矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2018.10.10

ワークスタイル変革ソリューション市場の調査を実施(2018年)

ユーザー投資が本格化し市場は堅調に拡大、勤怠管理・ビジネスコミュニケーション関連商材が伸長

「ワークスタイル変革ソリューション市場の調査を実施(2018年)」小見出し一覧

 

ワークスタイル変革ソリューション市場の概況

2017年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場規模(事業者売上高ベース)を前年度比5.0%増の4,170億円と推計した。2017年の動向としては、3月の「働き方改革実行計画」の閣議決定に加え、長時間残業による労災問題が社会的に注目を集め、長時間残業抑止ツールや勤怠・労務管理システムの導入及び入れ替えが広がった。

また、7月には政府主管で「テレワーク・デイ」第一回目が実施され、企業におけるテレワーク浸透が推進された。テレワークはセキュリティ・マネジメント面での課題があるため、制度およびシステム導入は一部企業に留まってはいるが、テレワーク関連商材(デスクトップ仮想化、在席管理システム、Web会議システム、モバイル端末管理など)の普及が進んだ。しかし、導入はしたものの利用率が高まっていないという課題があり、今後はテレワーク利用における定着化や遠隔コミュニケーション強化、データ・ナレッジ共有を含めた支援サービスの需要が高まると考える。

加えて、大手企業では、社内で活用していた各種のコミュニケーションや情報共有のためのツールやOffice製品を、統合型情報共有クラウドサービスに集約するといった動きがみられた。フリーアドレス制オフィスの導入を行った企業では、各種ICT設備投資のほか、電話を固定電話からモバイル回線に一部置き換え、内線電話をスマートフォンで受信可能にするなど、物理的なオフィスの変革に合わせたIT投資が始まっている。また、これまではIT投資に様子見であった企業でも、比較的初期投資を抑えることができる、Web会議システム・クラウド型グループウェア・名刺管理システム・タスク管理機能つきビジネスチャットツールなどの導入が進んだ。

【図表:ワークスタイル変革ソリューション市場規模推移と予測】

【図表:ワークスタイル変革ソリューション市場規模推移と予測】
  • 矢野経済研究所調べ
  • 注:事業者売上高ベース
  • 注:2018年度以降は予測値
  • 注:7領域(1.環境(ファシリティ・設備)、2.テレワーク・モバイルワーク、3.業務サポート、4.コミュニケーション・情報共有、5.文書電子化・ペーパレス化、6.人事・労務・総務・健康経営、7.業種特化型および個別ソリューション)のICT製品・サービス・ソリューションを対象とした。

▲小見出し一覧に戻る

 

ワークスタイル変革ソリューション市場の注目トピック

■シェアオフィス・コワーキングスペース
柔軟な働き方の実現を目的に、テレワーク・モバイルワークが浸透する中で、シェアオフィス・コワーキングスペースへの新たな需要が高まっている。シェアオフィス・コワーキングスペースとは、その企業で働く人だけが使用するような従来のオフィスではなく、様々な企業・業種の従業員や個人利用者が執務スペースを共有する、という新しい形のオフィスを指す。

シェアオフィス・コワーキングスペースでは、複数の会社の従業員や個人利用者が、多人数で一つの空間を共有し、フリーアドレス制の執務スペースを提供される。シェアオフィス・コワーキングスペースを利用する利点として、①通勤・移動時間の短縮、②移動交通費の削減、③社外リソースとの協働、などが挙げられる。シェアオフィス・コワーキングスペースの間に明確な定義はないが、シェアオフィスは「仕事の作業場」、コワーキングスペースは「利用者同士のコミュニケーションとコミュニティ形成」が活用の主目的とされる。コワーキングスペースでは、利用者同士のコミュニケーションを活性化させるようなイベントや支援サービスが提供されている。

過去、シェアオフィス・コワーキングスペースの利用者は個人事業者や小規模事業所、スタートアップ企業など、オフィス投資の予算が小額の場合や、限定された期間利用のケースが多かった。しかし近年、働き方の多様化に伴う「サードプレイスオフィス」に対する需要、グローバルでの市場競争に対抗するための協働・協創ニーズへの高まりを背景に、大手・中堅企業の法人契約が進んでいる。こういった企業にとって、シェアオフィス・コワーキングスペースの利用は一時的措置ではなく、経営戦略の一つとして、長期利用を選択している。

