矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2018.01.10

国内コネクテッドカー関連市場に関する調査を実施(2017年)

国内のコネクテッドカー関連市場規模は2025年には2兆円規模に成長と予測。

「国内コネクテッドカー関連市場に関する調査を実施(2017年)」 小見出し一覧

 

コネクテッドカー関連市場概況と予測

【図表:国内コネクテッドカー関連市場規模推移と予測】

【図表:国内コネクテッドカー関連市場規模推移と予測】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:2017年以降は予測値、2025年の前年比は2020年比
  • 注:B2C市場、B2B市場は事業者売上高ベース、研究開発投資はOEM等の投資金額ベース
  • 注:四捨五入のため、表内データの合計、比率が一部異なる

従来、コネクテッドカーの市場は、「T-Connect」や「G-Link」、「NissanConnect」、「インターナビ」などB2C領域のテレマティクスサービスが該当すると考えられてきた。こうしたカーナビやスマートフォンを利用するインフォテインメント(情報・娯楽)・サービスであるB2C市場もコネクテッドカーの市場に含まれるが、実際には自動運転カーとEVの時代に対応すべく、コネクテッドカーは走行データの収集や解析を中心とするものに変化してきており、コンシューマ(消費者)の目には見えにくいB2B市場や研究開発投資の領域で大きく成長してきている。

2016年の国内コネクテッドカー関連市場規模は3,980億円で、そのうちB2C市場が712億円、B2B市場は1,850億円、研究開発投資は1,418億円と推計した。

今後、従来サービスに加え、通信ユニット(TCU:Telematics Communication Unit)を搭載したコネクテッドカーが増加し、新たなサービスが伸張し、研究開発投資が行われることで、2020年の国内コネクテッドカー関連市場規模は1兆円規模に拡大すると予測する。また、コネクテッドカーの増加、プローブ情報を使ったサービスやクラウドADASのサービス等(上表参照)が利用されていくことから、2025年の同市場規模は2020年の約2倍の2兆円規模となると予測する。

▲小見出し一覧に戻る

 

16分野別コネクテッドカー関連市場の概況 

国内コネクテッドカー関連市場規模の算出に当たり、下記のように市場を16分野に分類し、概要をまとめた。それぞれの分野において、B2C事業やB2B事業の事業者売上高、OEMや機器メーカー、各種製品ベンダでの研究開発投資が発生し、コネクテッドカー関連市場は成長していくことになる。

【図表:国内コネクテッドカー関連市場 16分野の概要】

【図表:国内コネクテッドカー関連市場 16分野の概要】
  • 矢野経済研究所作成

※参考情報
eコクピット世界市場に関する調査を実施(2016年)」 2017年1月23日発表
車載ソフトウェア市場に関する調査を実施(2017年)」 2017年6月19日発表

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

第Ⅰ章.国内コネクテッドカー市場16分野別2025年予測

  • 国内コネクテッドカー総市場推移(2015~25年,B2C/B2B/研究開発投資)
  • コネクテッドカーの3市場別定義
  • 日本のコネクテッドカー市場
  • コネクテッドカー業種別アプリ16分野の概要
  • 世界の自動車新車販売台数予測(2015年~2020年/2025年)
  • 世界のコネクテッドカー搭載比率予測(2015年~2020年/2025年)
  • 世界の地域別 コネクテッドカー(TCU/eCALL)搭載比率予測(2017年/2025年)
  • コネクテッドカーのアプリテーマ別
    • 提供者/利用者、対象、ビジネス、収益構造など
    • 対象となる車両数割合(コネクテッドカーの内、何%にアプリが搭載されているか)
    • 対象となる項目数(各年のコネクテッドカー台数×アプリ搭載比率)
    • 対象となる項目の単価(車両1台ごとのアプリの販売金額単価/研究開発投資額単価)
    • 対象となる項目の市場規模
  • コネクテッドカー市場中分類での分析
    • 研究開発投資,16分類,2015~25年,国内)
    • 16分類+3区分,2015~25年,国内)
    • プローブ情報、クラウドADAS,3区分,~25年)
    • クラウドHMI、ダイナミックマップ,3区分,~25年)
    • 自動運転クラウド、テレマティクス,3区分,~25年)
    • テレマティクス保険、OTA,3区分,~25年)
    • 緊急通報、V2X/ブロックチェーン,3区分,~25年)
    • 情報提供、付加価値車両販売,3区分,~25年)
    • 通信機能付きカーナビ/DA,3区分,~25年)
    • 統合型コクピット、バーチャルコクピット,3区分,~25年)
  • コネクテッドカー市場の詳細分類
  • プローブ情報の提供者別市場推移(2015~25年)
  • クラウドADASの提供者別市場推移(2015~25年)
  • クラウドHMIの提供者別市場推移(2015~25年)
  • ダイナミック・マップの提供者別市場推移(2015~25年)
  • 自動運転用クラウドサービスの提供者別市場推移(2015~25年)
  • テレマティクスを介した情報提供・入手の提供者別市場推移(2015~25年)
  • テレマティクス自動車保険の提供者別市場推移(2015~25年)
  • OTAの提供者別市場推移(2015~25年)
  • 緊急通報の提供者別市場推移(2015~25年)
  • V2Xブロックチェーン技術利用の提供者別市場推移(2015~25年)
  • コネクテッドカー市場の分類(ユーザーからの情報提供)
  • 付加価値車両の販売市場の詳細と推移(2015~25年)
  • 国内のカーナビ販売台数予測(2015年~2020年/2025年)
  • (通信機能付)カーナビ搭載率推移
  • 乗用車中(通信機能付)DA搭載率推移
  • eコクピット(全通信機能付)搭載率推移
  • バーチャルコクピット(全通信機能付)搭載率推移
  • 2017年国内コネクテッドカー市場16分類別市場規模
  • 2025年国内コネクテッドカー市場16分類別市場規模
  • 自動車メーカー(OEM)のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • 自動車部品メーカーのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • クラウドベンダのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • 電子部品ベンダのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • 通信関連事業のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • 地図関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • IT関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • カーナビ関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • インフラ関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • セキュリティ事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • 保険事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • 利用者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)
  • 事業者別(12事業者)コネクテッドカー市場規模推移(2015~25年)
  • 事業者別(12事業者)コネクテッドカー市場シェア(2016年見込/2025年予測)

