矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2014.12.10

CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果 2014

円安により輸出型製造業がけん引。2014年度は、3,272億円(同7.1%増)となる見込み。土木・建設業界なども業績好調であることから、堅調に成長していくと予測。

「CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果 2014 」 小見出し一覧

CAD/CAM/CAEシステム市場概況と展望

■2014年度のCAD/CAM/CAE市場は前年度比7.1%増の見込み
日本国内のCAD/CAM/CAEシステム市場規模(事業者売上高ベース)は、2013年度は前年度比6.1%増となる3,055億円となった。2013年度の日本経済は、円安が進んだことにより、輸出型企業を中心に企業収益が改善し、設備投資が回復した。
2014年度においては、日本国内は消費税増税により、民間最終消費支出および民間住宅投資を中心に大きく冷え込むなど反動減が続くが、企業部門は高い収益状況を維持しており、2014年度の国内CAD/CAM/CAE市場(同ベース)は、3,272億円(前年度比7.1%増)となる見込みである。

分野別に内訳をみると、機械系CAD/CAM/CAEの市場規模は、2013年度は1,969億円(同6.1%増)となった。2014年度は、2,135億円(同8.5%増)となる見込みである。これは、円安傾向から自動車メーカーなどの輸出型製造業の業績が回復し、CAD/CAM/CAEへの設備投資も回復したことによる。
EDAの市場規模は、2013年度は766億円(同3.7%増)であった。2014年度は、801億円(同4.5%増)となる見込みである。2013年における日本国内の電子工業生産は、大きく落ち込んだ。とりわけ、半導体ならびにフラットパネルディスプレイ(FPD)等の電子部品は、需要の低迷、激しい国際競争による価格の下落、パソコン需要の減少等の影響により、極めて厳しい状況にあり、EDA市場へも影響が及んでいる。
土木・建築系CADの市場規模は、2013年度は320億円(同12.4%増)であった。2014年度は、336億円(同5.2%増)となる見込みである。東日本大震災からの復興需要、あるいは公共事業投資などが追い風になり、現在、土木・建築業界および測量業界はきわめて好調である。そのような状況を受けて、土木・建築系CADはバブル期以来の好調さが続いている。

【図表:CAD/CAM/CAEシステム市場規模推移】
【図表:CAD/CAM/CAEシステム市場規模推移】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:事業者売上高ベース 注:見込は見込値

▲小見出し一覧に戻る

CAD/CAM/CAEシステム市場の注目される動向

■CADの次世代プラットフォームにVDIが名乗り
CADをVDI環境で動かす試みが行われており、大手CADベンダーが本腰を入れている。CADをVDI上で利用できれば、機密データの漏えい防止やシステム維持コストの削減効果、業務効率化、ワークスタイル変革の促進が期待できるなどメリットも多い。UNIXワークステーションからPCに移行して以来、約15年ぶりにプラットフォームが変わる可能性が出てきている。

■モデルベース開発の進展によりメカニカルとEDAは新領域へ
モデルベース開発※1が、進展しつつある。モデルベース開発は、従来は製品開発でも詳細設計フェーズを対象とすることが普通だったが、昨今では、上流の構想設計領域をも対象としつつある。具体的には、1DCAE(機能設計段階でシミュレーションを行なうソフトウェア)などのツールが登場してきており、機械や電気、油圧、熱などが複雑に関係した物理現象をシミュレーションできるようになってきた。モデルベース開発の進展は、EDAとメカニカルの連携促進を促すことになると考える。

※VDI(Virtual Desktop Infrastructure)環境とは、ネットワークを通じてサーバーに接続し、自分のデスクトップ画面を呼び出してソフトウェア(CAD)を利用する環境を指す。サーバーで集中管理することによりソフトウェアの追加や更新、修正などのメンテナンスが容易になるメリットがある。
※1.モデルベース開発とは、実機試作を極力行わず、実験から得られたデータや物理現象を記述する数式を用いたモデルのシミュレーションを活用して、製品開発を行っていく手法を指す。