このような背景から、数年前までは、比較的、隙間産業と見られる傾向のあったシェアオフィス・コワーキングスペース市場へ、この1~2年で多数の大手事業者が参入している。今後、東京では今後数年にわたり、不動産市場でグレードが高いオフィスの大量供給を控えており、これとともに空室率の上昇が予見される。不動産事業者によるサードプレイスオフィス創出の取り組みは、ユーザー企業の需要の高まりや、政府による働き方改革の推進といった要因が追い風となり、一層進んでいくだろう。

▲小見出し一覧に戻る

 

ワークスタイル変革ソリューション市場の将来展望

2018年度以降、働き方改革に向けた投資を本格化する企業が増加し、初期投資が膨らみやすいファシリティ関連ソリューション、後回しになりがちであったセキュリティ関連ソリューション、各種システム・機能の統合を目的としたインテグレーション案件が増加する見通しである。このほか、ホワイトカラー職種の定型業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)は、認知度が高まった2017年度は導入には様子見の企業が大半であったものの、2018年度には導入に踏み込む企業が増加する見込みである。

以上のようなことから、当該市場は今後も堅調に拡大していき、2016年度から2022年度までの年平均成長率(CAGR)は6.0%で推移し、2022年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場規模(事業者売上高ベース)は5,618億4千万円になると予測する。

▲小見出し一覧に戻る

 

