矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2020.11.25

電子契約サービス市場に関する調査を実施(2020年)

2019年の電子契約サービスの市場規模は前年比74.4%増の68億円。テレワークの広がりで認知、必要性が拡大し、2020年は100憶円超の市場へ成長を予測。

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の電子契約サービス市場を調査し、市場概況やサービス参入企業の動向、普及動向、将来展望を明らかにした。

「電子契約サービス市場に関する調査を実施(2020年)」 小見出し一覧

【図表:電子契約サービス市場規模推移・予測】

図表:電子契約サービス市場規模推移・予測
  • 矢野経済研究所調べ
  • 注:事業者売上高ベース
  • 注:2020年以降は予測値
  • 注:表内のCAGRは、2017年から当該年までの年平均成長率

 

電子契約サービス市場の概況

2019年の国内電子契約サービス市場規模は、事業者売上高ベースで前年比74.4%増の68億円と推計した。電子契約サービスそのものや、その信頼性に問題が無いことなどに対する認知が広がっており、また雇用条件通知書が電子化されたことなどから、市場は順調に成長している。

▲小見出し一覧に戻る

 

電子契約サービス市場の注目トピック

■電子契約サービスの全社導入が進む
新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年4月に、GMOインターネットグループが顧客が手続する際の印鑑廃止と、取引先との契約を電子契約のみとすることを表明したことは、電子契約サービス業界に大きなインパクトを与えた。これに続いた企業も数多くあったと推測する。そのため、2020年上期には電子契約サービスを採用する企業や、サービスの適用範囲を広げた企業が急増した。
規模別に採用企業をみると、やはり大企業の導入が中心だが、中小企業における導入/検討も進んでいる。中小企業のデジタル化は思うようには進展していないところもあるが、コロナ禍により、電子契約サービスをトップダウンで進める企業が増えたことも追い風になっている。

また、電子契約サービス導入による影響は法務部門だけが受けるものではないため、社内向けの文書から利用開始するなど、かつてはスモールスタートが主流であった。しかし、コロナ禍でのんびりと構える余裕はなくなり、最初から全社導入する企業も増加基調にある。また、スモールスタートだとしても、導入段階から全社導入が視野に入っているところが増えている。さらに、大企業の場合、かつては導入までに1年以上要することもあったというが、今は3~6カ月程度で導入するケースが多く、中小企業の場合は2~3カ月、またそれ以下の期間で導入する企業もあるという。電子契約サービスの情報収集から実際に導入するまでの期間が、短縮傾向にあると言える。

▲小見出し一覧に戻る

 

電子契約サービス市場の将来展望

2020年に入ると、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が急速に広がる一方で、書類の処理やハンコを押すために出社しなければならない事態に直面し、BCP(事業継続)の観点からも電子契約サービスが注目されるようになった。
2020年5月に法務省が取締役の議事録作成に必要な取締役と監査役の承認について、クラウドを活用した電子署名が会社法上も有効であることを経済界に周知した他、同年6月に内閣府や法務省、経済産業省が契約書への押印不要の見解を示したことなども電子契約サービス普及の追い風になっている。その結果、電子契約サービスの導入/検討を進める企業は増加基調にあり、2020年の電子契約サービス市場規模は、事業者売上高ベースで前年比58.8%増の108億円に達すると予測する。

もっとも、電子契約サービスの導入は、部門・部署を跨いだ横断的なプロセスや、社内規程、契約文言の見直し、また相手方に理解を求める必要もあることなどから、2020年は情報収集や導入に向けた準備期間とし、2021年に本格導入を目指す企業も多い。そのため、2021年の同市場はさらに伸長し、前年比62.0%増の175億円に達する見通しである。市場には、未だ電子化されていないホワイトスペースが多いこと、導入形態が部門導入から全社導入に移りつつあることなども市場の成長を後押しする要因となり、電子契約サービス市場は2017年から2024年までのCAGRが37.8%と順調に拡大し、2024年には264億円に達すると予測する

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • 電子契約サービス市場規模(2017~2024年予測)
  • 電子契約サービス市場シェア(2019年/売上高ベース)
  • 電子契約サービス市場シェア(2020年予/売上高ベース)
  • 電子契約の利用状況(2018~2020年比較)
  • 電子契約/電子契約サービスの課題(2019~2020年比較)
  • 業種別 電子契約サービス市場規模(2017~2024年予測)
  • 電子契約サービスと関連性のあるトラストサービス
  • タイムスタンプの発行枚数
  • 国の関与として考えられる手法及びメリット・課題(タイムスタンプ)
  • 国の関与として考えられる手法及びメリット・課題(eシール)

■アドビ株式会社
■株式会社インフォマート

  • BtoBプラットフォーム契約書の主な機能
  • BtoBプラットフォーム契約書の料金プラン
■株式会社コンストラクション・イーシー・ドットコム
  • CECTRUST-Light(概要図)
  • CECTRUST-Lightの主な機能
■株式会社サイトビジット
  • NINJA SIGNの主な特徴
  • NINJA SIGNの主な機能
  • NINJA SIGNの料金プラン
■GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
  • GMO電子印鑑Agree全体図
  • 料金プラン
■セイコーソリューションズ株式会社
  • セイコートラストサービスの領域
  • かんたん電子契約forクラウドの主な機能
■セコムトラストシステムズ株式会社
  • セコムあんしん電子契約スマート(サービス概要)
  • セコムあんしん電子契約スマート利用料金
■ドキュサイン・ジャパン株式会社
■Dropbox Japan株式会社
■日鉄ソリューションズ株式会社
  • CONTRACTHUB@absonne の構成
  • KENCHUB(サービスイメージ)
■ペーパーロジック株式会社
  • paperlogic電子契約の主な特徴
■弁護士ドットコム株式会社
  • クラウドサインの価格/機能
■株式会社Holmes
  • ホームズクラウドのカバー範囲
■リーテックス株式会社
  • リーテックスデジタル契約R(概要図)
  • 料金プラン
■株式会社ワンビシアーカイブズ
  • WAN-Signの概要図
  • 料金プラン

▲小見出し一覧に戻る

 

関連リンク

■レポートサマリー
リーガルテック市場に関する調査を実施(2019年)

■同カテゴリー
[ソフトウェア]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る

オリジナル情報が掲載されたショートレポートを1,000円でご利用いただけます!

同タイトル、市場調査資料の一部の内容について、概要をまとめたリーズナブルな調査資料です。
※プレスリリースに以下の情報が追加されています。
●セグメント別の動向
  業種別の動向
●注目トピックの追加情報
●将来展望の追加情報
以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

利用方法を確認する


調査要綱

調査対象:国内電子契約サービス関連事業者等
調査期間:2020年8月~10月
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング調査併用

※電子契約サービス市場とは:本調査における電子契約サービスとは、Web上で電子ファイルに押印・署名するなどして契約を締結できる製品/サービスを指す。製品/サービスによっては、契約書以外の書類にも対応し、契約書の作成・管理や契約業務の管理なども可能になる。市場規模は、電子契約サービスベンダの事業者売上高ベースで算出した。

<市場に含まれる商品・サービス>
契約作成・締結・管理に関する、電子契約製品/サービス

関連マーケットレポート
小山 博子(コヤマ ヒロコ) 主任研究員
直接お話を聴かせて頂ける機会を大切にしています。冷静かつ緻密な分析を行い、有意義な情報のご提供をさせて頂きますとともに、「やって良かった」と思って頂ける調査のご提案を致します。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422