矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

アナリストオピニオン
2018.05.24

新しい自動車所有方法?米国で自動車のサブスクリプションサービスが拡大

米国では、UberやLyftなどのライドシェアサービスの利用が拡大して、さらにカーシェアが浸透する今後の社会では、自動車販売台数が影響を受けるとの懸念が広がってい る。一方で、新たなテクノロジーが次々に導入される自動車は価格が上昇しているのに加え、購入者はセダンよりもクロスオーバーを選ぶなど以前よりも高額な自動車が売れている。
今後は「所有から利用へ」ということで、カーシェアも急浮上しているが、常に自分専用の自動車が利用可能である「所有」に対する安心感はいまだ根強い。
こうした自動車が高額化する背景もあって、自動車購入にローンよりもリースが選ばれる傾向が高まっており、米国の新車購入者の3割がリースを利用しているという。燃費性 能の向上、ハイブリッドやダウンサイズエンジン、ハイブリッドやEV等パワートレインの進歩、車載カメラや自動ブレーキなど安全装置の進歩、車載インフォテイメントのス マホ連携やコネクティビティなどといった近年のテクノロジーの進歩のスピードに追い付くためには、3年で乗り換える方が得策だと考えるドライバーが増えたためとみられて いる。

こうしたなか、自動車の新しい所有形態として「サブスクリプション」が広がりつつある。サブスクリプションサービスは、カーメーカーにとっても新たな収益獲得方法とし て試されている方式である。
キャデラックは、どの車種にでも乗り替えできるサブスクリプションサービス「book by Cadillac」を展開。月額1,800USドルに登録費用や税金、保険、定期点検・保守などの 車両費用に加え、OnStar(緊急通報、24時間コンシェルジュ)、Sirius XM衛星ラジオ、4G LTE車内Wi-Fiが含まれ、走行距離は無制限で1年間に18台まで車両を交換できる。 従来の自動車リースよりも乗り換えの自由度が高く、レンタカーよりは所有の要素が強いサービスである。提供エリアはニューヨーク、ロサンゼルス、ダラスの3都市。
高級セダンCadillac CTS-Vを頭金ゼロの36か月リースした場合、月額は約1,000USドル/月程度になる。保険料金(米国の自動車保険料は高い)や保守費用を考慮すれば、 1,500USドル/月は法外な価格では無いばかりか、雪が降る地域であれば、冬の間はSUVのEscaladeに交換ということもできる。

Cadillac CTS-V, Book by Cadillac

キャデラックの親会社であるGMでは、自動運転技術のCruise Automation、ライドシェアのSidecar、配車サービスのLyftなどの企業に出資しており、Lyftドライバーを対象 に自動車リースの優遇サービスも提供している。LyftのドライバーがGM車をリースして週に65回以上Lyftのライドシェアを提供するとリース料金が無料になり、実質無料で自 動車を保有することが可能になる(ガソリン代のみ負担)。ライドシェア提供が週に40回以下の場合には99USドル/週+走行距離に応じて20セント/マイルの支払いが必要だが 、ライドシェア提供回数が増えるにつれて走行距離の費用が削減されてゆく仕組みになっている。 なお、GMが立ち上げたカーシェアリングサービスMavenでもUberドライバー向けに車両を179USドル/週で貸し出すサービスも提供している。Mavenは米国内11都市でカーシェア (1時間単位の貸し出し)を展開。

maven.com

フォードは、サンフランシスコエリアで開始したサブスクリプションサービス「Canvas」をロスアンゼルスエリアにも拡大。費用のモデルでは、基本料金50USドル/月+車 両月額329USドル/月(2015年Ford Fiesta)で合計379USドル/月としており、保険やワランティ、ロードサイドアシスタンスと走行距離500マイル/月分が含まれる。Canvasサブ スクリプション期間は1-12カ月までを選択でき、長期間であるほど優遇される制度となっている。OEMが主体となって運営されている他のサービスと異なる点は、Canvasはフォ ード・モーター・クレジット・サービスが主体となって、主にリースアップ車両を提供することで他社に比べて月額を低く抑えている点である。

