矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

2018.10.23

【入眠を手助けするコミュニケーションロボット ネモフ】

ロボットのアプリケーションや対話型サービスの開発を行ってきたパルスボッツ株式会社は、睡眠サポートロボット「ネモフ」を発表した(10/15)。

まず、パルスボッツの代表取締役 美馬直輝氏は、「利用者がすぐにコミュニケーションロボットの使用に飽きてしまうことを防ぐため、一定の役割を与えるべきである」と述べた。そのため、美馬氏は「ネモフに『眠りのおとも』という役割を与え、利用者の入眠の促進をめざす」と続けた。ぬいぐるみのような外見をしたネモフとのコミュニケーションは、利用者の就寝前の孤独や寂しさを癒し、安心感とリラックス効果をもたらす。主な利用者層としては、一人暮らしをする20-30代の女性を想定しているとのことである。

現在、同社は、ネモフのクラウドファンディングを通じた資金調達と限定100体の予約受付を行っている(https://www.makuake.com/project/nemoph/)。

以下にネモフの機能について記載する。利用者が所定の回数なでる、または話しかけることで、ネモフは下記の機能を実行できる。

①時報

現在時刻を声で教える。

②あいさつ

寝ぼけた感じの返事をする。

③オルゴール

5種類のオルゴールを奏でて、利用者をリラックスした状態にいざなう。

④不思議なおはなし

16種類の不思議なおはなしをゆっくりと発声する。なお、ストーリーの内容はすべてオリジナルである。

⑤目覚まし

ネモフ自体が揺れながら音楽を流し、利用者の目覚めを促す。

今のところネモフはネットワークに接続していない。しかし、今後同社はクラウドとの連携などを通じて、会話のバリエーション追加や機能拡張を検討している。

____________

ネモフが睡眠の時間・質を記録するスマートフォンアプリと連携できるようになれば、睡眠がどれだけ改善したかを数値化・可視化しやすくなるだろう。(井上 圭介)

※写真はパルスボッツ株式会社 代表取締役 美馬直輝氏とネモフ

井上 圭介(イノウエ ケイスケ) 研究員
リサーチ・コンサルティング業務に携わることで、お客様のお役に立てればと思います。 調査を通じて、価値のある情報を発見・提供することをめざし、日々精進してまいります。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422