矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2021.05.27

HCM(人材管理)市場動向に関する調査を実施(2021年)

2020年のHCM(人材管理)市場は、タレントマネジメントシステムの高成長が市場全体をけん引。コロナ禍によるプラスの影響がマイナスを上回る形に。

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のHCM市場を調査し、参入企業・ユーザ企業の動向、将来展望を明らかにした。

「HCM(人材管理)市場動向に関する調査を実施(2021年)」 小見出し一覧

【図表:国内HCM(人材管理)ライセンス市場規模推移・予測】

【図表:国内HCM(人材管理)ライセンス市場規模推移・予測】
  • 矢野経済研究所調べ
  • 注:ライセンス売上高(エンドユーザ渡し価格ベース)とクラウドサービス売上高を合算し、算出した。但し、コンサルティング・SI、保守サポートなどの関連売上高は含まない。
  • 注:2021年以降は予測値。

 

HCM(人材管理)市場の概況

2020年のHCM(Human Capital Management:人材管理)ライセンス市場規模は、前年比13.6%増の482億6,000万円となった。

高成長の背景には、ユーザ企業の業務効率化や戦略人事の実現、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進などを要因とした市場の継続的な成長に加え、コロナ禍によるプラスの影響がある。これはコロナ禍でテレワークが普及したことでオンライン上で業務を遂行すべく、さまざまな事業活動のデジタル化が加速したため、また、これまで紙やExcelで管理していた各種人事業務においても、システム化のニーズが高まったためである。また、従業員の人事評価や健康状態の把握、会社へのエンゲージメント維持などに課題を抱えるユーザ企業が増加する中で、解決策の一つとしてHCMの導入が進んだことも挙げられる。

一方、一部企業ではHCM製品導入の保留や先送り、解約などが生じたものの、これらのマイナスの影響が限定的だったことで、2020年はコロナ禍によるプラスの影響がマイナスを上回る形で市場が伸長した1年となった。

▲小見出し一覧に戻る

【図表:タレントマネジメントシステム市場規模推移・予測】

【図表:タレントマネジメントシステム市場規模推移・予測】
  • 矢野経済研究所調べ
  • 注:ライセンス売上高(エンドユーザ渡し価格ベース)とクラウドサービス売上高を合算し、算出した。但し、コンサルティング・SI、保守サポートなどの関連売上高は含まない。
  • 注:2021年は予測値。
  • 注:タレントマネジメントシステム市場は、HCM市場の内数。

 

HCM(人材管理)市場の注目トピック

■タレントマネジメントシステム市場
タレントマネジメントシステムとは人材情報管理や採用管理、目標管理、要員計画、報酬管理などの機能を提供するシステム製品で、2020年のタレントマネジメントシステム市場は、前年比22.1%増の180億9,400万円となった。

2020年は、タレントマネジメントシステムを専業とするベンダが特に好調に推移した。専業ベンダが提供する製品は、導入コストが安価で運用が容易であることから、中小企業を中心にニーズを獲得している。また、UI(操作性)やUX(顧客体験)の向上に注力することで、ファンが増え、導入ユーザ企業数及び製品売上高が伸長している。近年は、タレントマネジメントシステムの導入実績が拡大したことで信用が高まり、徐々に中堅から大企業での導入も増加している。

ユーザ企業の業務効率化や戦略人事の実現を目指す取組みが続く中、タレントマネジメントシステムに対するニーズは今後も根強いと見込む。2021年のタレントマネジメントシステム市場は、前年比20.2%増の217億5,000万円になると予測する。

▲小見出し一覧に戻る

 

HCM(人材管理)市場の将来展望

2021年のHCMライセンス市場規模は、前年比12.5%増の543億円になると予測する。現在も新型コロナウイルスの影響は続いており、HCM市場では2020年と同様、プラス・マイナス双方の影響がありながら、プラスの影響がマイナスを上回り好調に推移する見通しである。

また、業務効率化や戦略人事の実現、DX推進といった動きは、コロナ禍により一層加速し、HCM市場の追い風になると予測する。

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • HCMライセンス売上高推移(2019~2025年予測)エンドユーザ渡し価格ベース)
  • HCM市場におけるコロナ禍の影響
  • HCMライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • ISO30414が示す人的資本に関する11領域と58指標ジョブ型雇用の動向
  • ソリューション別HCMのライセンス売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • HCMのライセンス売上高 ソリューション別構成比(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 人事・給与システムの主要参入ベンダ
  • 人事・給与システムのライセンス売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • タレントマネジメントシステムの主要参入ベンダ
  • タレントマネジメントシステムのライセンス売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • タレントマネジメントシステムのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • ピープルアナリティクスの主要参入ベンダ
  • ピープルアナリティクスのライセンス売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • ピープルアナリティクスの展望と課題
  • 業種別HCMのライセンス売上高の推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • HCMライセンス売上高 業種別比率(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • ユーザ企業規模別HCMのライセンス売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • HCMライセンス売上高 ユーザ企業規模別構成比(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 大手企業/SMBにおけるHCMライセンス売上高の推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • HCMライセンス売上高 大手企業/SMB別構成比(2020年)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 提供形態別 HCMライセンス売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • クラウド対応
  • HCMライセンス売上高推移 提供形態別構成比(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 参入ベンダのクラウド戦略
  • 提供機能別HCM市場参入ベンダの分類
  • 自社事業における新型コロナウイルス感染症の影響
  • 顧客における新型コロナウイルス感染症の影響
  • 機能連携の方向性に関するポジショニングマップ
  • 参入ベンダにおける他社製品とのAPI連携の方向性
  • 参入ベンダにおける今後の事業展開と基本戦略
  • 参入ベンダにおけるHCM市場の展望
  • 人事部門が抱える課題と解決の方向性
  • ニューノーマル時代の人事部門に求められる解決策
  • ニューノーマル時代に求められるHRテクノロジーの方向性
  • クラウド労務管理ソリューションの主な機能
  • クラウド労務管理ソリューションの主要ベンダ
  • オフィスステーションシリーズの全体像
  • 日立人財データ分析ソリューションの全体像
  • NEC HR Tech クラウドの機能
  • HCMのライセンス売上高推移(2019~2025年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • HCMのライセンス売上高推移(2019~2025年予測)(ベンダ出荷価格ベース)
  • HCMの総売上高推移(2019~2025年予測)(ベンダ出荷価格ベース)
  • ユーザ企業の従業員数規模別HCMのライセンス売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 大手企業/SMBにおけるHCMのライセンス売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 業務ソリューション別HCMの売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 業種別HCMの売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • HCMの提供形態別売上高推移(2019~2021年予測)(エンドユーザ渡し価格ベース)

