矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2015.11.10

FX(外国為替証拠金取引)の動向調査結果2015

FX史上最高の年間取引高を更新、預り残高、口座数は拡大基調

FX(外国為替証拠金取引)の市場環境

店頭FX市場は、1998年8月に初めてFXが商品化されてから17年目を迎えた。その間、相次ぐ規制による法整備が進む中でFX業界の各社は、コンプライアンス(法令遵守)を重視しながら、顧客サービスの充実を図り、透明性と信頼性の確保に努めてきた。その効果もあり、預り証拠金残高、口座数、取引高は順調に拡大し業界の成長が続いている。
更なる信頼性の向上を図るべく財務基盤の強化、収益の安定性に取組んでいるが、2015年1月に突如発生した、いわゆる“スイスフラン・ショック※※”によって、これまで実施してきたリスク管理の更なる厳格化も再認識されるようになった。
昨年同様、新規顧客の獲得数も一部の企業では伸びてはいるが、多くの企業では前年並みか減少しており、明暗が分かれつつある状況である。こうした状況下において、コスト削減や投資通貨の分散化に注力することで、一部の企業では収益の安定化が図られてきている。
※※2015年1月にスイス国立銀行が対ユーロ相場における上限を撤廃したことによるスイスフランの暴騰による急激な相場変動

FX(外国為替証拠金取引)の市場概況

【図表:預り証拠金残高(市場規模)推移】

【図表:預り証拠金残高(市場規模)推移】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:(予)は予測値

【図表:口座数推移】

【図表:口座数推移】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:(予)は予測値

【図表:年間取引高推移】

【図表:年間取引高推移】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:(予)は予測値

店頭FX市場全体では、預り証拠金残高、口座数、取引高のいずれも増加基調にある。
市場規模(預り証拠金残高)については堅調に拡大し、2015年3月期は前年同期比13.5%増の1兆3,176億円となった。
2015年3月期の口座数も増加傾向にあり、前年同期比で10.9%増の531万口座となった。顧客利便性の向上に加え、取引の透明性と企業の健全性・信頼性の向上に注力した結果、新たな個人投資家の獲得が進み、口座数は増加した。
2015年3月期の店頭取引の年間取引高は、前年同期比で0.4%増と微増の4,218兆6,796億円※(※百万通貨は1億円として換算)と推計した。2014年度下半期間際から続く円安基調を背景に、取引高が大幅に増加した。

FX(外国為替証拠金取引)の市場予測

2016年3月期はセミナーの積極的な開催による投資未経験者層の開拓や、首都圏のみならず、地方都市における顧客拡大、また取引の透明性と企業の健全性・信頼度の向上を目的とした更なる投資環境の整備に取組む企業姿勢などから、市場規模(預り証拠金残高)は、前年同期比14.6%増の1兆5,098億円、口座数は、前年同期比10.2%増の585万口座を予測する。
また、年間取引高は昨年実績、及び2015年4~6月期の有力企業における累計取引高の増加傾向を加味し、前年同期比13.0%増の4,766兆円(※百万通貨は1億円として換算)を予測する。

関連リンク

■レポートサマリー
FX(外国為替証拠金取引)の動向調査結果 2014
有力FX(外国為替証拠金取引)企業16社の月間データランキング-2015年9月-
有力FX(外国為替証拠金取引)企業16社の月間データランキング-2015年8月-
有力FX(外国為替証拠金取引)企業16社の月間データランキング-2015年7月-

■同カテゴリー
[金融・決済]カテゴリ コンテンツ一覧


調査要綱

調査期間:2015年8月~10月
調査対象:商品先物会社、FX専業会社、証券会社、ネット銀行等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用

外国為替証拠金取引(FX: Foreign Exchange)とは:1998年4月の外為法の改正を受けて登場した、国内初の個人投資家向け外貨売買の金融商品である。取引のしくみは、証拠金を担保にレバレッジをかけた取引額を想定元本として差金決済を行うものである。ここでは店頭FX(外国為替証拠金取引)市場を取り上げる。

関連マーケットレポート
白倉 和弘(シラクラ カズヒロ) 主任研究員
業界・企業との関係維持に努め、情報交換ができるのが我々の強みです。業界の動きを数値化するだけでなく、その背景や要因といった定性情報も付加し、事業戦略立案のパートナーとなります。 貴社が求めるもの=(データ分析×定性情報)+α+研究員の熱意とヒラメキ ※研究員のヒラメキはオプションです

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422