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • 全体市場規模推移(2016~2022年度)
  • 全体市場規模推移(2016~2022年度) グラフ
  • ワークスタイル変革ソリューション提供事業者の動向
  • 改革要素と相互関係
  • ワークスタイル変革 推進上の課題
  • 働き方変革が必要とされる背景
  • 我が国の基本的戦略の全体像と働き方改革の位置づけ
  • ワークスタイル変革ソリューション市場の分類
  • 本レポートで取り上げる注目分野
  • ワークスタイル変革における目的・期待効果
  • ワークスタイル変革において明確にすべき6W3H1R
  • 市場の成長要因と阻害要因
  • 代表的なユーザーニーズ
  • 代表的なユーザーニーズの分類
  • ユーザーニーズと各事業者の機会
  • 働き方改革ビジネスにおけるITベンダーの外部リソース連携例
  • クラウドソーシング活用における受注側・発注側のメリット・デメリット
  • LPWAと他通信規格の比較
  • 全体市場規模推移(2016~2022年度)
  • 全体市場規模推移(2016~2022年度) グラフ
  • 適用領域別 市場規模推移(2016~2022年度)
  • 適用領域別 市場構成比(2017年)
  • 適用領域別 市場規模推移(2016~2022年度) グラフ
  • 顧客規模別 市場規模推移(2016~2022年度)
  • 顧客規模別 市場構成比(2017年)
  • 顧客規模別 市場規模推移(2016~2022年度) グラフ
  • 顧客業種別 市場規模推移(2016~2022年度)
  • 顧客業種別 市場構成比(2017年)
  • 顧客業種別 市場規模推移(2016~2022年度) グラフ
  • オフィス家具市場規模(2014~2021年度)
  • 企業向け無線LAN市場規模(2014~2021年度)
  • サウンドマスキング・オフィス向けBGMサービスの主要サービスと動向
  • 国内デジタルサイネージ市場規模(2014~2021年度)
  • サテライト・レンタル・シェアオフィスとコワーキングスペースの違い
  • シェアオフィス・コワーキングスペースの主要サービスと動向
  • シンクライアント・クライアント仮想化(VDI)市場規模(2014~2021年度)
  • MDM・MAM・MCMの区分
  • MDM市場規模(2014~2021年度)
  • 顧客管理システム(CRM)市場規模(2014~2021年度)
  • 名刺管理システム市場規模(2014~2021年度)
  • ワークフローシステム市場規模(2014~2021年度)
  • RPAの3つの段階
  • RPA(Robotic Process Automation)市場規模(2014~2021年度)
  • 経費精算システム市場規模(2014~2021年度)
  • ビデオ・Web会議システムの活用例
  • ビデオ・Web会議システムの業種別サービス例
  • ビデオ・Web会議システム市場規模(2014~2021年度)
  • グループウェア市場規模(2014~2021年度)
  • 社内SNS・ビジネスチャット市場規模(2014~2021年度)
  • 在席管理(プレゼンス)システムのサービス例と分類
  • 働き方変革を目的としたクラウドPBX導入例
  • クラウドPBX市場規模(2014~2021年度)
  • 文書保管・保存サービス市場規模(2014~2021年度)
  • 文書電子化・デジタル化サービス市場規模(2014~2021年度)
  • オンラインファイル共有サービス市場規模(2014~2021年度)
  • MPS(Managed Print Service)市場規模(2014~2021年度)
  • 電子認証サービス市場規模(2014~2021年度)
  • 「MITERAS(ミテラス) 仕事可視化」機能概要
  • 勤怠管理システムと連携した場合の抑止イメージ
  • EAPプログラムの概要/サービスメニュー例
  • EAP市場規模(2014~2021年度)
  • タレントマネジメントシステムの主な機能
  • 人材管理システム(タレントマネジメント)市場規模(2014~2021年度)
  • 健康指導・健康支援市場規模(2014~2021年度)
  • 従業員エンゲージメントを支援するSalesforce活用例
  • オフィス向けBtoEサービス市場規模(2014~2021年度)
  • ソリューションイメージ
  • 標準構成例(スタンダードパック)
  • ソリューションイメージ
  • 3パターンの閲覧形式
  • トイレ空き室管理システム 代表的な導入場所
  • トイレ空き室管理システムの主要サービスと動向
  • IIJが支えるワークスタイル変革 イメージ
  • IIJが提供するインフラサービスの一例
  • 「IIJ Omnibusサービス」概要
  • オンラインポータル イメージ画像
  • SIMライフサイクル管理の利用例
  • クラウド型ビデオ会議サービス「COLLABO de! World」イメージ
  • 活用シーン
  • 業界売上トップ10企業への高いサービス浸透率
  • 「WORKSTYLING」導入概要
  • 仮想化技術のタイプとVMware社製品
  • VMware社 主要製品一覧
  • Workspace ONE Intelligenceの主要機能
  • パートナープログラム一覧
  • 「Change Working」概要
  • Change Working(チェンジ・ワーキング)サービスメニュー
  • コンサルティングサービスメニュー
  • インテグレーションサービスメニュー
  • 「オフィス移転・リニューアルサービス」全体の流れ
  • ソリューション&プロダクツメニュー
  • 「Commons Table System」Workingシーン使用イメージ
  • 「Commons Table System」Learningシーン使用イメージ
  • 「Commons Table System」Thinkingシーン使用イメージ
  • システムユニット「SmartInfill」
  • 「SmartInfill」使用例
  • 「SmartInfill」各種素材例