drivecanvas.com

ポルシェ(ノースアメリカ)では、アプリ上の操作でMacanやBoxsterに乗り換えられるサブスクリプションサービス「Porsche Passport」をアトランタエリアで提供。 Boxster、Cayman、Macan S、Cayenneに乗れる「Launch」プランは2,000USドル/月、911 Carrera S, Panamera 4S, Macan GTS, Cayenne S E-Hybridに乗れる「Accelerate」は 3,000USドル/月としている。両プランとも保険や登録費用、メンテナンス費用を含む。Porsche Passportは、後述するClutchとのパートナーシップで提供されている。

porschepassport.com

BMWも「Access by BMW」をテネシー州ナッシュビルで実験中である。他社同様、保険、メンテナンス、ロードサイドアシスタンスが付帯した車両サブスクリプションサービ スを月額固定で提供するものである。Access by BMWの場合は、車両を無制限に変更することができ、大人数を乗せる必要がある場合にはSUV、週末のドライブにはコンバーチ ブルと必要に応じた車種をその都度アプリから調達でき、コンシェルジュがユーザーの好みのラジオ局などをプリセットしたうえで納車する。
Access by BMWには2段階のメンバーシップが用意されており、基本プランの「Legend」が2,000USドル/月で4シリーズ、5シリーズ、X5 、M2クーペに乗車可能で、上位プランの 「BMW M」は3,700USドル/月でM4コンバーチブル、M5セダン、M6コンバーチブル、X5M、X6Mに乗ることができる。

accessbybmw.com

ボルボのサブスクリプションサービス「Care by Volvo」は、新型SUVのXC40を月額600USドルで提供するものである。費用には、保険、定期点検、消耗品、ロードサイドア シスタンスが含まれる。ただし、2年間のサブスクリプションで、走行距離15,000マイル/年までが割り当てられるが、これを超過すると0.25USドル/マイルの追加料金となる。
また、月額700USドル/月では、9.5インチ縦型ディスプレイのインフォテイメントシステムのSensus Proナビゲーション、ハンズフリー自動リアハッチ、360°サラウンドビュ ーカメラ、ヘッドライトが進行方向に向くアクティブ・ベンディング・ライト(ABL)、20インチホイールなどにアップグレードされたモデルになる。
XC40の初年度の販売台数の10%をサブスクリプションで提供したいとしていたが、すでに4カ月でその数値を達成している模様。

Care by Volvo

Clutchは自動車サブスクリプションサービスを自社で運営するとともに、サブスクリプションサービスのプラットフォームを前述のPorscheやBMWにも提供しているほか、ニュージャージーのFlip Auto、マイアミエリアを拠点とするFlexWheels等、他の地域のカーサブスクリプションサービス事業者にも提供している。

clutchatlanta.com
flipauto.com

FlexWeelsはプレミアムカーを対象としていることもあってか、Clutchの提供するデザインとは異なっている。同社のサブスクリプションサービスでは、Discovery, Premier, Dynamicの3種類の月額設定があり、最も安いDiscoveryの1年プランで1,100USドル/月(Audi A3, Cadillac CTS, Mercedes Benz C300, Jaguar XE)、最も高いDynamicの1年プランは2,600USドル/月(Porsche Panamera, Maserati Quattroporte, Jaguar XJL)としている。

Flexwheels.com

Flexdrive(上記のFlexWheelと混同しやすいが)もまた、米国内3都市(アトランタ、オースティン、フィラデルフィア)でカーサブスクリプションサービスを提供する企 業だが、各地の提携自動車ディーラーから中古車両の供給を受けており、ブランドや車種はさまざまである。Flexdriveでの費用例は、アトランタでは2017年日産Altima(日本のティアナの兄弟車)が219USドル/週、オースティンでは2015年Smart fortwoが114USドル/週、フィラデルフィアでは2016年スバルCrosstrek(日本ではXV)が199USドル/週となっている。1週間だけの利用も可能である。
前述のFord Canvasと同じく提供する車両は中古車だが、Canvasでは長期サブスクリプションを優遇する制度であるのに対して、サブスクリプション期間を1週間単位に設定している。

