矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

アナリストオピニオン
2018.02.01

「オートモーティブワールド2018」レポート

全体

■開催概要
オートモーティブ ワールド 2018」は、2018年1月17日~19日の3日間、東京ビッグサイトにて開催された。同展示会は「第10回 国際カーエレクトロニクス技術展」「第6回 コネクティッド・カーEXPO」「第7回 EV・HEV 駆動システム技術展」「第8回 クルマの軽量化技術展」、「第4回 自動車部品加工 EXPO」に今年から加わった「第1回 自動運転EXPO」の6つから構成されており、自動車関連展示会では世界一の1,063社が出展した(前年比163社増)。来場者数も39,922名(前年比15.6%増)となり、自動車専門の展示会としては世界的に見ても最大級のものとなった。期間中は展示会とあわせてコネクテッドカー、自動運転/ADAS、EV/FCV(燃料電池車)、軽量化といった、自動車業界注目のトピックを扱う専門技術セミナーが全350講演(同時開催含む)開催され、25,870名が受講した模様。

【写真:「オートモーティブ ワールド 2018」開会式】

出所:「オートモーティブ ワールド 2018」内にて撮影

■レベル3と4とが同時に進む自動運転
今回もやはり最大の注目テーマは自動運転であったといえる。それもレベルごとに未来へのロードマップが少しづつ明確化してきた。次の表はNHTSA制定の自動運転レベル0からレベル4まで(SAE制定の自動運転レル0からレベル5まで)における運転主権(運転操作の責任)と、走行場所限定の有無についてまとめたものである。

【図表:「自動運転における運転主権(運転操作の責任)と、走行場所限定の有無」】

【図表:「米自動車技術会(SAE)による自動運転レベルの分類」

出典;一般財団法人日本自動車研究所 ITS研究部

今、世の中を走っているクルマが備えている自動運転機能、ACCやLKSなどはほぼレベル1あるいはレベル2と呼ばれるもので、ドライバの安全運転を支援することに主眼が置かれている。運転はドライバの管理下になければならないので、ドライバには常に運転操作の負荷がかかっている。ただしACCやLKSを利用することによって、ドライバは張り詰めた運転操作から、やや気を抜くことができるようになる。

それに対してレベル3以上(レベル3、4、5)では、平常時の運転主権(運転操作の責任)はクルマ側(=OEM側、自動車メーカー側)が持つ。ただしレベル3の場合だけは、緊急時にはドライバ側が責任をもつ。したがって、レベル3においては、平常時(高速道路だけの場所限定)はクルマ側、緊急時(一般道など)はドライバ側がそれぞれ責任を持つことになり、平常時⇔緊急時の運転主権の受け渡しが重要になる。

2017年度に入り、このレベル3自動運転カーの普及スピードがやや足踏み状態になっているという声を聞く。技術的には本格的な普及に進める状態にありながらも足踏みしている理由は、平常時⇔緊急時の運転主権の受け渡し技術が非常に難しい点にあるからだ。もしも高速道路上で手離し運転をしている際に事故が起こった場合、その賠償責任やリコールなどOEM(自動車メーカ)の経営基盤が傾きそうになるほどの重圧が課せられるという。

このようにレベル3が足踏み状態の現在、むしろレベル4が一足先に本格化するのではないかと予測する声も聞こえている。つまり、自動運転カーの進化は「レベル0→1→2→3→4→5」の順番で進むのではなく、「レベル3」と「レベル4(→5)」が同時期に進んでいくということだ。
したがって、自動運転カーで活用される技術は「レベル3」用のものと「レベル4(→5)」用のものとが同時期に開発され、企業は両方に向けてビジネスを推進している。むしろ時代はL4礼賛の状況だが……

 

■今後の自動運転で必要になる技術
今後、自動運転システムに必要な技術としては、従来の自動車技術のIT化という域を超えて、①車載HMI、②ドライバモニタリング、③OTAアップデートとサイバーセキュリティ、④人工知能(AI)といった学際的領域の活用が中心になろうとしている。

  • 「①車載HMI」では人間工学の視点から新たな技術が開発されてきている。
  • 「②ドライバモニタリング」は前述したように、平常時⇔緊急時の運転主権の受け渡し技術では必須となる。
  • 「③OTAアップデートとサイバーセキュリティ」では、「OTAアップデート」が自動運転ソフトウェアや、クルマが多数搭載するECUのソフトウェアをネットワーク経由で更新するのに対して、サイバーセキュリティは必要不可欠となる。
  • 「④人工知能(AI)」は、こうした①②③の背後に存在して、それらをささえる高度で革新的なIT技術である。

①~④のどの技術も、未来に向けて大きく成長する学際的領域の技術活用によるものだ。

今回「オートモーティブ ワールド 2018」においても、学際的領域のシステムに必要な技術の出展が目に付いた。次の項目「各社の展示状況」では、こうした領域の展示内容について掲載していく。

各社の展示状況

■アルプス電気(株)/静電入力デバイス
同社の静電入力デバイスは、次の写真にもあるように「ホバー、ジェスチャー入力可能な高感度デバイス」と謳われている。ICも、センサも、アルゴリズムも独自に持っている点がアルプス電気の強みだ。

 

【写真:アルプス電気の静電入力デバイス】

出所:「オートモーティブワールド2018」内にて撮影

同システムの特徴としては、ステアリングの下にセンサを仕込む場合も、表面の素材は皮でも布でも作れる点がある。あるいは、5ミリ程度の高級な木の素材でも反応が可能となるという。またトラックドライバーが軍手をはめたままタッチしても入力が可能となる。

アルプス電気とアルパインは2019年から経営統合する。アルプス電気はこのような自動車向けのスイッチやセンサなどの部品を手がけており、自動車の電装化の進展に沿って事業を拡大してきた。カーナビやオーディオなどの車載機器を手がけるアルパインと経営資源を統合することで、グループ全体の自動車関連事業の拡大を狙う模様。

■NECソリューションイノベータ/ジェスチャー認識
NECソリューションイノベータは同社が開発・販売している「フィンガージェスチャー」を展示した。これはドライバ向けというよりも、車載HMIやドライビレコーダの開発・設計者であるプロ向けの製品である。

【写真:NECソリューションイノベータのジェスチャー認識】