矢野経済研究所 ICT・金融ユニット

レポートサマリー
2014.03.28

M2M(機器間通信)世界市場に関する調査結果 2014

中・長期的にはスマートシティ/スマートコミュニティの中核機能・中核技術として期待。ワールドワイドで拡大を続け、2020年度には3兆8,100億円に達すると予測。

「M2M(機器間通信)世界市場に関する調査結果 2014」 小見出し一覧

M2M(機器間通信)世界市場予測

M2M世界市場は2010年以降に大きく伸長し、2013年度は1兆4,580億円(累計金額ベース)の見込みである。尚、2013年度の国内M2M市場は1,350億円(同)の見込みで、M2M世界市場における日本市場の構成比は9.3%となる。
M2M世界市場の伸長率は徐々に下降するものの、2015年度頃からM2M需要は先進国から新興国にシフトして拡大基調は継続すると考える。M2Mプラットフォーム型サービスの拡大、機器・デバイスの低価格化、ワイヤレス環境及びグローバル化の進展などを背景に、M2M世界市場の2020年度の市場規模は3兆8,100億円に達すると予測する。一方、2020年度の国内M2M市場規模は2,500億円(いずれも累計金額ベース)になると予測する。

【図表:M2M世界市場規模予測(累計金額ベース)】
【図表:M2M世界市場規模予測(累計金額ベース)】
  • 矢野経済研究所推計
  • 注:累計金額ベース
  • 注:M2M市場規模は、M2Mを実現するための、デバイスやモジュール、プラットフォーム、システム構築やアプリケーション開発、データ解析・制御などのソリューション、運用・保守サービスなどを対象とし、累計金額ベースで算出した。
  • 注:2013年度は見込値、2014年度以降は予測値。

▲小見出し一覧に戻る

M2M(機器間通信)世界市場の注目すべき動向

■中・長期的にはスマートシティ/スマートコミュニティの中核機能・中核技術として期待
M2Mビジネスでは、医療・ヘルスケア分野や電力・ガス・水道等のエネルギー監視・エネルギー管理、農業・施設園芸、植物工場や畜産業での営農支援、河川・火山情報収集等の環境モニタリング・自然監視、各種産業分野(建設機械・重機、自動販売機、エレベータ、産業計測・工場など)等の遠隔監視・制御、建物・大規模構造物等社会インフラのヘルスモニタリング、見守り・防犯支援、自動車(乗用車・商用車)などの車両や交通インフラ等の位置情報・運行管理、マーケティング支援やペット飼育関連、金融関連、料飲店関連・小売業向けサービスなど、注目されるアプリケーション分野が非常に多岐に及ぶ。
また中・長期的には、世界的に拡大が見込まれるスマートシティやスマートコミュニティにおける中核機能・中核技術として期待されると考える。

■M2M向けのプラットフォーム型サービスが拡大し、グローバル化を促進
近年、M2Mビジネスでは、グローバルM2Mサービスへの事業展開が顕在化している。この場合、M2Mプラットフォーム型サービスでの展開が一般的で、低価格で且つ利便性の高いサービスを実現している。また、通信事業者(キャリア)とM2Mプラットフォーム型サービス事業者が提携して、グローバルにM2Mサービスを提供する事例も増えている。このように、M2Mビジネスのグローバル化は、M2Mプラットフォーム型サービスの拡大によって本格化してきた。
また、現在のM2Mビジネスにおいては、未だ市場を主導する事業者や業態が完全には明確化していない。今後、有力視されるのは米国では通信事業者やM2Mプラットフォーム型サービス事業者、欧州では大手通信事業者であり、また日本では大手通信事業者とM2Mプラットフォーム基盤を持つIT事業者(SIer)の連携が想定される。こうした中で今後のM2Mビジネスでは、グローバルにM2M対応が可能なビジネス基盤と事業規模を持った上位事業者への集約が徐々に進むとみる。

▲小見出し一覧に戻る

参考:このレポートに掲載されている主なデータ一覧

  • 世界M2M市場規模推移(累計M2M関連売上ベース)
  • 世界M2M市場規模内訳(2013年度見込み)
  • 世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
  • M2M関連ビジネスでのユーザ事例
  • 現状課題及び課題解決のポイント
  • 有力事業者のスマートメーター/スマートグリッドへの取り組み
  • 主要都市でのM2M関連プロジェクト

…ほか

▲小見出し一覧に戻る

関連リンク

■アナリストオピニオン
将来的にM2Mの社会インフラ化が進む


調査要綱

調査対象:国内外のIT事業者(SIer)、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)やMVNE(Mobile Virtual Network Enabler:MVNO事業者を支援する事業者)、デバイスメーカー、ユーザ企業等
調査期間:2013年10月~2014年2月
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

※M2Mとは:本調査におけるM2M(Machine to Machine:機器間通信)とは、人が間に入らずに機器・デバイス間で、無線回線やネットワーク網を利用し情報のやり取りをする仕組みを指し、本調査におけるM2M市場規模はM2Mを実現するための、デバイスやモジュール、回線やM2Mプラットフォーム、システム構築やアプリケーション開発、データ解析・制御などのソリューション、運用・保守サービスなどを対象として算出した。

早川 泰弘(ハヤカワ ヤスヒロ) 上級研究員
産業調査/マーケティング業務は、「机上ではなく、現場を回ることで本当のニーズ、本当の情報、本当の回答」が見つかるとの信念のもと、関係者各位との緊密な関係構築に努めていきます。日々勉強と研鑽を積みながら、IT業界の発展に資する情報発信を目指していきます。

YanoICT(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)は、お客様のご要望に合わせたオリジナル調査を無料でプランニングいたします。相談をご希望の方、ご興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください。

YanoICTサイト全般に関するお問い合わせ、ご質問やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

東京カスタマーセンター

03-5371-6901
03-5371-6970

大阪カスタマーセンター

06-6266-1382
06-6266-1422