
    • 1DCAE
    • 数値解析
    • バイオロジクス
    • 計算化学
  • アンシスジャパン
  • ヴァイナス
  • MSCソフトウェア
  • シーメンスPLMソフトウェア
  • JSOL
  • ソフトウェアクレイドル
  • ダッソー・システムズ
  • 海外メーカー(アルファベット順)
    • Altair Engineering
    • Ansys
    • Autodesk
    • AutoForm Engineering
    • CoreTech System
    • Dassault Systems
    • DS SolidWorks
    • ESI Group
    • Flow Science
    • FunctionBay
    • MSC Software
    • Siemens PLM Software
  • 国産メーカー(50音順)
    • 株式会社アライドエンジニアリング
    • 株式会社ヴァイナス
    • クオリカ株式会社
    • サイエンスソリューションズ株式会社
    • サイバネットシステム株式会社
    • 株式会社JSOL
    • 株式会社先端力学シミュレーション研究所
    • 株式会社ソフトウェアクレイドル
    • 株式会社テクノスター
    • 東レエンジニアリング D ソリューションズ株式会社
    • プロメテック・ソフトウェア株式会社

▲小見出し一覧に戻る

 

関連リンク

■レポートサマリー
機械系CAE市場に関する調査を実施(2018年)
機械系CAE市場に関する調査を実施(2016年)
CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査を実施(2019年)

■同カテゴリー
[エンタープライズ]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!
【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
注目トピックの追加情報
将来展望の追加情報

以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください。

利用方法を確認する


調査要綱

調査対象:機械系CAEメーカー等
調査期間:2020年1月~5月
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

※機械系CAE市場とは:CAE(Computer Aided Engineering)とは、コンピュータにより製品の設計や開発工程を支援するという概念であり、それを実現するためのツールとして、機械系システムの強度や流体における抵抗などの特性を解析対象とする機械系CAEや、1D CAEなどのモデルベース開発ツール、数値計算を支援する数値解析などその他のCAEがある。
本調査における機械系CAE市場とは、構造解析や熱流体解析、樹脂成形解析、鋳造解析など、前者の機械系CAEを対象とし、事業者売上高ベースで算出した。

<市場に含まれる商品・サービス>
機械系CAE(構造解析や熱流体解析、樹脂成形解析、鋳造解析など)

関連マーケットレポート
小林 明子(コバヤシ アキコ) 主任研究員
変化の早いIT市場において、皆様や業界のお役に立ち指針となるよう、独自の情報を発信していきたいと考えています。市場調査はもとより、販売促進やマーケティングのご相談、情報交換などお声掛け下さい。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422