矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

アナリストオピニオン
2017.02.08

遠隔監視業務は次世代モニタリング(ITモニタリング)に移行する

次世代モニタリング(ITモニタリング)とは

次世代モニタリングとは、近年注目されるIoTテクノロジーを活用した遠隔監視の仕組みと規定する。そこでの要素技術は、「センサーシステム/センサーネットワーク、M2M/IoT、クラウド、ビッグデータ、解析・アナリティクス」など。
次世代モニタリングは、機器・設備の保全/メンテナンス(CBM、予防保全、故障予知など)を中心に、健康管理(ヘルスケアモニタリング、現場作業者の健康管理など)、安全管理(セーフティモニタリングなど)といった領域での需要拡大が期待される新たなテクノロジーである。
次世代モニタリングに関しては、各種要素技術の進展も相まって、2013年頃から実証を中心とした導入が始まっているが、現状での普及は限定的である。
次世代モニタリングのポテンシャルが大きくなった背景には、そこで適用されるITテクノロジー(要素技術)の進展が大きい。その中でも‘解析・アナリティクス’がポイントになる。
例えば、工場・製造現場における保全方式の変化(事後保全/時間基準保全→状態基準保全へのシフト)は、センシング技術の高度化やクラウドの普及とともに、ビッグデータ/アナリティクス技術の進展が大きな推進力となった。

尚、遠隔監視とIoT、次世代モニタリングの相関は下図の通りである

【図表:遠隔監視と次世代モニタリング(ITモニタリング)の関係】

【図表:遠隔監視と次世代モニタリング(ITモニタリング)の関係】

矢野経済研究所作成

様々な業界から次世代モニタリングへのアプローチが進む

■工場・製造、社会インフラ・防災、(作業者の)健康管理/ヘルスケアモニタリングを有望視

次世代モニタリングが注目を集める中、ITベンダー/SIerを始め、通信事業者、計測機器・産業機器メーカー、FA・ロボットメーカー、監視機器メーカーなどが、IoTテクノロジーを活かした次世代モニタリングビジネスへのアプローチを強化している。
遠隔監視と次世代モニタリングの相関は前述した通りであるが、遠隔監視業務へのIoT適用による価値の創出は、収集データを解析する部分がKeyWordになっており、この解析部分が次世代モニタリングでの価値を生む源泉である。
以上の次世代モニタリングの特性を踏まえた上で、今後有望視される領域を考察する。

次世代モニタリングでは現在、「保全・維持管理」「健康管理/安全管理」での利活用が期待されており、これを勘案すると、「工場・製造」「社会インフラ・防災」「(作業者の)健康管理/ヘルスケアモニタリング」が有望であると評価できる。特に、データに対する価値を理解している工場・製造は期待が大きいと考える。

次世代モニタリング事例:設備保全の変遷

■事後保全から時間基準保全(TBM)、さらには状態基準保全(CBM)/予知保全への流れ

次世代モニタリング活用によるビジネス変化の代表例として、工場の設備保全について考察する。
工場の設備保全では、従来の事後保全から時間基準保全(TBM)、さらには状態基準保全(CBM)への移行があり、最近では予知保全・故障予知への期待が高まる。
特に注目されるCBMでは、欧米の航空業界や電力業界において先行しているが、日本の工場・製造業では、一部の先進工場や実証・実験的に導入している大工場などを除くと、まだ黎明期にある。そしてCBMを実現する基盤に次世代モニタリングが存在する。ここで過去から現在、さらには将来における設備保全の変遷を記す。

【図表:設備保全の変遷】

【図表:設備保全の変遷】

矢野経済研究所作成

CBMを実現するためには遠隔監視がポイントである。そしてそれを「低コスト・大規模・迅速・柔軟」に実現するためには、IoTベースの次世代モニタリングが不可欠と考える。併せてCBMでは、予知技術も求められ、収集データを解析して機器・設備の状態を判断・評価する‘ビッグデータ/解析・アナリティクス’技術がキーワードになる。

このように、実効性のあるCBMの実現には「次世代モニタリング」と「ビッグデータ/解析・アナリティクス」の両輪が不可欠と考える。

関連リンク

■レポートサマリ
次世代型モニタリングの可能性調査を実施(2016年)

■アナリストオピニオン
センサーネットワークは社会インフラ化する

関連マーケットレポート
早川 泰弘(ハヤカワ ヤスヒロ) 上級研究員
産業調査/マーケティング業務は、「机上ではなく、現場を回ることで本当のニーズ、本当の情報、本当の回答」が見つかるとの信念のもと、関係者各位との緊密な関係構築に努めていきます。日々勉強と研鑽を積みながら、IT業界の発展に資する情報発信を目指していきます。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422