▲小見出し一覧に戻る

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

1.主要CAD/CAM/CAEメーカー92社の売上高の積み上げ結果
2.アプリケーション分野別集計

  • 機械系CAD/CAM/CAEシステム

1.機械系CAD/CAM/CAE主要メーカー62社の売上高積み上げ結果
2.機械系CAD/CAM/CAE主要メーカー62社売上高ランキング
   メーカーシェアグラフ
3.機械系CAD/CAM/CAE アプリケーション分野別集計結果
   アプリケーション分野別集計結果グラフ
   アプリケーション分野別構成比の推移
4.ソフトウェア/サービス別集計結果
   ソフトウェア/サービス別集計結果グラフ
5.2次元/3次元別集計結果
   2次元/3次元別別構成比の推移
6.各アプリケーション分野別集計
  ・2次元CAD集計結果
   2次元CADメーカー別集計
   2次元CADメーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
  ・3次元CAD集計結果
   3次元CADメーカー別集計
   3次元CADメーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
  ・金型設計用CAD/CAM集計結果
   金型設計用CAD/CAMメーカー別集計
   金型設計用CAD/CAM メーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
  ・機械系CAE集計結果
   機械系CAEメーカー別集計
   機械系CAEメーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
  ・PDM集計結果
   PDMメーカー別集計
   PDMメーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
7.機械系CAD/CAM/CAE主要ベンダー15社の売上高ランキング
   ベンダーシェアグラフ
<元のデータ>
機械系CAD/CAM/CAE メーカー各社システム別出荷高
   2012年度
   2013年度
   2014年度見込
機械系CAD/CAM/CAE ベンダー各社システム別出荷高
   2012年度
   2013年度
   2014年度見込

  • EDAシステム

1.EDA主要メーカー11社の売上高積み上げ結果
2.EDA主要メーカー11社の売上高ランキング
   主要ベンダーシェアグラフ
3.EDAアプリケーション分野別集計結果
   アプリケーション分野別集計結果グラフ
   アプリケーション分野別構成比の推移
4.EDAソフトウェア/サービス別集計結果
   ソフトウェア/サービス別構成比の推移
5.アプリケーション分野別集計
  ・ESL集計結果
   ESLメーカー別集計
   ESLメーカー別シェア
  ・論理設計ツール集計結果
   論理設計ツール メーカー別集計
   論理設計ツール メーカー別シェア
  ・物理設計ツール集計結果
   物理設計ツール メーカー別集計
   物理設計ツール メーカー別シェア
  ・論理検証ツール集計結果
   論理検証ツール メーカー別集計
   論理検証ツール メーカー別シェア
  ・DFM集計結果
   DFMメーカー別集計
   DFMメーカー別シェア
  ・PCB設計ツール集計結果
   PCB設計ツール メーカー別集計
   PCB設計ツール メーカー別シェア
  ・IP集計結果
   IPメーカー別集計
   IPメーカー別シェア
  ・設計代行・コンサルティング集計結果
   設計代行・コンサルティング メーカー別集計
  ・保守・サービス集計結果
   保守・サービス メーカー別集計
<元のデータ>
EDAメーカー各社システム別出荷高
   2012年度
   2013年度
   2014年度見込

  • 土木・建築系CADシステム

1.土木・建築系CAD主要メーカー19社の売上高積み上げ結果
2.土木・建築系CAD主要メーカー19社の売上高ランキング
   土木・建築系CAD メーカーシェア
3.土木・建築系CAD アプリケーション分野別集計結果
   土木・建築系CAD アプリケーション分野別集計結果グラフ
   土木・建築系CAD アプリケーション分野別構成比の推移
4.土木・建築系CADソフトウェア/サービス別集計結果
   ソフトウェア/サービス別構成比の推移
5.アプリケーション分野別集計
  ・建築設計CAD集計結果
   建築設計CAD メーカー別集計
   建築設計CAD メーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
  ・設備設計CAD集計結果
   設備設計CAD メーカー別集計
   設備設計CAD メーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
  ・住宅設計CAD集計結果
   住宅設計CAD メーカー別集計
   住宅設計CAD メーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
  ・土木・測量CAD集計結果
   土木・測量CAD メーカー別集計
   土木・測量CAD メーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
  ・プラントCAD集計結果
   プラントCAD メーカー別集計
   プラントCAD メーカー別シェア
   各社システム別販売実績(2012年度)
   各社システム別販売実績(2013年度)
   各社システム別販売実績(2014年度見込)
<元のデータ>
土木・建築系CADメーカー各社システム別出荷高
   2012年度
   2013年度
   2014年度見込

…ほか

▲小見出し一覧に戻る

関連リンク

■レポートサマリ
CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査を実施(2020年)
CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果 2015

■同カテゴリー
[エンタープライズ]カテゴリ コンテンツ一覧
[ソフトウェア]カテゴリ コンテンツ一覧

▲小見出し一覧に戻る


調査要綱

調査対象:機械系CAD/CAM/CAEメーカー、EDA(Electronic Design Automation)メーカー、土木・建築系CADメーカー
調査期間:2014年5月~10月
調査方法:当社専門研究員による直接面談及び電話・メールによるヒアリング

忌部 佳史(インベ ヨシフミ) 理事研究員
市場環境は大胆に変化しています。その変化にどう対応していくか、何をマーケティングの課題とすべきか、企業により選択は様々です。技術動向、経済情勢など俯瞰した視野と現場の生の声に耳を傾け、未来を示していけるよう挑んでいきます。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422