レポートサマリー

市場調査の矢野経済 ICTユニット > カテゴリから探す > ICT全般 > IoT型センサーシステム数を予測(2017年)
  • HOME
  • YanoICT調査レポート
    • 発刊レポート一覧
    • レポートサマリー
    • ユーザーウォッチ
  • アナリストオピニオン
    • オピニオン一覧
  • サービスメニュー
    • マーケットレポート販売
    • リサーチコンサルテーション
    • 受託調査
      • ケーススタディ
    • マーケティング 戦略立案・実行支援
  • about us
    • Yano ICTについて
      • 事業拠点
    • ご挨拶
    • YanoICTのミッション
    • 事業ドメイン
    • アナリスト一覧
  • メディア掲載実績
  • contact us
    • お問合わせ(調査・コンサルティングのご相談)
    • お問い合わせ(YanoICTサイト)
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

レポートサマリー

2017.07.19
IoT型センサーシステム数を予測(2017年)

担当者:早川 泰弘

IoT型センサーシステム市場概況

IoT/ビッグデータ/AI社会の実現のためには、センサーネットワークシステムを介してデータを取得し、大量データを蓄積・解析することで、新たな価値を生み出すことが必須となる。本調査では、後付けタイプのセンサーネットワークシステムに加えて、組込みタイプ(生産設備や重機・建機、自販機、車両などに予めセンサーが組み込まれたタイプ)のセンサーシステムも対象として、当該年度に新たに設置された数量規模を算出した。

2016年度の国内IoT型センサーシステム市場規模(エンドユーザー設置数量ベース)は、前年度比6.7%増の109.6万システムとなった。2016年度は、M2M(Machine-to-Machine:機器間通信)を通信回線に利用したセンサーシステムの導入が好調であった。分野別では、エネルギー関連(HEMS、BEMSなど)やセキュリティ関連(機械警備など)などが堅調で、さらにMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)の事業拡大によるアプリケーション(利用用途)の多様化も見逃せない拡大要因である。

2017年度以降は、作業者向け健康モニタリングなどヘルスケア関連や、全国の都市ガス各社がスマートガスメーターの導入を検討していることから、ガス業界でのセンサーシステム導入への期待も大きい。国内IoT型センサーシステム市場規模(エンドユーザー設置数量ベース)は、今後も伸長が続き、2020年度に200万システムを突破し、翌2021年度には214.2万システムになると予測する。

【図表:国内IoT型センサーシステム市場予測】

【図表:国内IoT型センサーシステム市場予測】

矢野経済研究所推計

注:IoT型センサーシステムとは、クラウドタイプのセンサーネットワークシステムを指す。本システムでは、親機(中継器)と子機(センサーノード)で構成される後付けタイプのセンサーネットワークシステムに加え、組込みタイプ(生産設備や重機・建機、自販機、車両などに予めセンサーが組み込まれたタイプ)のセンサーシステムも対象とする。通信回線は、無線(ワイヤレス)だけでなく、有線も利用されている。但し、センサーとデータロガーだけで構成されスタンドアロンで利用されている装置や、スマートフォン等のスマートデバイス、RFID(Radio Frequency Identification)システムは含まない。
注:エンドユーザー設置数量ベース
注:2017年度は見込値、2018年度以降は予測値

参考資料.センサーネットワークシステム数を予測(2016年) 2016年7月15日発表

注目すべき動向~分野別の設置状況

2016年度の国内IoT型センサーシステム市場規模(エンドユーザー設置数量ベース)を分野別に見ると、セキュリティ関連(機械警備:住宅/非住宅など)が46.0%、自動車関連(TPMS:Tire Pressure Monitoring System、防犯装置、運行管理、コネクテッドカー関連など)は36.5%、エネルギー関連(HEMS、BEMS、店舗でのエネルギー監視など)が16.1%と、3分野で98.6%を占める。

また、将来的に成長が期待できる分野としては、工場・製造関連が挙げられる。工場・製造関連では、既に生産設備・機器やユーティリティ設備などへのセンサー設置が標準化している。その一方で、センサーで取得したデータの活用は日報への記載など限定的である。近年、工場現場にIoTを導入してデータ収集・蓄積・分析といった一連の流れをシステム化する取り組みが進んでおり、特に設備・機器のエネルギー監視、保全・メンテナンス、品質管理といった業務でのIoT型センサーシステムの活用が見込まれる。そして中・長期的には、CBM(Condition Based Maintenance:状態基準保全)や予防保全、故障予知といったソリューションとしての普及が期待されている。

【図表:国内IoT型センサーシステム分野別構成比(2016年度)】

【図表:国内IoT型センサーシステム分野別構成比(2016年度)】

矢野経済研究所推計

注:IoT型センサーシステムとは、クラウドタイプのセンサーネットワークシステムを指す。
注:エンドユーザー設置数量ベース

調査要綱

調査期間:2017年3月~6月
調査対象:IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関、ユーザ企業など
調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用

※IoT型センサーシステムとは:本調査におけるIoT型センサーシステムとは、クラウドタイプのセンサーネットワークシステムを指す。本システムには、親機(中継器)と子機(センサーノード)で構成される後付けタイプのセンサーネットワークシステムに加え、組込みタイプ(生産設備や重機・建機、自販機、車両などに予めセンサーが組み込まれたタイプ)のセンサーシステムも対象とする。通信回線は、無線(ワイヤレス)だけでなく、有線も利用されている。但し、センサーとデータロガーだけで構成されスタンドアロンで利用されている装置や、スマートフォン等のスマートデバイス、RFID(Radio Frequency Identification)システムは含まない。
※参考資料.センサーネットワークシステム数を予測(2016年) 2016年7月15日発表

関連リンク