矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2022.01.14

音声認識市場に関する調査を実施(2021年)

音声認識技術の新たな用途として電話営業の記録・分析への注目度が高まっている。今後はDXを支援する技術として利用が進む見通し。

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の音声認識市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。

「音声認識市場に関する調査を実施(2021年)」 小見出し一覧

【図表:音声認識市場予測】

【図表:音声認識市場予測】
  • 矢野経済研究所調べ
  • 注:事業者売上高ベース
  • 注:2021年度以降予測値

 

音声認識市場の概況

2020年度の音声認識市場は114億円、2021年度の同市場は131億円(前年度比14.9%増、いずれも事業者売上高ベース)になると予測する。
分野別では最も比率が高いコールセンター/コンタクトセンター分野が好調である。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、非対面の顧客接点であるコールセンターの重要性が高まり投資が増加傾向である。コールセンターのオペレーターの在宅勤務への対応、デジタル技術を使った応対の高度化、人手不足の緩和といったニーズを背景として、音声認識を使った新ソリューションの導入が活性化している。

▲小見出し一覧に戻る

 

音声認識市場の注目トピック

■新たな用途として電話営業の記録・分析への注目度が高まる
音声認識技術の用途として、インサイドセールス・電話営業の会話記録と分析が注目され、新たなソリューションの提供が進んでいる。会話を自動的にテキスト化し、SFA(Sales Force Automation)やCRM(Customer Relationship Management)への入力業務を省力化することに加え、データ分析によってセールスパーソン及び営業組織の会話内容や傾向を分析し、営業力強化や営業スキル育成を支援する。
コロナ禍で在宅勤務が増え、マネージャが部下の電話を隣で聞いて指導するといった場面が減ったこと、Web会議の利用により録音環境が向上し記録を取りやすくなったことの両面から関心が高まっている。

▲小見出し一覧に戻る

 

音声認識市場の将来展望

音声認識市場は、2022年度以降も好調を維持する見通しである。2020年度から2025年度までのCAGRが16.4%で成長し2025年度には244億円に達すると予測する。
ビジネス全般でオンライン化が進展し、音声データの利用場面が増えていること、世界的なAI技術の進化によりいっそうの精度向上や用途拡大が見込めることなどが追い風になる。日本国内では、少子高齢化と労働力不足が深刻な課題であり、音声入力による省力化や働き方改革のニーズは高まり、DXを支援する技術の一つとして活用が進む見通しである。

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • 音声認識技術の進展
  • 音声認識の周辺技術例
  • 音声認識に関連する技術例
  • 音声認識の利用場面
  • アドバンスト・メディアのソリューション一覧
  • 音声認識市場の定義
  • 音声認識市場の推移(2020年度~2025年度予測)
  • 音声認識市場の分野
  • 音声認識市場(分野別)の推移(2020年度~2025年度予測)
  • 音声認識市場分野別の比率推移(2020年度~2025年度予測)
  • 音声認識ソリューションの主なプレイヤー
  • 音声認識市場シェア(2020年度)
  • コールセンターサービス市場規模推移・予測
  • コンタクトセンターソリューション市場推移
  • 対話型AIシステムの市場規模(2019年~2024年予測)
  • 総合物流施策大綱(2021年度~2025年度)概要
  • スマート農業とは
  • 株式会社アドバンスト・メディア
  • NTTコミュニケーションズ株式会社
  • NTTテクノクロス株式会社
  • 株式会社ギークフィード
  • Kore.ai Japan合同会社
  • 東芝デジタルソリューションズ株式会社
  • 株式会社ネクストジェン
  • 富士通株式会社
  • 丸紅情報システムズ株式会社
  • 株式会社RevComm

▲小見出し一覧に戻る

 

関連リンク

■レポートサマリー
中国AI市場に関する調査を実施(2020年)
業種別AIの導入状況に関する法人アンケート調査を実施(2018年)
対話型AIシステム市場に関する調査を実施(2018年)

■アナリストオピニオン
あなたの企業はAIを使っている?「導入率2.9%」の実態と普及に向けた課題
画像認識技術はなにができる?AI技術のビジネスへの活用法
ブームの最中にあるAI(人工知能) 2017年~2020年の真の実用性を考える
人工知能はビジネスをどう変える? AI社会の到来を分野別に予測
音声認識で生活は変わるか?

■同カテゴリー
[テクノロジ/デバイス]カテゴリ コンテンツ一覧
[エンタープライズ]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る

 

オリジナル情報が掲載されたショートレポートを1,000円でご利用いただけます!

同タイトル、市場調査資料の一部の内容について、概要をまとめたリーズナブルな調査資料です。
※プレスリリースに以下の情報が追加されています。
  • 注目トピックの追加情報
    • 医療・介護業界で音声認識技術の導入促進が期待される
  • 将来展望の追加情報
以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

利用方法を確認する


調査要綱

調査対象:国内で音声認識技術及び音声認識技術を使った業務ソリューションを開発・提供する企業
調査期間:2021年6月~12月
調査方法:当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、ならびに文献調査併用

※音声認識市場とは:本調査における音声認識市場とは、音声認識エンジン・音声認識に関連するソフトウェアおよびサービス、音声認識を利用するハードウェア(国内音声認識ベンダーが販売するマイク、スピーカー、HMD、スマートグラスなどを含む)を対象とした。

<市場に含まれる商品・サービス>
音声認識技術を使ったコールセンター/コンタクトセンターソリューション、議事録作成支援ソリューション、音声入力ソリューション、音声チャットボットなど

関連マーケットレポート
小林 明子(コバヤシ アキコ) 主席研究員
変化の早いIT市場において、皆様や業界のお役に立ち指針となるよう、独自の情報を発信していきたいと考えています。市場調査はもとより、販売促進やマーケティングのご相談、情報交換などお声掛け下さい。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422