  • 「SmartInfill」セキュリティシステムとの組み合わせ例
  • 「ホワイトボード付きディスプレイスタンド AL-S09」
  • 内田洋行のダイバシティワークプレイス 8つのイメージ
  • 「UCHIDA IoT Modelシステムイメージ」
  • 「働き方変革トライアルオフィス」の特長
  • 「知的生産性研究所」活動
  • 知的生産性研究所の調査・研究成果例
  • 知的生産性研究所の調査・研究成果例(イメージ)
  • 「教育IoT」データ活用のあるべきシステム環境の検討
  • 企業・自治体等の「おもてなしの場」創出の提案例
  • 同社ショールーム「CANVAS」「FUTURE CLASS ROOM」「THE PLACE」
  • 「働き方」変革に関わる個別支援メニュー
  • 働き方改革におけるポイント(「2-3-2」の定義)
  • イノベーションを起こす土壌を持つ企業風土の特徴
  • 「Change Working 自社実践プロジェクト」調査診断
  • 主要「変革」事業領域と取り組み
  • ワークスタイル改革ソリューション一覧
  • 従来のEmpoweredOfficeコンセプト
  • NECネッツエスアイのオフィスリニューアル2018
  • 「共創ワーク」「インテリジェンスDX」概要
  • ナビゲーションサービス
  • チャットボットFAQサービス
  • プロセスアシスタントサービス
  • 新EmpoweredOfficeコンセプト
  • EmpoweredOffice導入メニュー
  • SmoothSpace使用イメージ
  • SmoothSpace 活用シーン例
  • SmoothSpaceラインナップ
  • SmoothSpaceオプション
  • SmoothMeeting構成図
  • SmoothMeeting 3概要図
  • SmoothDiscussion構成図
  • SmoothCapture概要図
  • オフィス移転・リニューアルサービス一覧
  • オフィス移転・リニューアルの遂行ステップ
  • 音声クラウドサービス「ネッツボイス」サービス提供イメージ
  • 「ネッツボイス・ライト」特徴
  • EmpoweredOffice コンセプト
  • 検証型ショールームEmpoweredOffice Center 見取図
  • 働き方改革に向けた実践ソリューション
  • NECネッツエスアイの「インテリジェンスDX」
  • EmpoweredOffice 10年間の取り組み
  • 「スリムオフィス&スマートワーク」実践例
  • 2018年「お客様起点の課題解決オフィス」
  • 「スリムオフィス」スリム化に向けた3つの施策
  • 「スマートワーク」ICT活用の社内実践
  • NECネッツエスアイ EmpoweredOffice実践による環境効果
  • 投資効果の可視化の例
  • オカムラが考える働き方改革
  • オカムラのオフィス構築ソリューション
  • オカムラの「ICT×ワークプレイス」メニュー
  • 文書管理コンサルティングの流れ
  • オフィス移転を機に文書削減を実施する例
  • 文書管理コンサルティングによる文書削除 実績例
  • オフィスファニチュアシステム「Lives(ライブス)」①
  • オフィスファニチュアシステム「Lives(ライブス)」②
  • ドレッシングスペースファニチュア「Respia(レスピア)」
  • デスク一体型収納システム 大学研究室什器「FREST(フレスト)」
  • 電動モービルラック「Sonicsaver+G(ソニックセイバー プラスG)」①
  • 電動モービルラック「Sonicsaver+G(ソニックセイバー プラスG)」②
  • 共創空間「Sea」
  • 「OFFICE CAMPERS(オフィスキャンパーズ)」の狙い
  • 事業内容
  • 「オフィス移転ソリューション」移転フロー
  • 「ing(イング)」
  • 会議テーブル「CALM(カーム)」レイアウト例
  • オフィスラウンジ家具による空間構成イメージ
  • 会議イス「Spline(スプライン)」
  • パーソナルロッカー「iNON(イノン)」
  • オフィス家具「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」
  • 「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」使用イメージ
  • 「DAYS OFFICE(デイズオフィス)」商品ラインナップ
  • 「inframe(インフレーム)」
  • 「stripel(ストライプル)」
  • 「interval(インターバル)」
  • 「COODE(コーデ)」
  • 「サウンドマスキング パーティション」設置イメージ
  • 「サウンドアブソ―ション(吸音パネル)」設置イメージ
  • 「レベルメーター」「残業音シミュレーション」
  • webサイト「WORKSIGHT」
  • 事業系統図
  • コクヨのライブオフィス例
  • 全国28箇所に広がるコクヨのライブオフィス
  • 「請求書発行の業務効率化ソリューション」
  • サイボウズのコラボレーションツール
  • サイボウスのコラボレーションツール一例
  • サイボウズのビジネスパートナーの導入・運用支援サービス
  • kintone 認定資格制度の段階
  • 同社ホームページ「サイボウズ式」
  • Sansan Labs提供機能
  • 連携サービス・パートナー一覧
  • グローバル展開状況
  • チャットワーク機能一覧
  • チャット機能例
  • チャットワーク提供プラン一覧
  • プラン一覧
  • チャットワーク関連サービス
  • 導入効果と利用用途
  • 「My Analytics」表示画面例
  • 会議傾向の可視化①
  • 会議傾向の可視化②
  • 「Workplace Analytics」と「My Analytics」関係性
  • 「Microsoft Teams」使用画面例
  • 日本マイクロソフトの働き方改革への取り組み
  • 働き方改革を支援するソリューションの進化
  • 表彰歴の一例
  • 「Power BI」による分析例
  • 「Workplace Analytics」画面イメージ
