レポートサマリー

市場調査の矢野経済 ICTユニット > カテゴリから探す > ICT全般 > 国内M2M(機器間通信)市場に関する調査を実施(2017年)
  • HOME
  • YanoICT調査レポート
    • 発刊レポート一覧
    • レポートサマリー
    • ユーザーウォッチ
  • アナリストオピニオン
    • オピニオン一覧
  • サービスメニュー
    • マーケットレポート販売
    • リサーチコンサルテーション
    • 受託調査
      • ケーススタディ
    • マーケティング 戦略立案・実行支援
  • about us
    • Yano ICTについて
      • 事業拠点
    • ご挨拶
    • YanoICTのミッション
    • 事業ドメイン
    • アナリスト一覧
  • メディア掲載実績
  • contact us
    • お問合わせ(調査・コンサルティングのご相談)
    • お問い合わせ(YanoICTサイト)
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

レポートサマリー

2017.04.14
国内M2M(機器間通信)市場に関する調査を実施(2017年)

担当者:早川 泰弘

M2Mは利用分野の拡大で需要が増加、IoTビジネスも大きく伸長の見通し

国内M2M(機器間通信)市場の背景

M2M(Machine to Machine:機器間通信)とは、人が介在せずに、主に携帯電話/PHS通信規格に準じた通信モジュールを内蔵した機器・デバイス間で情報のやり取りをする仕組みであり、自動販売機やエレベータ、重機・建機などの監視や各種環境計測等でこれまで利用されてきた。

近年、M2Mはスマートメーターなどエネルギー関連や工場設備・生産機械での遠隔モニタリングなど利用分野が拡大しているが、同時にインターネット接続環境にある全てのモノやコトを対象とするIoTプラットフォームを利用したサービスやビジネスの利用も始まっており、今後IoTビジネスについても大きく伸長する見通しである。

国内M2M(機器間通信)市場の概況・予測

【図表:国内M2M市場規模予測】

図表:国内M2M市場規模予測

矢野経済研究所推計

注:事業者売上高ベース
注:M2Mを実現するためのデバイスやモジュール、システム構築やアプリケーション開発、回線利用料、M2M/IoTプラットフォーム利用料、データ解析・アナリティクス等のソリューション、運用・保守サービスなどを対象として算出した。
注:2016年度は見込値、2017年度以降は予測値

M2M需要は堅調に推移しており、2015年度の国内M2M市場規模(事業者売上高ベース)は1,610億円となった。2016年度も前年度同様に上位事業者の事業拡大やMVNO(仮想移動体通信事業者)によるサービス多様化などが功を奏している他、M2Mの利活用が中堅規模のユーザ企業にも浸透したことや設備・機器監視や流通・物流関連でもM2M需要拡大が続いている。一方でデバイス単価や回線利用料、運用・保守サポート料などの低価格化が見られるものの、2016年度の同市場規模は前年度比106.2%の1,710億円の見込みである。

2017年度以降も、引き続きスマートメーター/HEMSの普及などエネルギー関連が牽引役となる他、工場設備や生産機械での遠隔モニタリングなどの設備・機器監視や決済関連の更新需要等が発生する見込みの流通・物流関連の需要拡大が続き、2021年度の国内M2M市場規模(同ベース)は2,000億円になると予測する。

国内M2M(機器間通信)の注目すべき動向

■分野別の国内M2M回線利用動向

2015年度末の国内M2M累計回線数1,690万回線を分野別にみると、エネルギー関連が480万回線(構成比28.4%)と最も多かった。以下、設備・機器監視(同22.5%)、流通・物流関連(同20.1%)、自動車関連(同17.2%)、その他(同11.8%)と続いている。

エネルギー関連分野では、スマートメーター/HEMSの普及に連動して需要が拡大し、引き続きM2M回線数が増加している。当面はスマートメーターの設置拡大並びにHEMSの普及が見込まれるため、国内M2M市場の牽引役を務めると見る。

設備・機器監視分野では、自動販売機やエレベータ、重機・建機など従来からのレガシーな存在であるM2Mが安定需要を維持していることに加え、ここ1~2年で工場設備や生産機械での遠隔モニタリング向けや保全・メンテナンス向けM2M需要が拡大している。

流通・物流関連分野では、自動販売機での電子マネー決済やPOSレジ、駐車場等各種精算機等での新規および更新需要など決済関連、店舗や倉庫での温度管理等の省エネ対応/エネルギー管理、車両運行管理やトラッキング、店舗内物品管理やバックヤードでの監視業務、デジタルサイネージ等のデジタルマーケティングなどにM2M活用が進んでいる。

自動車関連では、テレマティクス/コネクテッドカーや車両整備など、カーシェアリング関連(車載モジュールとデータセンター間通信など)、クラウドタイプのネットワーク型デジタルタコグラフなどの位置情報関連でM2M利用が拡大している。

その他では、環境計測、インフラ監視、防災監視、ホームセキュリティ、ヘルスケアサービス(健康モニタリング)、ペットや高齢者等の各種見守りサービスなどでのM2M利活用がある。

【図表:利用分野別の国内M2M累計回線数(2015年度末)】

図表:利用分野別の国内M2M累計回線数(2015年度末)

矢野経済研究所推計

注:M2M累計回線数(2016年3月末現在)
注:M2M回線を以下の利用分野別に分類した。
・エネルギー関連・・・スマートメーター、HEMS、BEMS、スマートグリッド、EV・PHV向け充電、空調コントロールなど
・設備・機器監視・・・製造工場など産業分野での遠隔監視・制御、重機・建機、エレベータ、自動販売機など
・流通・物流関連・・・決済関連、店舗・倉庫内温度管理やモニタリング、車両トラッキング、店舗エネルギー監視、店舗防犯・セキュリティ、デジタルマーケティングなど
・自動車関連・・・テレマティクス/コネクテッドカー、車両整備、カーシェアリングなど
・その他・・・河川・火山など各種環境計測、橋梁や道路・大規模構造物などのインフラ監視、防災監視、ホームセキュリティ、MFP[Multifunction Peripheral;プリンタやスキャナなどの複合機能を持つOA機器]、ヘルスケアサービス(健康モニタリング)、ペットや高齢者等の各種見守りサービスなど

調査概要

調査期間:2016年12月~2017年3月
調査対象:国内外のIT事業者、SIer、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)、プラットフォームベンダー、ユーザ企業等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用

※M2Mとは:本調査におけるM2M(Machine to Machine:機器間通信)とは、人が介在せずに、主に携帯電話/PHS通信規格に準じた通信モジュールを内蔵した機器・デバイス間で情報のやり取りをする仕組みを指す。

※M2M市場とは: 本調査におけるM2M市場規模は、M2Mを実現するためのデバイスやモジュール、システム構築やアプリケーション開発、回線利用料、M2M/IoTプラットフォーム利用料、データ解析・アナリティクス等のソリューション、運用・保守サービスなどを対象として算出した。

関連リンク