発刊レポート一覧

  • HOME
  • YanoICT調査レポート
    • 発刊レポート一覧
    • レポートサマリー
    • ユーザーウォッチ
  • アナリストオピニオン
    • オピニオン一覧
  • サービスメニュー
    • マーケットレポート販売
    • リサーチコンサルテーション
    • 受託調査
      • ケーススタディ
    • マーケティング 戦略立案・実行支援
  • about us
    • Yano ICTについて
      • 事業拠点
    • ご挨拶
    • YanoICTのミッション
    • 事業ドメイン
    • アナリスト一覧
  • メディア掲載実績
  • contact us
    • お問合わせ(調査・コンサルティングのご相談)
    • お問い合わせ(YanoICTサイト)
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

発刊レポート一覧

2017.11.09VOL.1分析編 2017年度版 乗用車向けコネクテッドカーの事業モデル別2025年予測

「2017~18乗用車向けコネクテッドカー市場」レポートは、2つの切り口「市場分析編」と「企業戦略編」で製作を行った。これまで日本のコネクテッドカー市場規模といえば「3年目までは無料なので加入者数は多いが、有料化する4年目前に止めるユーザが多い」などという具合に、「利益を得るための市場としては成立していない」という判断が下されがちであった。たしかに「B2C(企業⇔個人)」領域だけでは、そのように見えてしまうが、「B2B(企業⇔企業)」「研究開発投資」の領域では既にカーナビ市場規模を抜いた。OEM各社はコネクテッドカー技術開発に莫大な投資をしており、それが部品メーカやソフトウェアメーカに大きなビジネスをもたらしている。そこで本調査レポート「市場分析編」では、16分野の事業ごとにどのような「B2C」「B2B」「研究開発投資」が動いており、それが2025年に向けてどのように推移していくのかを予測。詳細な数字にて表現した。第Ⅰ章で国内市場予測を詳細に把握でき、第Ⅱ章の海外動向と合わせ見ることで、世界全体市場が見えるようになっている。自動運転・EVよりも早く訪れるコネクテッドカーという大変化を乗り切るための戦略立案の一助になるものと確信している。

担当者:森 健一郎
詳細はこちら

2017.10.312017年版 DMP/MA市場 ~デジタルマーケティング市場の現状とビジネス展望

MAをはじめデジタルマーケティングツールの導入が進む一方、活用に課題を抱える企業の声を耳にします。本調査レポートでは、ツールの選定・活用のポイントや適用範囲の拡大、周辺マーケティングテクノロジーとの連携などについてデジタルマーケティングツール関連事業者などから話を聞くことで、デジタルマーケティングビジネス拡大に関する有益な情報を提供します。

担当者:小山 博子
詳細はこちら

2017.10.312017 国内企業のIT投資実態と予測

本調査レポートは、国内における民間IT投資市場規模を推定するとともに、国内のIT投資実態について民間企業を中心に調査することで、日本のIT市場の現状及び今後の動向について分析するための基礎資料として活用することが可能です。

担当者:小山 博子
詳細はこちら

2017.10.272017年版 クレジットカード市場の実態と展望

カード業界は、2020年に向けたキャッシュレス化への取組みを一層強化している。2020年に向けて、訪日外国人の増加が予想されており、決済における訪日外国人の利便性の向上がテーマとなっている。それに向けて、決済インフラをどのように整備していくか、がまさに議論されている。また、海外では、スマートフォンの台頭により、スマートフォンを活用した決済ソリューション「Apple Pay」をはじめとしたコンタクトレス決済やFinTech企業の台頭によるUI・UXの変化により、クレジットカード会社の役割が変化していくことが予測される。
本調査レポートでは、カード会社の取組みを網羅的に把握することで、2020年に向けたキャッシュレス化の推進に対する課題を分析し、決済インフラのあり方を展望した。

担当者:高野 淳司
詳細はこちら

2017.10.172017 シェアリングエコノミー市場の実態と展望 ~民泊/カーシェア/駐車場予約/クラウドソーシング・ファンディング~

欧米ではモノ・スペース・乗り物などをシェアするシェアリングエコノミーサービスは既に主流となってきている。日本でも「Airbnb」「Uber」といった海外の大手シェアリングエコノミーサービス事業者が参入してきており、シェアリングエコノミーサービスが浸透してきている。
本調査レポートでは、シェアリングエコノミーサービスの普及による「自動車業界」「タクシー業界」「ホテル・旅館業界」「コインパーキング業界」「テナント業界」「アパレル業界」「人材派遣業界」「BPO業界」「金融業界」などの既存業界への影響を踏まえながら、その方向性を記した。

担当者:石塚 俊
詳細はこちら

2017.10.132017-2018 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の実態と展望

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場へ参入している業界はSIやコールセンター、人材派遣、印刷に加え、コンサルティング、倉庫など多岐にわたる。BPOは欧米と比較すると日本での活用事例は少ないものの浸透しつつあり、国内における人材不足の影響や外資企業の日本市場参入などを背景として今後の需要拡大を期待できる。そのため、多くの事業者がBPOに取り組み、自社のサービス範囲の拡大に努めている。
本調査レポートでは、BPOの「専業者」のみならず、「IT系BPO事業者」、「印刷系BPO事業者」、「コールセンター系BPO事業者」、「会計系BPO事業者」、「事務処理系BPO事業者」、「人事系BPO事業者」、「人材派遣系BPO事業者」、「オフショア系BPO事業者」、「倉庫系BPO事業者」、「福利厚生系BPO事業者」、「DM系BPO事業者」、「営業系BPO事業者」、「マイナンバー対応BPO事業者」、「データ分析BPO事業者」など多様なタイプの「BPO事業者59社」に取材しており、内容の充実化に努めた。
また、今回の調査レポートでは、BPOサービスを「IT系BPO」、「コンタクトセンター」、「ヘルプデスク」、「フルフィルメント」、「人事」、「福利厚生」、「総務」、「経理」、「購買・調達」、「営業」、「コア部門の単純業務」、「業界固有業務」、「その他」の「13セグメント」に分け、市場規模を予測した(2015年度~2021年度)。さらに、「主要BPO事業者」の事業規模及びシェアも推計した(2015年度~2017年度)。そのほか、特集として「マイナンバー対応BPO」、「データ分析BPOサービス」について取り上げ、各々についても市場規模を推計した他、「BPO市場におけるRPA(ロボティック プロセス オートメーション)活用実態」についても取り上げた。

担当者:山口 泰裕
詳細はこちら

2017.09.282017 社会インフラ向けICT市場の実態と展望

  • レポートサマリーを読む

日本国内における社会インフラITビジネスに関して、入札情報・文献調査・企業調査などをもとに、マーケットの現状、事業構造などを踏まえた上で、社会インフラIT市場規模の算出及び2022年度を目処とした社会インフラIT市場予測を行った。対象は、道路、鉄道、空港、港湾、河川関連、ダム関連、水関連(上水道、簡易水道、下水道、浄水場、排水、農業用水など)、防災/警察の8分野。

担当者:早川 泰弘
詳細はこちら