レポートサマリー

市場調査の矢野経済 ICTユニット > カテゴリから探す > ITS > 国内コネクテッドカー関連市場に関する調査を実施(2017年)
  • HOME
  • YanoICT調査レポート
    • 発刊レポート一覧
    • レポートサマリー
    • ユーザーウォッチ
  • アナリストオピニオン
    • オピニオン一覧
  • サービスメニュー
    • マーケットレポート販売
    • リサーチコンサルテーション
    • 受託調査
      • ケーススタディ
    • マーケティング 戦略立案・実行支援
  • about us
    • Yano ICTについて
      • 事業拠点
    • ご挨拶
    • YanoICTのミッション
    • 事業ドメイン
    • アナリスト一覧
  • メディア掲載実績
  • contact us
    • お問合わせ(調査・コンサルティングのご相談)
    • お問い合わせ(YanoICTサイト)
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

レポートサマリー

2018.01.10
国内コネクテッドカー関連市場に関する調査を実施(2017年)

担当者:森 健一郎

コネクテッドカー関連市場概況と予測

従来、コネクテッドカーの市場は、「T-Connect」や「G-Link」、「NissanConnect」、「インターナビ」などB2C領域のテレマティクスサービスが該当すると考えられてきた。こうしたカーナビやスマートフォンを利用するインフォテインメント(情報・娯楽)・サービスであるB2C市場もコネクテッドカーの市場に含まれるが、実際には自動運転カーとEVの時代に対応すべく、コネクテッドカーは走行データの収集や解析を中心とするものに変化してきており、コンシューマ(消費者)の目には見えにくいB2B市場や研究開発投資の領域で大きく成長してきている。

2016年の国内コネクテッドカー関連市場規模は3,980億円で、そのうちB2C市場が712億円、B2B市場は1,850億円、研究開発投資は1,418億円と推計した。

今後、従来サービスに加え、通信ユニット(TCU:Telematics Communication Unit)を搭載したコネクテッドカーが増加し、新たなサービスが伸張し、研究開発投資が行われることで、2020年の国内コネクテッドカー関連市場規模は1兆円規模に拡大すると予測する。また、コネクテッドカーの増加、プローブ情報を使ったサービスやクラウドADASのサービス等(表1参照)が利用されていくことから、2025年の同市場規模は2020年の約2倍の2兆円規模となると予測する。

【図表:国内コネクテッドカー関連市場規模推移と予測】

【図表:国内コネクテッドカー関連市場規模推移と予測】

矢野経済研究所推計

注:2017年以降は予測値、2025年の前年比は2020年比
注:B2C市場、B2B市場は事業者売上高ベース、研究開発投資はOEM等の投資金額ベース
注:四捨五入のため、表内データの合計、比率が一部異なる

16分野別コネクテッドカー関連市場の概況

国内コネクテッドカー関連市場規模の算出に当たり、下記のように市場を16分野に分類し、概要をまとめた。それぞれの分野において、B2C事業やB2B事業の事業者売上高、OEMや機器メーカー、各種製品ベンダでの研究開発投資が発生し、コネクテッドカー関連市場は成長していくことになる。

【図表:国内コネクテッドカー関連市場 16分野の概要】

【図表:国内コネクテッドカー関連市場16分野の概要】

矢野経済研究所作成

※参考情報
eコクピット世界市場に関する調査を実施(2016年)」 2017年1月23日発表
車載ソフトウェア市場に関する調査を実施(2017年)」 2017年6月19日発表

調査要綱

調査期間:2017年5月~10月
調査対象:国内・海外の自動車メーカー(OEM)、カーエレクトロニクス機器メーカー、クラウドベンダ、電子部品ベンダ、IT・通信関連事業者、地図ベンダ、セキュリティ事業者、損害保険事業者、及びコンサルタント等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

※コネクテッドカーとは:本調査におけるコネクテッドカーとは、自動車のIoT化により、センサーと内部のネットワークにより実現できることだけでなく、クラウドと接続することにより、様々な情報サービスを受ける事が可能になり、快適性や安全性の向上が実現されるシステム、及びアプリケーションを指す。

関連リンク