  • 日本マイクロソフトのワークスタイルの成果(2010~2015年)
  • MyAnalyticsを使った社内検証プロジェクト結果
  • MyAnalyticsによるオペレーションKPIの可視化
  • 働き方改革関連ICTツール
  • ネットワンシステムズのデスクトップ仮想化ソリューション概要
  • デスクトップ仮想化ソリューション(VDI)のコンポーネント
  • デスクトップ仮想化ソリューション(VDI)を実現する各種サービス
  • ユニファイド コラボレーション概要
  • ユニファイド コラボレーション(UC)のコンポーネント
  • ユニファイド コラボレーション(UC)を実現する各種サービス
  • 「CASBサービス for Sanctioned IT」の主な機能
  • 「クラウドHUBサービス」概要図
  • 働き方改革関連 受賞歴
  • 事業系統図
  • デスクトップ仮想化方式を導入する上で考慮すべきポイント
  • 3D-CAD用の仮想デスクトップ環境と導入効果
  • VSPEXを用いた仮想デスクトップ環境と導入効果
  • Cisco Sparkの導入による働き方の変化と導入効果
  • ネットワンシステムズが自社内での効果測定に使用する指標
  • 「MITERAS(ミテラス) 仕事可視化」機能概要
  • ワークスタイル・コンサルティング サービスメニュー
  • 「労働時間マネジメントコンサルティング」のプロセス
  • 従業員エンゲージメント
  • 組織階層別での課題分析
  • 2025年時点の産業別需要ギャップ
  • オウンドメディア「Work Switch」
  • テレワークを成功させるための5つのポイント
  • テレワーク導入実証例
  • ブイキューブの主要サービス
  • テレキューブ外観(左:1人用、右:2人用)
  • 目的別ソリューション例
  • 業種別・職種別ソリューション一覧
  • ブイキューブのパートナーエコシステムの5カテゴリ
  • ブイキューブのパートナーステージ
  • 2018年方針(ソフトウェア販売の強化)
  • 導入効果例
  • ブイキューブの市場ポジションと方向性
  • 中長期成長戦略①
  • 中長期成長戦略①
  • 富士通が考える「働き方改革の目的」
  • 富士通の働き方改革「三位一体での取り組み」
  • 富士通の「働き方改革を実現する7つのアプローチ」①
  • 富士通の「働き方改革を実現する7つのアプローチ」②
  • 超軽量モバイルPC「LIFEBOOK」シリーズなど
  • 富士通のモビリティ向けセキュリティソリューション例
  • Future of Work「ACTIBRIDGE」概要
  • 「ACTIBRIDGE」の提供範囲
  • ACTIBRIDGEのメニュー構成
  • 在席状況分析活用サービス概要
  • ペーパーレス会議システム概要
  • ペーパーレス会議システム イメージ図
  • 富士通の「UXデザイン」
  • 「自分たちが目指す未来の働き方を描くワークショップ」概要
  • 「今すぐできる働き方改革を考えるワークショップ」概要
  • 富士通の人工知能「Zinrai」の考え方
  • 富士通の自社実践の変遷
  • 働き方改革関連ソリューションの導入事例
  • 富士通エフサスの社内実践
  • 富士通エフサスの「働き方改革のフレーム」
  • 富士通エフサスのワークスタイル変革関連サービス一覧
  • メニュー
  • 「オフィスリニューアル」 概要図
  • オフィスリニューアル例
  • 一人ひとりが業務内容や目的に合わせて選べる職場スペース
  • ミーティングスペースのバリエーション例
  • 「コールセンターリニューアル」概要図
  • 「コールセンターリニューアル」実現例
  • 「コールセンターリニューアル」セキュリティ強化
  • 「TIME CREATOR」利用イメージ
  • 勤怠管理システムと連携した場合の抑止イメージ
  • 「TIME CREATOR」提供形態
  • みなとみらいInnovation&Future Centerの実践例
  • 建設現場における活用イメージ
  • 富士通エフサス内部での社内実践内容
  • 残業抑止によるコスト削減効果 チェック画面
  • 導入効果(導入ユーザーの社内役割別)
  • リコーのワークスタイル変革ソリューションメニュー
  • ビジュアルコミュニケーションの商品・サービス一覧
  • インタラクティブ ホワイトボード(IWB)活用シーン
  • 超短焦点プロジェクター 本体と設置イメージ
  • リコーデジタルサイネージ ソリューション概要
  • 「RICOH TAMAGO 360 VR Live」システム構成例
  • 業種別 ビジュアルコミュニケーションソリューション
  • LiveOffice「ViCreA」で紹介する実践事例
  • リコーにおける働き方改革の取り組み
  • 「働き方変革」におけるコアコンセプトと5つの取り組み領域
  • 成長戦略「リコー 挑戦」概要
  • ワークスタイル変革推進上の課題(ソリューション・サービス提供事業者)
  • ビジネスチャンス拡大が期待できる分野
  • 働き方改革ビジネスにおける事業者のソリューション例
  • ワークスタイル変革におけるPDCAサイクル
  • 改革要素と改革における観点
  • 改革要素と相互関係
  • ワークスタイル変革 推進上の課題
  • ワークスタイル変革における社内関係者の思い
  • ワークスタイル変革を成功させるポイント
  • ワークスタイル変革におけるKPI設定例
  • テレワークの区分
  • テレワークが適するユーザイメージ
  • テレワーカー人口の推移
  • 従業員規模別企業のテレワーク導入率
  • ICT面におけるテレワークツールの進化
  • テレワーク導入に必要な3つの要素
  • テレワーク導入プロセスとプロジェクトチーム
  • テレワーク導入成功のKFS
  • 企業におけるテレワーク導入の効果
  • テレワークによる企業(組織)への事業運営/費用面の効果
  • テレワーク導入の課題と解決策
  • 中小企業におけるテレワーク導入への懸念
  • 政府の施策
  • ふるさとテレワーク事業(平成27~29年度)
  • 2018年度 第31回日経ニューオフィス賞
  • ワークスタイル変革に関する主要な表彰タイトル

