矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2016.10.24

IPカメラ国内市場に関する調査を実施(2016年)

映像データの数値化で、新たな市場の登場が期待される

IP (ネットワーク)カメラ市場概況

2015年のIP(ネットワーク)カメラ国内市場規模は、メーカー出荷台数ベースで前年比12.7%増の78万台であった。IP(ネットワーク)カメラとはIP機能を内蔵し、単独でインターネット網に接続して使用可能な業務用カメラで、主に監視カメラとして使用されている。国内監視カメラ市場のうち、約6割がIPカメラである。
2016年のIPカメラ国内市場規模は、メーカー出荷台数ベースで前年比14.1%増が見込まれるなど、今後も14%以上の成長率を予測する。特に2018年、2019年には、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた需要増もあり、大きく成長するものと考える。
また、IPカメラの主な用途である監視・モニタリングに加え、マーケティング分野におけるカメラ需要の拡大や、クラウド型カメラサービス(サービス事業者がクラウドを活用して監視・モニタリング・ライブ映像の管理・録画・画像解析を行うサービス)需要も期待される。
一方、IPカメラ世界市場も高成長を継続している。2015年の世界IPカメラ市場規模はメーカー出荷台数ベースで、前年比27.5%増の862万台であり、今後も高い成長を予測する。

【図表:IP(ネットワーク)カメラ国内市場規模推移】

【図表:IP(ネットワーク)カメラ国内市場規模推移】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:メーカー出荷台数ベース(国内流通分)
  • 注:見込は見込値、予測は予測値

IP(ネットワーク)カメラの注目すべき動向

IPカメラ市場における成長要因の中でも、とりわけ注目されているのは画像解析・VCA(Video Content Analysis)システム分野である。画像解析・VCAシステムは、映像データを数値化し、当該事象を分析するためのシステムである。
当初、画像解析・VCA システムはアナログ監視カメラからIPカメラへの移行に伴う、付加価値の高い解析アプリケーション(顔認証、人流計測、異常行動検知)とされていた。
しかし現在では、POS レジと連動させたマーケティング分析や、入退室管理と連動させたセキュリティコントロール、RF-ID 等の他システムとの連携などが展開されるようになり、多様な分野において画期的なソリューションをもたらしている。
こうしたソリューションはFA(Factory Automation)やマシンビジョン、インダストリー4.0、医療、自動運転などの分野においても期待されており、画像解析・VCAシステムは、いよいよ普及期に向かうものとみられる。

関連リンク

■レポートサマリ
監視カメラ世界市場に関する調査結果2015-高成長を続ける世界需要-
FAカメラ/マシンビジョン世界市場に関する調査結果 2015
世界のeコクピット市場に関する調査結果 2013
世界のネットワークカメラ(IPカメラ)市場に関する調査結果 2013


調査要綱

調査期間:2016年4月~9月
調査対象:主要国内ネットワークカメラメーカー、代理店、SIer等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

※IP(ネットワーク)カメラとは:本調査におけるIP(ネットワーク)カメラとは、IP 機能を内蔵し、単独でインターネット網に接続して使用可能な業務用カメラをさす。

関連マーケットレポート
森 健一郎(モリ ケンイチロウ) 主席研究員
市場の分析は、数字だけには留まりません。得られた数字の背景には、開発担当のパッションや、販売担当のため息、消費者の感覚の変化・・・など様々な人間くささがあります。こうした背景を踏まえたコメントを丹念に拾い、市場の将来像を予測分析していきたいと考えています。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422