flexdrive.com

変わり種としてはLessがある。は、従来の3年リースとほぼ同じであるが、リース期間中には年1回車両を変更できる点が異なる。399USドル/年のメンバーシップ料金が 必要だが、Lessが大量契約することで月々のリース料金がディスカウントされることで15%~20%安くなるという。提供車両はBMW、Mercedes Benz、Audi等Lessが選定したプ レミアムカーを対象としている。現時点では、Lessのサービスエリアはサンフランシスコベイエリアのみである。

lessauto.co

Revolveでは、マセラティ、アストンマーチン、ポルシェをはじめとしたプレミアムカーを提供するサブスクリプションサービスを南フロリダエリアで提供している。 2,600USドル/月でスポーツカーやハイエンドSUVを所有できるが、期間は2~4カ月間としている。

driverevolve.com

Borrowは、EVに特化したサブスクリプションサービスだが、車両の所有はBorrowにとどまるためレンタルサービスに近い。2種類のプランがあり、低価格プランの「City」 では日産リーフかFiat 500eを選ぶことができ、3カ月間で499USドル/月、9カ月間で399USドル/月である。「Premium」プランでは、BMW i3かVolkswagen eGolfが選択でき、3カ 月間624USドル/月、9カ月間524USドル/月である。「Platinum」プランとしてTesla Model Sを含むプランも準備中である。プランにはメンテナンスやロードサイドアシスタン スは含まれているが、保険は別である。Borrowの提供エリアはロスアンゼルスのみで、車両は中古車である。

Fairは、長期間のリース契約なしで自動車を持てるファイナンスを提供するサービス。運転免許証のスキャンから信用調査を行い、融資可能枠に相応しいエリア内の車両リ ストを提示するまで、手続きの全工程がスマートフォン上で完結する。

Carmaは、自動車サブスクリプションサービスの提供と同時に、サービスプラットフォーム、コンサルティングサービスも提供している。Carmaでは、保険やメンテナンス、 ロードサイドアシスタンスの費用が含まれた3種類の月額プラン(500マイル:400USドル/月、800マイル:549USドル/月、1,200マイル:599USドル/月)があり、30日ごとに乗り換 えることも可能である。

Yoyoは、走行距離に応じた費用を支払うタイプのサブスクリプションサービス。シリコンバレーのパロアルトを本拠としており、サービスは依然準備中である。

こうした動きは米国だけではない、Droverはイギリスロンドンを拠点とするカーサブスクリプションサービスである。保険から税金、メンテナンスなど一切を月額固定サー ビスで提供するのは他と同様だが、大手レンタカーやOEMのディーラーとパートナーシップを結ぶことでこれらの企業に在庫として眠る保有車両をマネタイズし、ユーザーには 幅広いブランドや車種の選択肢を提供することに成功している。
コンパクトカー2017年Mini Cooper Dで347ポンド/月、プレミアムカーの2018年Mercedes Benz C-Classで686ポンド/月などとなっている。

レクサスでも新型Lexus UXでサブスクリプションによる提供が予定されており、メルセデスベンツも米国内で「Mercedes-Benz Collection」としてサブスクリプションを実 験する予定である。
アウディがサンフランシスコベイエリアでテスト提供中のモビリティサービス「Audi On Demand」は、1日~28日までの短期間レンタルに近いサービスである。ほかのエリアへ 拡大する計画はまだない。

自動車のサブスクリプションサービスは、自動車ディーラー同様実際にユーザーまで自動車を納車する必要があるため地域密着性が高いことから、今後も各地で提供する事 業者が今後も増加する見通しである。

関連リンク

■同カテゴリー
[ICT全般]カテゴリ コンテンツ一 覧

古舘 渉(フルダテ ワタル) 主任研究員
新規事業コンサルティング部門、上海現地法人、海外部門を歴任し、新規市場開拓のお手伝いには自信があります。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422