…ほか

▲小見出し一覧に戻る

 

関連リンク

■レポートサマリー
ワークスタイル変革ソリューション市場の調査を実施(2017年)

■アナリストオピニオン
働き方改革への機運高まる、ワークスタイル変革ビジネスの高度化と拡大に期待

■同カテゴリー
[ICT全般]カテゴリ コンテンツ一覧
[情報サービス/ソリューション]カテゴリ コンテンツ一覧
[エンタープライズ]カテゴリ コンテンツ一覧
[ソフトウェア]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る


調査要綱

調査対象:ワークスタイル変革関連ソリューション提供事業者・関連団体
調査期間:2018年1月~8月
調査方法:当社専門研究員による直接面談、文献調査その他併用

※ワークスタイル変革ソリューション市場とは:働き方改革においては、法整備や社会インフラの充実のほか、ICTの活用が重要な役割を担う。本調査では、働き方改革を目的として業務効率化・生産性向上を実現するICT製品・サービス・ソリューションをワークスタイル変革ソリューションと定義した。 また、ワークスタイル変革ソリューション市場規模は、1.環境(ファシリティ・設備)、2.テレワーク・モバイルワーク、3.業務サポート、4.コミュニケーション・情報共有、5.文書電子化・ペーパレス化、6.人事・労務・総務・健康経営、7.業種特化型および個別ソリューションの7領域のICT製品・サービス・ソリューションを対象とし、事業者売上高ベースで算出した。

<市場に含まれる商品・サービス>
1.フリーアドレス構築、2.サウンドマスキングシステム・オフィス向けBGMサービス、3.電子掲示板(デジタルサイネージ)、4.シェアオフィス・コワーキングスペース、5.シンクライアント・デスクトップ仮想化・クライアント仮想化(VDI : Virtual Desktop Infrastructure)、6.BYOD(Bring Your Own Device)、7.MDM(Mobile Device Management)、8.CRM / SFA、9.名刺管理システム、10.ワークフロー、11.RPA、12.経費精算システム、13.ビデオ・Web会議システム、14.グループウェア・社内ポータル 、15.社内SNS・ビジネスチャット、16.在席管理システム、17.クラウドPBX、18.文書保管・保存・文書電子化・デジタル化・ファイル共有サービス、19.複合機連携サービス、20.電子認証サービス・電子証明書、21.労務可視化・残業時間抑止、22.EAP、23.タレントマネジメント、24.健康指導・健康支援、25.従業員エンゲージメント強化、26.オフィス向けBtoEサービス、27.現場管理運営、28.来客対応、29.VR/3D見学システム、30.トイレ空き室管理システムなど

関連マーケットレポート
加藤 佳奈(カトウ カナ) 研究員
ICT先進国である我が国において、どの業種においても「ICT利活用」が企業の課題解決および成長における重要項目になっています。個々の事象を明らかにするだけでなく、「本質的な課題」と「業界・市場全体における位置づけと影響」、そして「将来予測」の観点を含めた調査・分析を行うことで、企業の成長・発展のお役に立ちたいと考えています。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422