第Ⅱ章.世界コネクテッドカーのアプリ分野別市場実態と将来

  • カーエレクトロニクスの階層別OS・PF/内容/強いビジネス階層
  • お金の流れの視点から見た自動車産業の構造
  • 世界の自動車新車販売台数予測(2015年~2020年/2025年)
  • 世界のコネクテッドカー搭載比率予測(2015年~2020年/2025年)
  • 世界のコネクテッドカー搭載台数予測(2015年~2020年/2025年)
  • カーナビの進化
  • AMラジオ/FMラジオ
  • 主な自動車メーカによるインフォテイメントプラットフォーム
  • 日立クラリオングループのテレマティクス
  • OEMテレマティクスセンターのグローバル化
  • 自動運転クラウドサービスのエコシステム
  • 自動車用地図の未来予測
  • 地図ベンダのビジネスモデル
  • コネクテッドカーの地図活用システム
  • 欧州の地図フォーマット
  • 世界の乗用車TCU搭載実数からみたプローブサービス市場予測
  • プローブデータ解析によるテレマ・アプリ
  • OEMテレマティクスセンターのグローバル化
  • 中国自動運転カーの主要プレーヤ相関図
  • クラウドADAS(車載機→ビッグデータ解析)に用いられる車両情報
  • クラウドADASの概念図
  • クラウドHMI、ドライバモニタリング異常検知時の対応
  • 世界の乗用車TCU搭載実数からみたOTA/遠隔故障診断サービス市場予測
  • OTAシステムの構造図
  • OTAソフト更新が提供する価値
  • 海外OTAプレーヤ
  • 日本と西欧5カ国のeCall搭載実数・比率
  • HELPNETサービスの仕組み
  • V2Xによるテレマティクス・アプリ
  • V2Xにおけるテレマティクス市場構造
  • 米国におけるV2X通信関連政策・法規制の進化
  • V2X通信・eCall等
  • V2Xと5G ×TCUとスマホ+DA
  • バックエンド(BE)システム
  • システム構成図
  • サプライチェーン別サイバーセキュリティの脅威
  • セキュリティ対象の範囲
  • 世界のテレマティクス保険加入者数推移
  • 米国OBD活用テレマティクス保険の市場構造
  • AIGテレマティクス現行プログラムと実施予定のプログラム
  • 国内各社のテレマティクス自動車保険(個人向けリテール)
  • 国内各社のテレマティクス自動車保険(法人向けフリート)
  • クルマのシェアリングサービスの種類
  • 自動運転制御技術への応用(例)

…ほか

▲小見出し一覧に戻る

 

関連リンク

■レポートサマリー
eコクピット世界市場に関する調査を実施(2016年)
車載ソフトウェア市場に関する調査を実施(2017年)

■アナリストオピニオン
「オートモーティブワールド2018」レポート
コネクテッドカー時代はロックでやってみましょう!

■同カテゴリー
[ネットビジネス]カテゴリ コンテンツ一覧
[ソフトウェア]カテゴリ コンテンツ一覧
[ITS]カテゴリ コンテンツ一覧
[グローバル・海外]カテゴリ コンテンツ一覧


調査要綱

調査期間:2017年5月~10月
調査対象:国内・海外の自動車メーカー(OEM)、カーエレクトロニクス機器メーカー、クラウドベンダ、電子部品ベンダ、IT・通信関連事業者、地図ベンダ、セキュリティ事業者、損害保険事業者、及びコンサルタント等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

コネクテッドカーとは:本調査におけるコネクテッドカーとは、自動車のIoT化により、センサーと内部のネットワークにより実現できることだけでなく、クラウドと接続することにより、様々な情報サービスを受ける事が可能になり、快適性や安全性の向上が実現されるシステム、及びアプリケーションを指す。

関連マーケットレポート
森 健一郎(モリ ケンイチロウ) 主席研究員
市場の分析は、数字だけには留まりません。得られた数字の背景には、開発担当のパッションや、販売担当のため息、消費者の感覚の変化・・・など様々な人間くささがあります。こうした背景を踏まえたコメントを丹念に拾い、市場の将来像を予測分析していきたいと考えています。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422