矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2017.11.30

DMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/ MA(マーケティングオートメーション)サービス市場に関する調査を実施(2017年)

MA市場 2017年には300億円超え。

デジタルマーケティングサービス市場概況と予測

■IoT、パーソナルデータが追い風
DMPサービス市場とMAサービス市場を合算した2016年のデジタルマーケティング市場規模は303億1,500万円であった。近年は顧客が商品購入前にその性能・仕様や口コミなどの情報収集・価格比較などをインターネットで行うほか、企業と様々なチャネルを持つようになったため、以前と比較すると、購買のタイミングが遅くなっている。これにより、企業は顧客ごとにパーソナライズされたコミュニケーションを行う必要が出てきた。こうしたなか、パーソナライズされたマーケティングの効率化等を求め、データ主導のマーケティングを行えるソフトウェアに対する需要が拡大している。同市場の成長要因として考えられるのがIoTやパーソナルデータの存在である。IoTに関しては、スマートフォンの位置情報を活用したマーケティングが知られているが、最近は気温や降雨センサーのデータなども活用し、集客につなげている事例もある。今後、IoTはさらに進展し、取得できるデータの種類と量が飛躍的に増加することが見込まれ、より良い顧客体験(パーソナライズされたコミュニケーションから得られる体験や充足感)を実現する源となるものと考える。

また、パーソナルデータについては、個人情報保護法の改正など、政府が同データ活用に前向きな見解を示している。こうした動きや企業のデジタルマーケティングに対する認知・関心の向上などから市場は引き続き堅調に推移し、同市場規模は2022年には639億円に達し、2016年から2022年までのCAGR(年平均成長率)は13.2%の成長を予測する。

なお、今後の同市場ではチャットボット(自動対話システム)やパーソナライズド(各個人向けに特化した)動画広告、音声マーケティング(AI搭載型のスマートスピーカー等)が注目されている。音声マーケティングについては、スマートスピーカーが国内で一般化する日もそう遠くはないと考えられることから、音声をデータ化し、マーケティングに活用するための早めの対策が必要である。

【図表1:デジタルマーケティングサービス市場規模推移と予測】

【図表1:デジタルマーケティングサービス市場規模推移と予測】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:事業者売上高ベース
  • 注:2017年は見込値、2018年以降は予測値
  • 注:CAGRは2016年から当該年までの年平均成長率
  • 注:デジタルマーケティングサービス市場規模は、DMPサービス市場とMAサービス市場の合算値
  • 注:デジタルマーケティングとは、企業が自社や第三者が保有するデータを活用して、製品やサービスのマーケティングを行い、消費者に到達させる手法を言う。本調査では、デジタルマーケティングサービスのうち、DMP(Data Management Platform)とMA(Marketing Automation)を対象とした。DMPとは、様々な販売チャネルにおける顧客の行動データを集約して分析することで、顧客の特徴を明らかにし、広告、メール、DMなどのマーケティング施策を最適化するシステムやサービスをさす。また、MAとは、大量の見込み顧客や既存顧客を一元化し、自動的に評価し、設計したシナリオに基づいて、シナリオを自動実行させ、顧客を個別に育成することで確度の高い商談を創出するシステムやサービスをさす。

 デジタルマーケティングツールの市場動向

DMPサービス市場:セカンドパーティーデータに注目
2016年のDMPサービス市場規模は57億7,000万円であった。自社や第三者が保有しているデータを活用することで効率良くマーケティングを最適化することに対する意識が高まっていることや、DMPの用途が拡大していることなどからプライベートDMP1の構築、またパブリックDMP1の利用(複数利用)が進んでおり、2017年には同市場規模は前年比27.2%増の73億3,700万円に達すると見込む。

同市場で注目すべきはセカンドパーティーデータ2である。政府が顧客情報(匿名加工情報)をビッグデータとして売買するための指針を発表しており、顧客情報を収集している企業ではいずれデータ販売ビジネスを展開できるようになる。解禁時に向け、データの取扱いに慣れたDMPベンダーには新たなビジネス創出の期待がある。

 ■MAサービス市場:AIでリアルなニーズに応える
2016年のMAサービスの市場規模は245億4,500万円であった。デジタルチャネルが主流になったことで告知や販促、効果測定といった活動を自動化しやすくなったことや、顧客とのコミュニケーションチャネルの多様化、One to Oneマーケティングに対する注目などからMAおよび周辺サービスに対する需要が拡大しており、同市場規模は2017年には前年比23.0%増の301億9,000万円に達すると見込む。

最高の顧客体験のためにはメッセージを発信するタイミングも重要である。よりリアルな顧客ニーズに応えられるよう、MAベンダーはAIを活用して分析時間の短縮を図るなどの取組みを行うなど、AIの活用に積極的である。またAIにはこうしたデータの鮮度向上だけでなく、精度向上や顧客行動予測なども期待されている。

※1. DMPには、自社サイトの顧客データを活用するプライベートDMPと自社サイト以外の顧客データを活用するパブリックDMPの2種がある。いずれも顧客データを収集、分析し、マーケティングに活用する。
※2. 競合他社のブランドやweb媒体(パブリッシャー)から売買できるファーストパーティーデータのことである。

関連リンク

■レポートサマリ
DMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/ MA(マーティングオートメーション)サービス市場に関する調査結果 2015

■アナリストオピニオン
The MARKETING NATION SUMMIT 2017
「急成長するマルケト、成長の一因にLaunch Point」


調査要綱

調査期間:2017年8月~10月
調査対象:国内デジタルマーケティングサービスベンダー等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

※デジタルマーケティングとは:デジタルマーケティングとは、企業が自社や第三者が保有するデータを活用して、製品やサービスのマーケティングを行い、消費者に到達させる手法を言う。本調査では、デジタルマーケティングサービスのうち、DMP(Data Management Platform)とMA(Marketing Automation)を対象とした。

※DMP(Data Management Platform)/ MA(Marketing Automation)とは:本調査におけるDMP(Data Management Platform)とは、様々な販売チャネルにおける顧客の行動データを集約して分析することで、顧客の特徴を明らかにし、広告、メール、DMなどのマーケティング施策を最適化するシステムやサービスをさす。また、MA(Marketing Automation)とは、大量の見込み顧客や既存顧客を一元化し、自動的に評価し、設計したシナリオに基づいて、シナリオを自動実行させ、顧客を個別に育成することで確度の高い商談を創出するシステムやサービスをさす。

関連マーケットレポート
小山 博子(コヤマ ヒロコ) 上級研究員
直接お話を聴かせて頂ける機会を大切にしています。冷静かつ緻密な分析を行い、有意義な情報のご提供をさせて頂きますとともに、「やって良かった」と思って頂ける調査のご提案を致します。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422