■総市場におけるHCMのライセンス売上高シェア(2019~2021年予測)

  • 総市場におけるHCMの売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 総市場におけるHCMの売上高シェア(ベンダ出荷価格ベース)
  • 総市場におけるHCM総売上高シェア(ベンダ出荷価格ベース)
■大手企業向けHCMのライセンス売上高シェア(2019~2021年予測)
  • 大手企業向け(従業員数1,000人以上)HCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 大手企業向け(従業員数3,000人以上)のHCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
■SMB向けHCMのライセンス売上高シェア(2019~2021年予測)
  • SMB向け(従業員数999人以下)HCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 向け(従業員数299人以下)HCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
■タレントマネジメントシステムのライセンス売上高シェア(2019~2021年予測)
■業種別HCMのライセンス売上高シェア(2019~2021年予測)
  • 加工組立製造業向けHCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • プロセス製造業向けHCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 流通業向けHCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • サービス業向けHCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)
  • 金融業向けHCMのライセンス売上高シェア(エンドユーザ渡し価格ベース)

 

■株式会社HRBrain
■SAPジャパン株式会社

  • SAP Success Factors HXM Suiteのパートナー企業
■株式会社カオナビ
  • カオナビの標準機能一覧
■株式会社クレオ
  • ジームクラウドの概要図
■株式会社サイダス
  • CYDAS事業の製品一覧
■株式会社電通国際情報サービス
  • POSITIVEのモジュール構成
■東芝デジタルソリューションズ株式会社
  • Generalistの機能一覧
■株式会社日進サイエンティア
  • Smart Companyのモジュール一覧
■日本オラクル株式会社
■株式会社ネオキャリア
  • jinjerの機能一覧
■株式会社パーソル総合研究所
  • HITO-Talentの全体像
■パナリット株式会社
  • パナリットの全体像
■株式会社日立製作所
  • 日立人財データ分析ソリューションの全体像
■株式会社日立ソリューションズ
  • リシテアのモジュール一覧
■株式会社プラスアルファ・コンサルティング
  • タレントパレットの全体像
■株式会社Works Human Intelligence
■ワークデイ株式会社

 

■株式会社HRBrain
■SAPジャパン株式会社
■株式会社カオナビ
■株式会社クレオ
■株式会社サイダス
■株式会社電通国際情報サービス
■東芝デジタルソリューションズ株式会社
■株式会社日進サイエンティア
■日本オラクル株式会社
■株式会社ネオキャリア
■株式会社パーソル総合研究所
■パナリット株式会社
■株式会社日立ソリューションズ
■株式会社プラスアルファ・コンサルティング
■株式会社Works Human Intelligence
■ワークデイ株式会社

▲小見出し一覧に戻る

 

関連リンク

■レポートサマリー
データ分析関連人材規模に関する調査を実施(2020年)
DX(デジタルトランスフォーメーション)に関する動向調査を実施(2020年)

■同カテゴリー
[エンタープライズ]カテゴリ コンテンツ一覧
[ソフトウェア]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る

 

オリジナル情報が掲載されたショートレポートを1,000円でご利用いただけます!

同タイトル、市場調査資料の一部の内容について、概要をまとめたリーズナブルな調査資料です。
※プレスリリースに以下の情報が追加されています。
  • セグメント別の動向
    • ピープルアナリティクス市場
  • 注目トピックの追加情報
  • 将来展望の追加情報
以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

利用方法を確認する


調査要綱

調査対象:HCM提供事業者
調査期間:2020年12月~2021年4月
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話取材、ならびに文献調査併用

※HCM市場とは:HCMとは、HCM(Human Capital Management:人材管理)の概念を実現するための各種システム製品である。
本調査におけるHCMライセンス市場規模は、人事・給与システム、タレントマネジメントシステム、ピープルアナリティクス等の機能を持つシステム製品を対象として、HCM提供事業者のライセンス売上高(エンドユーザ渡し価格ベース)とクラウドサービス売上高等を合算し、算出した。
​但し、コンサルティング・SI、保守サポートなどの関連売上高は含まない。

<市場に含まれる商品・サービス>
人事・給与システム(人事管理、給与管理、就業管理、承認・ワークフロー等)、タレントマネジメントシステム(人材情報管理、採用管理、目標管理、要員計画、報酬管理等)、ピープルアナリティクス

関連マーケットレポート
星 裕樹(ホシ ユウキ) 研究員
業界の方々、お客様と信頼関係を築くことが何よりも重要だと考えています。 「足で稼ぐ」をモットーに知見や情報を積み重ね、市場の実態把握と将来像の予測分析に努めてまいります。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422