発刊レポート一覧

  • HOME
  • YanoICT調査レポート
    • 発刊レポート一覧
    • レポートサマリー
    • ユーザーウォッチ
  • アナリストオピニオン
    • オピニオン一覧
  • サービスメニュー
    • マーケットレポート販売
    • リサーチコンサルテーション
    • 受託調査
      • ケーススタディ
    • マーケティング 戦略立案・実行支援
  • about us
    • Yano ICTについて
      • 事業拠点
    • ご挨拶
    • YanoICTのミッション
    • 事業ドメイン
    • アナリスト一覧
  • メディア掲載実績
  • contact us
    • お問合わせ(調査・コンサルティングのご相談)
    • お問い合わせ(YanoICTサイト)
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

発刊レポート一覧

2017.12.282018 アフィリエイト市場の動向と展望

近年、スマートフォンの台頭により、ブラウザベースのオンラインショッピングやゲーム利用が中心だったEC市場が、スマートフォンのブラウザやネイティブアプリをベースとしたオンラインショッピングやゲーム利用にシフトしつつあります。その中で、アフィリエイトをはじめとした成果報酬型のインターネット広告のマーケットに関しても、大きく変化が起きており、EC市場の拡大を背景に市場も堅調に推移しており、特にスマートフォン経由の売上が拡大しています。また、アフィリエイト向けSaaSサービスを提供する事業者の台頭により、業界構造が変化しようとしています。
本調査レポートでは、アフィリエイトを中心とした成果報酬型のネット広告の現状の市場実態を明らかにするとともに、将来を展望することを目的としています。

担当者:高野 淳司
詳細はこちら

2017.12.282017年版 FX(外国為替証拠金取引)市場の動向と展望

店頭FX(外国為替証拠金取引)市場は、これまでの法整備やコンプライアンスの徹底と顧客サービスの充実により、投資環境の健全化と適正化及び、顧客利便度の向上が図られてきました。同時に、スマートフォンの普及によって、スマートフォンからの新規口座開設及び取引が一般的になってきており、とても身近な投資商品となりました。依然としてFX投資家の裾野は拡大しています。一方、業界各社では、これまで発生してきた為替相場の変動要因事象を背景に、「リスク管理体制の強化」や「財務基盤の増強」にも取組んできました。今後、各社がどのような戦略をもち、FX市場を成長・発展させていくのか、市場動向やマーケットサイズを踏まえつつ、有力企業を通して各社の戦略や将来展望をまとめました。

担当者:白倉 和弘
詳細はこちら

2017.12.212017年度版 カーナビ/DA/スマホナビ/ITS車載機市場予測

カーナビやカーAVなど情報系システム車載機の姿が変わろうとしている。これまでのDINサイズのカーAVN(オーディオ、ビジュアル、ナビの一体機)に対して、eコクピット、DIN型AVN、ディスプレイオーディオ、スマホナビなどに分散して進化して行きそうな気配だ。カーナビの将来を占うため、そして、今後のカーナビの進化の方向性を探るための調査を実施した。

担当者:古舘 渉
詳細はこちら

2017.12.202018 屋内位置情報ソリューションの可能性展望

我が国におけるインドアロケーション関連市場は、RFID、Wi-Fi、UWB、IMES、可視光通信など数々の測位技術方式にて研究開発が行われてきた歴史を持つ。実際のビジネス展開では、RFIDタグで製造、物流、流通の3分野を中心とした「モノの管理」用途で1990年代後半に市場が立ち上がった。2000年代半ばにはAeroScout社やエカハウ社によって製造現場向けにWi-Fiを利用した位置検知システムの提供が開始された。
一方、2007年の総務省による携帯電話事業者による位置情報通知の義務化、および2008年のiPhone3G発売以来、スマートフォンでのGPS搭載が当たり前の環境となった。2011年にはWi-Fi測位の標準化を背景にGoogleやYahoo!が屋外での地図情報サービスを開始するなど一般消費者ユーザーにおいても、位置情報取得を当然の機能として捉えるようになっている。
本調査レポートは、上記のような最新の屋内位置情報ソリューションの動向と可能性を展望したものである。

担当者:野間 博美
詳細はこちら

2017.12.122017-2018 携帯電話世界市場動向調査-5Gに向かう世界市場と台頭する中国メーカー-

携帯電話市場はペースが鈍化しながらも成長を続けている。携帯電話事業者がビジネスのグローバル化を推進し、特に新興国市場に注力する事で新たな収益基盤を築いている。
携帯電話端末市場はスマートフォンへのシフトが進むものの、コモディティ化が急速に進み、新興国向けの低価格製品の市場が主戦場となっている。
スマートフォンの普及に伴い通信トラフィックが急速に増加しており、先進国のみならず多くの市場で4Gの導入が進められている。
本調査レポートは、2020年の東京オリンピック開催年の2020年を視野に携帯電話世界市場の将来展望を行う事を目的とした。

担当者:賀川 勝
詳細はこちら

2017.12.062017年版 CAD/CAM/CAEシステム市場の中期展望

本調査レポートは、CAD/CAD/CAE市場のプレイヤー92社の製品別売上データを掲載し、日本国内の市場規模、シェアなどを網羅的に把握できる国内唯一の調査レポートです。

担当者:忌部 佳史
詳細はこちら

2017.11.302017年版 交通系ICカードの実態と展望

  • レポートサマリーを読む

交通系ICカード市場では、国土交通省主導で、全国レベルでの相互利用を推進しようとしている。一方で、地方の鉄道会社は相互利用を進めていきたいという想いはあるものの、ランニングコストの高騰が予測されるということもあり、コスト面から相互利用や片利用への意思決定が出来ていない状況となっている。ユーザーの利便性を鑑みると、相互利用に対応した方が望ましい反面、それにより、売上の向上が見込める訳ではないので、結果として、中々進まない状況が続いている。
そこで、交通系ICカードの発行事業者だけでなく、改札機メーカーや運賃箱メーカーのほか、SIerへのヒアリングを実施することで、交通系ICカード業界の現状や課題、今後の在り方を分析し、更なるICカードの発展に寄与していくべく、将来を展望した。

担当者:高野 淳司
詳細はこちら